« 『時は金なり』 | トップページ | 出不精が語る「外出の勧め」 »

2006年2月 4日 (土)

近かったのが遠くなった

職場が異動になって気付いたことがある。
今までは頻尿なのかと思うくらい、しょっちゅうトイレに行っていた。
それこそ1時間か2時間に1回くらいは行っていた。

ところが職場が変わってからは、
勤務中に1回か2回しか行っていないことに気付いたのだ。
昼食を食べた後でも、尿意を催さないこともある。
一つは水分を余り取っていないというのが大きいとは思うが、
何時間もの間にたった1,2回しか排尿しなくて大丈夫なものか、
我ながらびっくりしつつも、首を傾げている状況である。

今までがやや多かっただけに、逆に不安でもある。
この劇的な変化は、
単に水分摂取量の変化によるものだけなのだろうか。
個人差の範囲であることを信じたい。

|

« 『時は金なり』 | トップページ | 出不精が語る「外出の勧め」 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

え、じゃがいも1号さん異動になったんですか?
職場が遠かったのに近くなり、
逆にトイレが近かったのが遠くなったと。
そんなパラドックスですか?
それとも職場もさらに遠くなったとか?

投稿: アオキヤマダ | 2006年2月 5日 (日) 02時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近かったのが遠くなった:

« 『時は金なり』 | トップページ | 出不精が語る「外出の勧め」 »