« 瀬戸際財布 | トップページ | 天然の洗車 »

2006年1月31日 (火)

血が足りない

いつものように車を走らせながらラジオを聴いていたら、
献血のCMが流れました。
街中でキャンペーンや献血車を見掛けても、CMなどでも、
大概「血液が不足しています」という内容なので、
いつも不足しているイメージがあります。
実際そうなのでしょうが、その一方で
そのイメージに慣れてきている自分もいました。

でも、今日聴いたCMは、運転しながら聞き流していた私でさえ、
一瞬耳に留まってしまうくらい、
かなり深刻な不足ぶりを訴えていました。
不足も不足、「本当に全然ないんです」という内容に近く、
まるで何年か前にあった、ダムが干上がって断水状態という
全国的に水不足だった時のような感じです。

私はまだ1度しか献血をしたことがありません。
大学生になった時、既に献血出来る年齢に達していましたが、
「20歳になったら献血しよう」と勝手に決め、先送りしていました。
しかし、肝心の20歳になってもなかなか実行に移さず、
結局初めて献血をしたのは大学4年の、22歳の時(1年余り前)。
しかもそれきり。

たまに、献血に文字通り心血を注いでいらっしゃる方とか、
「献血が趣味です」という方もいらっしゃるようですが、
私は今のところ、そんな方達のようにはなれなそうです。
ある程度献血しようという強い意志と意識を持っていなければ、
とても定期的に続けるのは難しいのではないかなと思います。

仕事に疲れて、自分のことで手一杯だと、
なかなか休みの日に血を分けに出掛ける気が起きませんが、
世の中には血液を必要としている人が大勢いて、
対照的に、それを賄(まかな)えるだけの
十分な血液が不足しているのも事実です。

近いうちに行こうと思います。

|

« 瀬戸際財布 | トップページ | 天然の洗車 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪
茨城は全国でもほぼワースト1で血液が足りないそうです
私も年に1回は仕事の付き合いで献血しています
以前は比重が足りなくて献血に行っても断られていました

投稿: №48 | 2006年1月31日 (火) 22時58分

こんばんは。早速のお返事ありがとうございます。
断られることがあるという話を聞いて、
最初に行った時は、無事献血出来るのか
ドキドキしたものです。
一緒に行った友達もやはり断られまくっていて、
いつしか行かなくなってしまった(軽いトラウマ)ようですが、無理矢理誘って行ったら、その時は大丈夫だったようで、ちょっと自信を付けて帰って行きました。克服。

投稿: じゃがいも1号 | 2006年2月 1日 (水) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 血が足りない:

« 瀬戸際財布 | トップページ | 天然の洗車 »