« 脳を鍛える大人急増?! | トップページ | お忘れ物のないよう、ご注意下さい。 »

2006年3月 9日 (木)

時が解決してくれると信じて

世間では国立大前期日程の合格発表が始まったようです。
僕が受験したのはもう5年も前のことなので、
今更感慨に耽ってても仕方ないんですが、
新聞などで合格発表の様子や合格者の談話などを見ると、
封じ込めていた気持ちが沸々と再燃してきそうになるのです。

僕は、高1の時にT波大のキャンパス見学に行った時、
あまりの衝撃に一瞬にして心奪われ、
それ以来毎年見学会に参加するなど、
すっかりT波大の虜となってしまったのです。
ここしか行きたくないと思って3年間過ごしました。

だのに、怠け者の僕には、
世間が楽しく夏休みを過ごしている時に、
紅白歌合戦を見ながら新年が明けるのを待っている時に、
箱根駅伝に声援を送っている時に、
じっと黙って受験勉強に勤(いそ)しむなんてことは、
生き地獄みたいな感じで耐えられませんでした。

そんな訳で、あれだけ熱望していたT波大は、
受験のゴーサインすら出して貰えず不戦敗。
後から冷静になってみれば、
I城大にも面白そうな学科があったのですが、
T波大しか見えていなかったので、後の祭りでした。

諦めの悪い僕は、無茶は承知で編入学試験を受けましたが、
大学生活と受験勉強の両立は所詮怠け者の僕には不可能で、
奇跡は起こりませんでした。
今度は挑戦するだけしての結果だからと一応は納得しました。
けれど、やっぱり本当の所はすっきりしていませんでした。
4年間母校で過ごした時間は有意義だったと思いますし、
良い友達にも恵まれ、良い大学生活だったと誇りに思います。
今更また大学に入り直しはしません、頭も固くなったことですし。

でも、心に押し込めたはずの蟠(わだかま)りが
こうして時折表に湧き出てきてしまう所を見ると、
この何ともやりきれない気持ちと付き合いながら
生きていくしかないのかと複雑な気持ちになります。

何故あの時もっと自分に厳しく出来なかったのか。
終わってしまったことは考えても仕方ないから忘れようと、
このことはあまり考えないようにしていたので、
今ではたまにしかこれについては考えることはありませんが、
こうして毎年合格発表の記事を見るとつい思ってしまう病は、
まだ当面治りそうにありません。

|

« 脳を鍛える大人急増?! | トップページ | お忘れ物のないよう、ご注意下さい。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時が解決してくれると信じて:

« 脳を鍛える大人急増?! | トップページ | お忘れ物のないよう、ご注意下さい。 »