« 親譲りな行動2 | トップページ | 明日W杯開幕 »

2006年6月 7日 (水)

ネット社会の中で

いつからだろう。
インターネットを毎日利用するようになったのは。
少なくとも、大学2年まではネットが繋がっていなかったので、
利用すると言っても本当にたまにだった。

ネットを繋いでからは、
ちょくちょく見るようにはなったけれども、
掲示板の類はほとんど知らなかったし行かなかったので、
せいぜい有名メーカーのHPを見たりする程度だった。
授業の調べ物や卒論などの資料集めに使ったりはしたが、
それに比重を置いていたという程でもなかった。

今のような「行き付け」のサイトと出逢ってからは、
ほぼ毎日欠かさずチェックしなければ、
流れに乗り遅れてしまうのでネットを開くようになった。
更に有名人のブログやここ最近のmixi仲間の急増により、
チェック項目は増加の一途を辿っている。
全部目を通すのがやっとである。
自分がこんな状態だから、
このブログ以外に手を付ける余裕などない。
毎日ネットを開くだけでも手一杯といったところだ。

こんな最近の生活の激変にも、
そこそこ体はついて行っている。
こういう繋がりも大事だなと思う。
でも、同時に昔のような生活には戻れないことも
薄々気付いている。
こんな便利な世の中だから、
手紙なんて書く人が減ってしまうのは
必然的なことだろうと思う。
どこにいても互いが瞬時に繋がる。
凄く画期的な世の中になったと思う。

でも、そういう世の中になっても、
失ってはいけないものはあるだろうなと思う。
忘れずに持っておきたい心があると思う。
自分を見失わないための信念を持っておきたいと思う。

|

« 親譲りな行動2 | トップページ | 明日W杯開幕 »

随想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネット社会の中で:

« 親譲りな行動2 | トップページ | 明日W杯開幕 »