« 血が足りない | トップページ | 『十人十色』な世の中で »

2006年2月 1日 (水)

天然の洗車

10日近く前になるでしょうか、会社の車の土手っ腹が
いつの間にか泥跳ねでひどく汚れているのに気付きました。
恐らく雪が降った後、溶け始めた泥まみれの雪の上でも走って、
汚れてしまったのでしょう。

会社の車なのでそれほど洗車をしたりはしないですし、
そのうち雨でも降れば流れるだろうと思いそのままにしていました。
でもなかなか降らず、汚れも乾いてしまい、恥ずかしかったので、
1回強力な雨でも降ってくれないかなとずっと気になっていました。

昨日ようやく午後から雨が降ったものの、
乾き切った汚れを湿らすのが精一杯で、
とても洗い流す程の雨とはいきませんでした。

しかし、今日は朝からまたもや雨で、昨日より量も多く、
少しずつ「自然洗浄」の兆しが見えてきました。
時間と共に雨は強さを増し、夜には大雨になっていました。
帰る時に確認しなかったのであくまで推測ですが、
川が増水する程の強いまとまった雨が降っていたので、
多分これで綺麗さっぱり流れてくれたと思います。
恵みの雨となってくれました。

|

« 血が足りない | トップページ | 『十人十色』な世の中で »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天然の洗車:

« 血が足りない | トップページ | 『十人十色』な世の中で »