« 納得のお得な納豆プライス | トップページ | HH観戦記2006 vol.10 »

2006年7月11日 (火)

愛用するがゆえの意見

私は時々利用者の声として意見を送ったりします。
最近で言うと、
「平成の大合併」における新市町村名において、
平仮名では威厳や重々しさに欠けるし、
それでは本来の意味が伝わらないという想いから、
何とか漢字の名称に替えて欲しいというような旨のメールを、
あくまで決定事項を尊重した上で、丁重に送らせて頂きました。
残念ながら覆ったパターンは一つもありませんでしたが。

更にちょっと前で言うと、
大学生になった頃愛用していた目薬が大変気に入っていて、
しかし、13mlという標準的な容量だった為に
頻繁に買い足しに行かなければならない状況だったので、
同封されていたお客様アンケートに、
「愛用させて貰っていて使い心地も大変気に入っているが、
もっと容量が多いと尚嬉しい」
というような旨の意見を書いて送りました。
この意見が採用されたのかどうかは定かではありませんが、
暫くすると、この13mlとは別に、
「20ml大容量」という商品も店頭に並ぶようになりました。
ちゃんと声に応えてくれたことに恩義を感じ、
未だに使い続けています(差し心地も実際気に入ってるので)。
S0012_2




さて、更に前の話となると、これは携帯電話なんですよね。
当時から私は同じメーカーの製品を使っていますが、
愛用者ゆえの改善して欲しい点みたいなものを都度送り、
最初は「電池残量マークが格好悪いのでデザインを替えて」
というような我が儘な意見を送ったのですが、
その意見が反映されたかどうかは別として、
次の機種からそれまでの伝統的なデザインが変更されました。
他にもこのメーカーには何度か意見を送りました。

で、メーカーに留まらず、
キャリア自体にも意見は送りました。
当時の私は絵文字も結構使っていたので、
キャリア間で絵文字が送れないことが大いに不満でした。
そこで絵文字をキャリアで統一してくれないか、
あるいは置き換えるなどして相互通信出来ないものか、
ということを意見した記憶があります。
その後、絵文字が一部追加になったり、
有料で他キャリアの絵文字を自キャリアの絵文字に
変換してくれるサービスなどが始まったようですが、
あまり満足のいくものではありませんでした。

でも、これらはあくまで、愛用したいがゆえの意見であって、
ただ闇雲に文句を付けたい訳ではないんです。
担当者の方からすれば、「また厄介な意見を送ってきて」
と内心頭に来ているかもしれませんが、
もっと良くなって貰って、これからも愛用したいという
利用者からの意見として提示しているだけなのです。

さて、今日の最新ニュースによれば、
携帯キャリア主要3社間において、
どうやら自キャリアの絵文字に変換するサービスが
いよいよ実現することになったようです。
今ではもうすっかり諦めてしまって、
あの頃のように何とかして欲しいという情熱もそれ程ないですし、
就職してからメール自体もそんなにしなくなりましたし、
絵文字自体そんなに使わなくなってしまったので、
「今更遅いよ」という気持ちもあるのはありますが、
でもようやく重い腰を上げてくれたかという感じです。
まぁいろいろ障壁はあったんでしょうが、
番号ポータビリティ制の導入なんかも踏まえているのでしょうか。
でもここは有り難く受け止めて、早速試してみたいと思います。

|

« 納得のお得な納豆プライス | トップページ | HH観戦記2006 vol.10 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

クレームは、「もっと良くなってほしいから来る」と、聞いたことがあります。
実際、私も生徒を見ていると、「よくなってほしいから怒る。どうでもいいと思えば声もかけないよ」と思ったこともあります。
逆に、保護者からのクレームも「期待されているからくるんだな」と思い、真摯に受け止められるようになりました。

投稿: 酔倒 | 2006年7月12日 (水) 06時36分

中にはストレス発散とか、
常に文句を言いたい性分の方もいらっしゃるでしょうけど、
僕は感情に任せて意見したりはしません。
クレームともちょっと違うと思います。
基本的に平和主義なので。

よく「親や先生が怒ってくれるうちが華だ」
という言葉は聞きますよね。
確かにどうでも良かったら放っておくでしょうからね。
酔倒さんの先生としての益々のご成長を祈っています。

投稿: メークイン男爵 | 2006年7月12日 (水) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛用するがゆえの意見:

« 納得のお得な納豆プライス | トップページ | HH観戦記2006 vol.10 »