« 不貞寝 | トップページ | 節穴でした »

2006年4月10日 (月)

四月の象徴

桜って何であんなに私たちの心を惹き付けるんでしょうね。
入学式などの時期とも重なって、
一層その新たな気分を引き立ててくれたりもしますが、
純粋にあの見事な咲きっぷりを見ていると、
見事だなぁという一言に尽きます。
ずっと見ていたいなと思います。

そんな桜を今年はまじまじと見ていません。
所々でちらちらっとは見たのですが、
花見と呼べる程は見ていません。
残念ながら通勤路には
桜並木や桜の名所がないので、
ほとんど目にすることが出来ません。
このままでは散ってしまいます。
四月の象徴である桜を見ずに終わって良いのでしょうか。
でも週末を待っていたら確実に散り始めていることでしょう。

花の命は短いの。
今が絶好のチャンスなの。
本当は昨日辺りも絶好の花見日和だったの。
何で一日中不貞寝してるかな~。
仕事終わってからじゃ夜遅いし、
仕事中に花見する訳にもいかんし、
あぁ、どうすりゃ良いんだー。

とりあえず、寝てから考えよう。

|
|

« 不貞寝 | トップページ | 節穴でした »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/722/1359724

この記事へのトラックバック一覧です: 四月の象徴:

« 不貞寝 | トップページ | 節穴でした »