« 地元紙創刊4万号達成 | トップページ | 条件反射 »

2006年5月 4日 (木)

腸が快調だったのは納豆のお陰?!

最近、寝不足が原因と思われる
胃腸の不調に悩まされております。
明らかに腸の調子が悪いのです。
寝不足によって、十分に機能を回復出来ていないのでしょうか。
昨晩は、そんな弱った胃腸を休めるため、
あえて晩御飯を抜きました。

そんな私ですが、
ここ何年も風邪らしい風邪を引いていません。
阪神の金本知憲選手の904試合フルイニング連続出場の
世界記録樹立(現在新記録更新中)には到底及びませんが、
なかなか頑丈だなと我ながらびっくりします。

特に一人暮らしをしていた大学生時代や、
超多忙で社会人1年目というプレッシャーも掛かった昨年は、
体が持ってくれただけでも凄いのに、
風邪にもならずに凌いでくれたことには本当に感謝しています。

でも最近のこの腹の調子の悪さは、
そんな私らしくない兆候です。
確かに寝不足に体が悲鳴を上げていることは否めませんが、
今までもそういうことはあったのです。
にも拘(かかわ)らず今回は慢性的に続いています。
あの頃に比べれば歳を重ねて快復力が弱まったことも
一因としては考えられますが、
それだけではない筈です。
そこでいろいろ考えていたら、
あることに気付きました。

納豆です。
一人暮らしの時は朝食を作るのが面倒臭いというのと、
朝食を食べる時間が少ししか取れなかったというのと、
健康に良いらしい食品だという理由で、
ほぼ毎朝納豆を1パック食べていたのです。
昨年もそこまでではないですが、
夕飯の時などにおかずがなくなると
納豆を持ってきておかずにしたりしていました。

ところが、ここ数ヶ月を振り返ってみると、
まともに納豆を口にしていません。
ほとんど口にした記憶がないのです。
これは最近の自分史の中でも思い当たりません。
「もしかすると、私が健康を辛うじて維持出来ていたのは、
この納豆によるところが凄く大きいのではないのか」、
そう推論しても決して見当違いではないように思えるのです。
もしそうだとするならば、
今まで凄い威力を発揮してくれていたことになります。
これはもう、食べるしかないでしょう。
納豆様様です。

|

« 地元紙創刊4万号達成 | トップページ | 条件反射 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

おひさしぶりで~す。

こどもの日に、某社のレ○ン水1.5リットルを一日中
持ち歩いて腹痛になった友達を思い出しました。

私も、2日に一回くらい納豆は食べておりますし、
う○い棒で一番すきなのも納豆味でございます。

ちなみに、今日のお昼は、サボテンステーキ
ライム風味でした。健康によさそうな味でした(笑)

投稿: いもようかん1号 | 2006年5月 7日 (日) 15時46分

こんにちは。
うまい棒の納豆味が好きとは、
なかなかの通ですよ。

サボテンステーキって何ですか?
ライム風味っていうからには
さっぱりしていそうな気はしますが。

ようやく昨晩(6日)納豆を夕飯に食べました。
相変わらずまだ腸の調子は今ひとつですが、
徐々に良くなってくれると信じます。

投稿: じゃがいも1号 | 2006年5月 7日 (日) 23時00分

サボテンステーキは、○ークラホテルで
行われていたイベントで食べてきました。

味は、大きなピクルスを想像していただければ
近いかと思います。

普段、サボテン料理は
ラ・カシータというお店で
食べられるそうですよ。

投稿: いもようかん1号 | 2006年5月 8日 (月) 20時51分

なるほど。サボテンをステーキ風にしたものなんですね。肉ではないんですね。
ピクルスみたいな感じかぁ~。
健康に良さそうな味≠おいしい味?!
あ、いや、おいしかったんだろうと思います。
機会があれば食べてみたいような、
でも普通のステーキの方が嬉しいような…。

投稿: じゃがいも1号 | 2006年5月 9日 (火) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 腸が快調だったのは納豆のお陰?!:

« 地元紙創刊4万号達成 | トップページ | 条件反射 »