« 県北奇行 | トップページ | 駆け付けた甲斐無く »

2006年5月16日 (火)

雅山関へ熱い視線

同年代の中で僕は、
結構大相撲は見ている方だと思います。

とは言え、最近は「見ている」と言っても、
生中継で取り組みを見ることはほとんど出来ず、
後から結果を見るだけではありますが。

さて、今場所は横綱・朝青龍関が途中休場となり、
綱取りを目指していた大関・栃東関は早々と望みが絶たれ、
新大関の白鵬関の動向と優勝争いくらいしか
見所がなくなりつつあります。
そんな中、密かに私が注目しているのは関脇・雅山関です。
今日現在、1敗3力士の中で優勝争いに加わっています。

武双山関(元大関、現藤島親方)の大成を
ずっと期待していましたが、
怪我が多く残念ながら引退してしまいました。
一方、雅山関もデビューから強烈なインパクトで、
地元水戸市出身の力士ということで早速応援していました。
しかし、一度は大関まで昇進したものの、
パッとしない取り組みが多く、
一応応援はしていたものの、
武双山関ほどではありませんでした。

番付も次第に下がっていき、
ちょっと上がってもまた下がるような冴えない状態で、
大して応援にも熱は入っていなかったのですが、
先場所辺りから強い相撲が目立ってきて、
応援に次第に力が入るようになってきました。
そして今場所もその強さは持続中で、
今場所優勝出来るかどうかは別にしても、
このまま順調に行けば来場所後の大関昇進もあるだけに、
今は心から声援を送っています。

茨城出身の郷土力士と言えば、
新鋭の稀勢の里も注目を集めていますが、
ここは雅山に先に元大関の意地を見せて貰いたいものです。

結論としては、やっぱり強い郷土力士が好きなんですね。

|

« 県北奇行 | トップページ | 駆け付けた甲斐無く »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
お若いのに相撲詳しいですね!
ちなみに私の好きな力士は千代の富士でした~

最近はなんだか相撲興味ないんです。強いのが外人力士ばっかりで面白く無いからかな?
ニュースでさらっとみるくらいかなぁ。
確かに昔は地元力士の多賀竜や水戸泉をテレビで応援してました。
こういう事を書くと、じゃが君と歳の開きがまざまざと出てきちゃいますね(汗)

投稿: GODAI | 2006年5月17日 (水) 00時54分

外国人力士の台頭はここ数年で目覚ましいものがありますからね。ちょっと前は外国人と言っても曙や武蔵丸と言った米国出身が主でしたが、最近はモンゴルを始め、出身国が多様化しましたからね。

日本人力士で頼もしい力士が現れたら確かにもっと人気は出るでしょうね。

多賀竜の現役は知りませんが、水戸泉や小錦、大至らの頃なら分かります。
特に若貴兄弟辺りが注目されていた頃辺りはよく見ていました。千代の富士の現役はぎりぎりで分かりません。
個人的には寺尾や琴錦が二枚目で好きでしたねぇ~。

投稿: じゃがいも1号 | 2006年5月17日 (水) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雅山関へ熱い視線:

« 県北奇行 | トップページ | 駆け付けた甲斐無く »