« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月の15件の記事

2006年3月31日 (金)

社会人1年目を振り返って

今日で3月も終わりです。
ということで、2005年度も今日で最後ということになりますが、
年度内にやっておこうと思ったことが幾つもあったのに、
また繰り越し繰り返しです。

今日で、社会人生活丸1年を迎えました。
明日からはもう新社会人じゃなくなってしまいます。
もう新人で居られないんですね、プレッシャーです。

本当にこの1年は学ぶことの多い1年となりました。
給料も貰うようになりました。
車も運転するようになりました。
早起きしなくてはならなくなりました。
昼寝が出来なくなりました。
友達と連絡をあまり取らなくなりました。
皮下脂肪が増えました。
頭が悪くなりました。

来年度はもっと充実した生活を送りたいなと思います。
(年頭所感を何も今年は考えていなかったので、年度で強引に帳尻合わせ…。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月30日 (木)

春休み

昨日、「春休み」という言葉を耳にして、
ハッと気付きました。
そうです、今はもう春休み中なんですよね。
「最近特番ばっかりやっているけど、年度末だからかな」
とは思っていたのですが、
「年度末」と「春休み」が頭の中で結び付いていませんでした。

既に春休みということを意識しなくなった辺りが、
すっかり社会人になってきたのかなと感じさせられました。

学生にとって春は、
卒業や入学、進級などのいろんな切り替えの時期で、
ドキドキしたりワクワクしたりそわそわしたりしますが、
今の僕はほとんど平常通りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月29日 (水)

冬に備えたリスのように

体には良くないんだろうなと分かっていながらも、
無性にカップラーメンが食べたくなったりとか、
スナックを食べたくてしょうがなくなる時があります。

一昨日の話になりますが、
ふらふらっとドラッグストアに寄りまして、
それを勢いよく買い込んでしまいました。
その店のマスコットじゃないですけど、
リスのような溜め込みようです。

退社する頃になると、腹が減って仕方なかったりするので、
間食は体に良くないんでしょうけれど、
どうしても家に着くまでには何か食べたくなるのです。
大量の非常食が車に積み込まれているのを見て、
満足げな僕なのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

ウィンカーハーモニー

交差点で信号待ちとかしている時、
ふと前の2台のウィンカーが綺麗にハモっていたりすると、
自分もそれに合わせてみたくなってしまいます。

でも、これ、なかなか難しいんですよ。
タイミングを合わせるのもそうなんですが、
よく観察してみると、
車ごとに微妙に点滅速度に差があるらしく、
合わせたつもりでも少しずつずれていってしまうんですよね。

車のメカニズムとかには詳しくないのでよく分かりませんが、
恐らく人の指紋とかと同じように、
ウィンカーの点滅速度が全く同じ車ってのは
ないのかもしれないなと思っています。

もし、信号待ちで暇だったら、
車に乗っている場合でも歩行者であっても可能だと思うので、
息の合った車が何台あるかチェックしてみると
楽しいかもしれません。
そうやって世の中に些細な楽しみを見付けることが
長生きの秘訣です!
(強引に結び付けちゃったね。しかも若干23歳のくせに。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月25日 (土)

無防備で突撃取材受ける

昨夜風呂に入った時に鬚を剃るつもりでいたのに、
(髭剃りとシェービングフォームを持たずに)
手ぶらで浴室に踏み入れてしまいました。
まだドアを閉め終えないくらいのタイミングだったので、
取ろうと思えばすぐに取れたのですが、
「どうせ明日は午前中仕事だし、
その後も大した用事はないから剃らなくても良いか」
と思ってそのまま入ってしまいました。
(注釈:僕が鬚を剃る頻度は今の所三日に一遍くらいです。)

この時点で既に、明日(つまり今日)水戸ホーリーホックの試合が
あることを急に思い出していて観に行くつもりでいたのですが、
でも、まぁ多少鬚が伸びていても問題ないと判断したのです。

。。。。。。。。。。。。

さて、仕事帰り、何とか試合開始の1時間くらい前に着きました。
スタンプなどを押して貰って、さぁ入場だという所だったのですが、
丁度その時、すっと良いタイミングで男性に声を掛けられました。
私も購読している新聞社の取材の方でした。
確か試合のある当日の新聞に
ファンの声をちょこっと紹介する欄が掲載されてるんですよね。
多分それだと思うんですが、
自分には縁がないと思っていたので、
こんな形で突然取材されるとは思ってもいなくてびっくりしました。

そりゃ、取材されるのは嬉しいです、むしろ光栄です。
でもパッと我に返って自分の姿を見てみたら、
服は辛うじて普段着に着替えていたから良かったものの、
何しろ仕事帰りなもんで、帽子を被っていた跡が付いていて
寝癖みたいな変な髪型になっていたし、
とても取材を受けるようなビシッとした格好ではありませんでした。
そして極め付けが写真を撮って貰う時に気付いたのですが、
鬚剃ってなかったんですよね、そんな訳で。
帽子痕で髪型は乱れ、無精鬚まで生やしていた私。
いつもの如く、軽い気持ちで観に来てしまったので、
全然余所行きの「顔」になっていませんでした。

出掛ける以上は何があるか分からないので、
それなりに身なりに気を遣わなくてはいけないなと痛感しました。
近所の店にサンダル突っ掛けて行くような感覚で
街中を歩いちゃ駄目だなと思いました。
普段、ファッションとかに無頓着なのがこんな結果を招くなんて。

肝心の取材の方(ほう)ですが、
いつも球団に対してはいろんなことを考えているのですが、
いざ突然取材を受けてみると全然考えがまとまらなくて、
取り留めもないことばかり口走ってしまい、
言いたいことも全部は伝え切れないでしまいました。
後から思い返してももうどうしようもないのですが、
うまくまとめて貰えるのか心配です。
ノート見開き1ページ分くらいのメモを取ってくれましたが、
ま、恐らくほとんどカットでしょうから、
私が言いたかったこととは違うニュアンスで
編集されてしまいそうな予感がします。
そもそも、記事に使って貰えるのかどうかもわかりません。

まぁいいや。
取材受けるなんて経験が出来たのは有り難かったですから。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水)

王冠得

昨日、日本のブロガーの中で
WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)に触れた方が
果たしてどれ程いらっしゃるのかなと想像してみました。
恐らく半数は超えているのではないかなという気がします。
視聴率も凄かったようですね。
私は私用があったため残念ながら、
決勝に限って中継を全く見られませんでした。
いろいろなことがあった大会でしたが、
王監督始め、代表選手の方々、本当にお疲れ様でした。

日本が2次リーグで韓国に負けた時はもう駄目かと思いましたが、
本当に凄い強運だと思います。
米国戦のメキシコはよく頑張ったと思います。
韓国も予選からの勝率は断トツ1位なのに
結果はベスト4というのも可哀想な気はします。

今大会はルールから方式から全てがちぐはぐというか
何だかすっきりしないものを感じ、
日本が優勝してなおすっきり出来ていない僕ですが、
ま、それは次回への課題ということで、
兎も角も実力でもぎ取った優勝を心から祝福したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

横断歩道渡って帰る

今日、仕事の帰り道、
信号が青になったので、
前の車たちに続いて私も横断歩道の上を通過したのですが、
差し掛かる直前に、横断歩道の上でぴょこぴょこ跳ねる何かを
ヘッドライトが照らし出しました。

この動きは蛙に他なりませんでした。
今晩は、吐息が白く見えてしまう程寒かったですが、
ここ最近の陽気に誘われ、冬眠から覚めたのでしょう。

まぁ最初は蛙を見たということに気を取られたのですが、
よく考えてみると、この蛙、
横断歩道を行儀良く渡ってるんですよね。
偉いですよ、蛙なのに。
真っ直ぐ道路の反対側に向かって跳ねてましたね。

でもね、またよく考えてみたんですが、
一見行儀良いので褒めてあげたかったところなんですが、
こっちが青信号ってことは、横切る方の信号は赤なんですよ。
この蛙、赤信号で渡ってるんですよね。
いかんって、それは。

うーん、多分僕の車では轢いてないと思いますが、
渡り切った所を最後まで見届けたわけではないので、
後続の車や対向車に轢かれなかったか心配です。
まぁ「無事帰る」ってことで大丈夫だったと思いますが。蛙だけに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金)

お忘れ物のないよう、ご注意下さい。

退社する時、一応忘れ物がないか毎回確認するのですが、
時々弁当箱を忘れそうになったり、
鞄を忘れそうになったりします。

今日も念のため忘れ物を確認し、
特に何も見当たらなかったので帰ろうとしましたが、
車に乗ってエンジンを掛けた時、
ふとジャンパーを着ていないことに気付きました。
「危ない所だった」と思った反面、
「ジャンパーくらい別に良いか」という気持ちにもなりました。

でも、まだ出発しておらず、すぐ取りに戻れたので、
ちょっと取ってくれば済む話だと思い、戻りました。
ジャンパーを手にした瞬間、
ズシッというジャンパーだけではない重みがありました。
何とポケットに財布を入れていたのを忘れていたのです。
(ズシッとする程入ってないですけどね)。

明日は友達の所へ遊びに行く予定だったので、
財布を置いていったら大変なことになるところでした。
たまたま取りに戻ろうと思ったから良かったですが、
「ジャンパーくらいいいや」と思っていたらと思うとゾッとします。
くれぐれも忘れ物には注意しなくちゃなと思う一件でした。
(ただでさえ物忘れがひどくなってきたので…。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 9日 (木)

時が解決してくれると信じて

世間では国立大前期日程の合格発表が始まったようです。
僕が受験したのはもう5年も前のことなので、
今更感慨に耽ってても仕方ないんですが、
新聞などで合格発表の様子や合格者の談話などを見ると、
封じ込めていた気持ちが沸々と再燃してきそうになるのです。

僕は、高1の時にT波大のキャンパス見学に行った時、
あまりの衝撃に一瞬にして心奪われ、
それ以来毎年見学会に参加するなど、
すっかりT波大の虜となってしまったのです。
ここしか行きたくないと思って3年間過ごしました。

だのに、怠け者の僕には、
世間が楽しく夏休みを過ごしている時に、
紅白歌合戦を見ながら新年が明けるのを待っている時に、
箱根駅伝に声援を送っている時に、
じっと黙って受験勉強に勤(いそ)しむなんてことは、
生き地獄みたいな感じで耐えられませんでした。

そんな訳で、あれだけ熱望していたT波大は、
受験のゴーサインすら出して貰えず不戦敗。
後から冷静になってみれば、
I城大にも面白そうな学科があったのですが、
T波大しか見えていなかったので、後の祭りでした。

諦めの悪い僕は、無茶は承知で編入学試験を受けましたが、
大学生活と受験勉強の両立は所詮怠け者の僕には不可能で、
奇跡は起こりませんでした。
今度は挑戦するだけしての結果だからと一応は納得しました。
けれど、やっぱり本当の所はすっきりしていませんでした。
4年間母校で過ごした時間は有意義だったと思いますし、
良い友達にも恵まれ、良い大学生活だったと誇りに思います。
今更また大学に入り直しはしません、頭も固くなったことですし。

でも、心に押し込めたはずの蟠(わだかま)りが
こうして時折表に湧き出てきてしまう所を見ると、
この何ともやりきれない気持ちと付き合いながら
生きていくしかないのかと複雑な気持ちになります。

何故あの時もっと自分に厳しく出来なかったのか。
終わってしまったことは考えても仕方ないから忘れようと、
このことはあまり考えないようにしていたので、
今ではたまにしかこれについては考えることはありませんが、
こうして毎年合格発表の記事を見るとつい思ってしまう病は、
まだ当面治りそうにありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

脳を鍛える大人急増?!

『脳を鍛える大人の○○』シリーズがブームですね。
特に、ニンテンドーDS(任天堂)のソフトである
『脳を鍛える大人のDSトレーニング』を使うために
DS本体の購入者が急増し、
各販売店で在庫不足に陥る程の社会現象にもなっているようです。
実際、私もこれに惹かれてDSを買おうかなと思ったりもしました。

東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング

さて、話は少し変わりますが、
約1年前は「初任給が出たら何を買うの?」なんて話が、
時折会話に出てきたものですが、
いざ初任給を貰った時、何を買おうか迷いました。
考えていたようであんまり考えておらず、
欲しい物がすぐに思い浮かびませんでした。
慌てて買うより、欲しい物を思い出した時にしようかなと思い、
先送りすることも考えたのですが、
次の月の給料が出てしまってからでは、
「初任給で買った」という印象が薄くなるかなと思って、
考えがまとまらないながらも思い付いた電子手帳を買いました。

しかし、それを欲しかったのはむしろ学生時代で、
その頃にはもう、
欲しくて堪(たま)らないという物でもありませんでした。
「買わなきゃ良かったかな」と何度も思いそうになりましたが、
買ったことを後悔したくなかったので
「必要な物だったんだ!」と必死に正当化しようとしていました。
でも実際の所、あまり日常生活で使う機会がなく、
宝の持ち腐れとなりつつありました。

そんな電子手帳を今日、たまたま引っ張り出してみたのですが、
ピラッと紙切れが入っていました。
こんな紙切れが入っていることすら気付きませんでしたが、
「脳を鍛える大人の計算ドリル」がどうちゃらこうちゃらと
書いてあるのが目に留まりました。
むむむむ!
紙切れをよく読んでみて分かったのですが、
電子手帳にこのコンテンツが含まれていることが判明したのです。
今まで全く気付きませんでした…(唖然)。

このコンテンツは計算ドリルなので、
「DSトレーニング」のようなバリエーションはありませんが、
話題のシリーズの一端だとしても
自分もそういうのを共有出来ているようで、何か嬉しいですね。

まだ使いこなせば味が出てきそうな電子手帳なので、
今日から見直して活用していきたいなと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

春が来る

ちょっといろいろ悩みがありまして、
更新を2日ばかり休ませて貰いました。
(まぁ毎日書かなくちゃいけないってこともないんでしょうけど。)

昨日関東地方で春一番が吹いたようですね。
しかも啓蟄だったみたいです。
その割には寒かったような気がしたのですが、
最高気温を見る限りではだいぶ暖かかったようで。
確かにいつもなら、
帰宅したら真っ先にオイルヒーターをつけておかないと、
寒くて凍えているようですが、
昨日は、つけなくても大して問題なかったので、
それだけ暖かかったのでしょうね。

今日は暖かかったです。
今日はちゃんと分かりました。
春がすぐそこまで来ているのですね。

春の陽気に誘われたのか、
最近身の回りで交通事故が多発しています。
私も気を付けなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 4日 (土)

『ナルニア国物語』

僕は基本的に映画は誘われないと観に行かないタイプです。
とは言え、何年か前辺りから映画鑑賞にも興味を持ち始め、
観に行こうかなと思う気になることが最近は多くなりました。
でも、まだ基本的に一人では行かないので、
誘って貰えると行くきっかけが出来るので有り難いです。

ということで、今日も誘われたので行ってきました。
『ナルニア国物語~第1章 ライオンと魔女~』です。
CMで映画自体は知っていたのですが、
今日から封切りだということは全然知りませんでした。
恐らく公開初日に観に行ったのは初めてだと思います。

レイトショーということもあり最初は物凄く眠かったですし、
すぐに尻が痛くなってしまう質なので気になっていたのですが、
段々映画に集中してきて、
そんなことはすっかり忘れてしまいました。

ただ、大人になると、どうもいけませんね。
先の展開を読もうとする癖が出てしまって。
素直に映画の世界に引き込まれれば良いものを、
どこか傍目から見ようとしてしまう自分が居るんですよね。
作り手側の思う壺になる(映画の世界に
完全に引き込まれてしまうこと)のを無意識のうちに嫌って、
反骨心のような、何かそういうのが出てきてしまうみたいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

名残惜しく粉雪舞う

そろそろ春だから
スタッドレスタイヤを取り替えようかと今朝話していたら、
午後雪が降った。
とは言っても、積もる程の大した量でもなかったし、
それ程長い間降っていた訳でもなかったが、
寒かった今年の冬の印象をまだ忘れさせたくないのか、
と思ってしまう程の不意打ちだった。

結局、この冬、スタッドレスタイヤが威力を発揮したのは
本の数日だけだった。
まぁこれで積もってしまったら諦めるしかないということで、
明日にでも取り替えてしまいましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

質の良い眠りが良い

あまり寝起きの良い方ではないが、
最も機嫌が悪いのは、中途半端に夜中起きた時である。

歯磨きとか入浴とか、パジャマに着替えるとか、
やることをやってから寝てしまう分にはまだ良いのだが、
炬燵で横になっている間に眠ってしまって、
家族が寝た後、夜中に目が覚めるとか
全然寝る態勢じゃないのに間違って眠り込んでしまった時は、
中途半端な眠り方をしてしまった自分への
怒りと情けなさで心が荒れてしまうのだ。

布団で朝までぐっすり寝るのが好きなので、
質の良くない眠り方をしてしまった時は不機嫌になるのだ。

でも、結構途中で力尽きちゃうんですよねぇ、
ちゃんと寝る態勢に入る前に。
分かっちゃいるけど、意志が弱いのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

深爪続き

※この手の話題が苦手な方には、
大変過激な表現が含まれておりますので、ご了承下さい。


先週、右手人差し指を深爪してしまった。
かなり痛かったが、2日くらいで痛みはなくなった。

昨日、今度は右手親指を深爪してしまった。
この前よりは程度が浅かったので、
今朝起きたら、痛みはほとんどなくなっていた。
あとは、今日一日大人しくしていれば、
大体治るだろうと思った。

そう思っていた矢先、何とまた昨日と同じ箇所を、
同じ所で全く同じ動作によって同じ角度で深爪してしまったのだ。
完治していない上、昨日よりもグサッと刺さった。
血が滲み、痛みも強かった。

骨折が完治する前に歩いたら
また同じ所にぶつけて折っちゃったようなもんだ。
ドジすぎる。
そしてあまりに痛すぎる。

こうなったら、3日連続だけは何としてでも阻止する!
(普通はそんなに毎日起こらないよ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »