« 日が伸びたなぁ | トップページ | マヨたま納豆ご飯 »

2006年6月 2日 (金)

HH観戦記2006 vol.6

今日はナイターでホーリーホックの試合があったので、
数日前からわくわくしながら今日を待っていたのに、
何でそういう時に限って急遽夜に会議なんか入れるんでしょう。
こっちは一刻も早く会場に向かいたいというのに、
またしても試合開始に間に合わないじゃないのさ~。

何しろ今季は2試合続けてホーム戦を観に行かなかったことが
ないという記録を現在継続中なのですが、
来週の11日は予定が入ってしまい、
このままだと観戦に行けない見込みのため、
今日行けないとこの記録が止まってしまうことになります。

何とか会議が終わったので、冷静に笠松に向かいました。
前回のひたちなかでは後半も始まっていましたが、
今回は何とか前半35分くらいから観られました。
去年までの私なら試合開始に間に合わなかったら、
恐らく駆け付けていないと思いますが、
今年は自分でもよく分からないエネルギーが出ています。
心底ファンになりつつあるのだと思います。

ファン歴は4年くらいにはなるものの、
観戦に行ったのは昨季の5試合が最高で、
昨季までは通算しても10試合程度しか行っていないので、
言うほど大したファンではないというのが現状ではありますが、
今日は今季6試合目(ここまでホーム戦は9試合)ということで、
第2クールで早くも自己記録を更新しました。
ここからは言わば未知の領域ということになります。

さて、今日の相手はここ15試合負けなしのあのチームです。
柏に次ぐ2位をキープしているため、
今日も敗戦は免れないかなとファン失格なことを思いつつ、
電光掲示板を見るとまだ0-0でした。
相手は今季16試合で僅か3失点しかしていないことも、
如何に勝ち点3を奪うのが難しいかを物語っています。

水戸っぽ黄門さんを一番上から探したのですが、
意外にお客さんが多くて今日に限って見付かりません。
いつもならすぐに目に入るのですが。
「今日は来てないのかな、でも多分そんなことないよなぁ。」
などと思いながらも観戦開始。
どうも、今日は審判のミスジャッジが甚だしいようで、
ミスジャッジの度にサポーターが怒っていました。
やや押され気味のように見えました。

ハーフタイムでも相変わらず水戸っぽ黄門さんを探していたら、
丁度戻ってきたところを見付けられたのでほっとしました。
今日お客さんが多い気がしたのは、
もしかしてカズ選手などが居たのもあったのかも。
しかし今日はその人数(実際は2600人余だった)もあってか、
サポーターも比較的声があちこちから出ていたので、
座ったままでも十分恥ずかしくなく声援を送れました。

後半は俄然水戸が押し始めました。
何度もチャンスを作るパターンはいつものようでした。
しかし決定力不足なのでどうなるかは成り行き次第。
すると、アンデルソン選手がパスを受けてドリブルで上がり、
一人交わしてペナルティーエリアでボールをキープすると、
相手DFやキーパーの動きを見定めて持ち直した次の瞬間、
キーパーが横っ飛びする右を抜けて
綺麗にゴール右奥隅に先制のゴールを突き刺したのです。
その瞬間、今まで見た中でも指折りのサポーターの喜び様。
まさに総立ち状態。
いやー、美しいシュートでした。
写真を撮ろうとする水戸っぽ黄門さんの
邪魔になりつつハイタッチ。

その後もFKなど追加点のチャンスや絶体絶命のピンチもあり、
審判のミスジャッジ連発にも耐えながら逃げ切り勝ち点3。
強いて言うなら、追加点を奪えなかったことが課題ですが、
一先ず今日の勝利は大きかったです。
それに仕事帰りに寄る甲斐があるってもんですよ。
久し振りに生で勝ち試合を観られました。


その後おまけ談があって、
帰る途中、国道6号を興奮状態で帰る私の横(隣の車線)に、
いつの間にかスタッフを乗せたワゴンが走っていました。
ホーリーホックの看板(ロゴ)が入っているワゴンです。
後部座席に乗っているのは、去年限りで引退して、
今季からスタッフになった森直樹氏ですか?
途中で私の後ろに進路変更してきたので、
向こうが枝川跨道橋で降りるまですぐ後ろを走っていました。
私はまだレプリカユニホームを着ていたのですが、
全然こっちを向いていませんでしたし、
車にステッカーを貼っていた訳でもないので、
多分私がサポーターだとは気付かなかったでしょうねぇ。
信号待ちの時に不必要に窓開けて腕をかけてみたり、
ちらちらっとそっちを見てアピールはしてみたんですが。

|

« 日が伸びたなぁ | トップページ | マヨたま納豆ご飯 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

私も「あれ?今日はじゃがいもクン来れない
のかな?」と思ってました。
勝ち試合を生で見れて、良かったですよね。

ちなみに愛車(監督と同じウィングロード)
には、リヤウィンドウにステッカーを貼り、
後部側サイドウィンドウ両側に、ミニフラッグ
を付けてます。
去年笠松に向かって走行中に選手バスと並走
(草津だったかな)した時、助手席に座って
いたのんが、選手から手を振られました。

投稿: 水戸っぽ黄門 | 2006年6月 4日 (日) 20時03分

手を振ってもらえたなんて羨ましいですね♪
後部座席の3方向を
ステッカーとフラッグで埋めているとは!
なかなかそこまでの車は見掛けません。

ステッカーを貼ろうかずっと悩んでいるんですが、
なかなか決断出来ず…。
フラッグという手もあるので、
もう一度よく考えてみます…。

何かアピール出来るものがあれば、
スタッフたちも気付いてくれたでしょうね。

投稿: じゃがいも1号 | 2006年6月 4日 (日) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HH観戦記2006 vol.6:

« 日が伸びたなぁ | トップページ | マヨたま納豆ご飯 »