« “TOICA” | トップページ | 豆腐屋の記憶 »

2006年2月18日 (土)

生コン

今日は友人の混声合唱団の定期演奏会に行ってきました。
今回で3回目です。

正直、最初はあまり興味はありませんでした。
大学にも確かこういう活動をしているサークルはありましたが、
ポスターなどを見ても大して気に留めませんでした。

でも、最初に誘ってくれた時、
折角だからちょっと見に行ってみようかなと思いました。
何事も、未知の世界を知ることは良い勉強になるだろう、と。

それがこんなにも素晴らしいものだとは予想だにしませんでした。
人の声だけで、
こんなにも厚みのある音楽を創り出せるものなのか、と。
あたかも、伴奏があるかのような錯覚にさえ陥った程です。
そして、男女の声の融合がこれ程までに素敵なものだとは。
これが生で聴くという醍醐味なのかと思いました。
最初の時は、あまりの凄さに、鳥肌が立った程でした。
それ以来、毎年聴かせてもらっています。

クラシックなども、CDでは時々聴きますが、
実際に生演奏を聴いたことはありません。
合唱も、小中学校時代のものなどを除けばありません。

こんな風に、今まではある種「食わず嫌い」だったことも、
実際体験してみると驚きや新たな発見、感動があって、
知らなかったり見えなかった魅力に気付いたりするものです。
ミュージカル『CATS』やサーカス『QUIDAM』を観た時も、
凄く感動したのを覚えています。

観に行きたいけれどもまだ行っていないのが大相撲ですが、
他にも、歌劇やお芝居など、未知の領域は多いので、
いろんなことを体験していきたいなと思います。
生のオーケストラコンサートなんてのも優雅そうで興味深いです。

|

« “TOICA” | トップページ | 豆腐屋の記憶 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

タイトルの「生コン」に
激しく反応してしまいました^^
どっぷり業界につかっているせいかも

ちなみに、建設業です

投稿: №48 | 2006年2月21日 (火) 21時39分

こんばんは。
紛らわしいタイトルですみませぬ。
「生コンサート」の略ですが、
勿論生コンを意識して付けました。

建設業なんですか。知らなかったです。
他の人には何でもない言葉でも
職業病で敏感に反応してしまうことってありますよね。

投稿: じゃがいも1号 | 2006年2月21日 (火) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生コン:

« “TOICA” | トップページ | 豆腐屋の記憶 »