« 体が資本 | トップページ | 知らぬ間に… »

2006年1月28日 (土)

白い靴の白さ

プライベート用に白い靴を買ってから3ヶ月くらい経ちますが、
未だにあまり汚れていません。
別に汚せば良いというものでもないのですが、
ただ、如何せん白い靴というのは、あまりにも汚れてなさすぎると
妙に白さが際立ってしまい、
如何にも「おニューです」と言わんばかりになってしまいます。
それが恥ずかしくてわざわざ汚す人もいるくらいです。

私は、仕事では汚れても壊れてもいい別の靴を履いているので、
ほとんどこの靴を履くことがありません。
加えて出不精なので、余計に履く機会がないのです。
そんな訳で、買って3ヶ月も経つのにちょっと汚れた程度です。

洗濯物はより白い方が好まれるのでしょうけど、
靴だけはそうでもない、特殊な部類に属するんでしょうね。

|

« 体が資本 | トップページ | 知らぬ間に… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白い靴の白さ:

« 体が資本 | トップページ | 知らぬ間に… »