« HH観戦記2006 vol.9 | トップページ | がらくた公開 »

2006年7月 3日 (月)

常々説く「目と歯の大切さ」

ホーリーホックの前途を祝した前夜祭を
韓国料理店で開いていた最中、
テーブルの片隅で一人、
密かに突如テンションが下がり始めた男が居た…。
知られざるもう一つのエピソード―。

お腹が減っていたので、
石焼きピビンバを注文しました。
目の前で店員さんが混ぜ混ぜしてくれたのを見守った後、
お焦げがおいしそうだったので、
勢いよく胃袋へ掻き込もうとしたのですが、
器がかなり熱くて冷めにくかったためか、
とてもバクバク食べられるようなものではありませんでした。
冷ましながら少しずつ食べることを余儀なくされましたが、
凄くおいしいので一生懸命食べていました。

何とか半分程食べた時のことでした。

(もぐもぐもぐ…)お焦げがぅんめぇぇぇ!!
(ふぅふぅふぅ、あづぁ、ふぅ~、もぐもぐ…)熱いけどうめぇえ!!
(もぐもぐもぐもぐ…)硬いけどやっぱりお焦げはうめぇぇ!!
(もぐもぐ…がりっ!)…ん?!何だ今のは!?

「この感触はもしや、銀歯が外れてしまったのか?」
過去何度も経験している嫌な感触。
私は恐る恐る口の中から“異物”を取り出しました。
紛れもなくそれは銀歯でした。

輝ける未来に満ちた子供たちに
常々説きたいことが私にはあります。
一つは、「目は大事にしなさい」ということです。
テレビゲームに熱中したい気持ちは分かるけれど、
視力が低下するとケアなども含め何かと大変です。
星空の美しさが半減する悲しさと言ったら言い表せません。
小学生までの普通に視力の良かった自分に戻りたいです。

もう一つは、「歯はきちんと磨きなさい」ということです。
虫歯が出来て良いことなど一つもありません。
銀歯などになるとハイチュウやキャラメルが食べられなくなるし、
健康な食生活にも悪影響を及ぼすことになります。
いつ外れるか恐れながら生活する日々。
私も小学生の頃は虫歯がなかったのですが、
銀歯を詰めてからは時々外れるので、
心から食べる喜びが味わえないことがどれだけ辛いか、
身を持って体験しています。

こうした思いを人生の先輩として、
子供達には伝えたいなと常々思っておる次第であります。

「平日は歯医者に行く時間ないし、
かと言って一刻も早く詰め直して貰わないと、
食事する時に思い切って咀嚼出来ないし…」、
などと考えた私は一気にテンションが下がっていきました。
ピビンバのお焦げで銀歯が外れるなんて、
健康な歯をお持ちの方には分からないでしょうが、
歯は本当に大切にしていきたいものです。

|

« HH観戦記2006 vol.9 | トップページ | がらくた公開 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

連続コメントしてます(苦笑)

私は鈍感なので
隣の人がテンション落としているのには
【全く】気付きませんでした(^∇^)アハハハハ!

虫歯なんてあったんですね。
メークイン男爵さんは「歯がきれいな人」
という印象があったので
意外でしたΣ('◇'*)エェッ!?

投稿: nami | 2006年7月 4日 (火) 23時52分

ありがとうございます。
ちょっと歯磨きをサボったりしているうちに、ちょこっと虫歯が出来てしまったんですよ。そうしたら、思い切り削られてしまって。「虫歯は1mmくらいだったじゃん!」っと泣きそうになりました。
昨日、とりあえず応急措置で嵌め直しておいたので、今は何とか普通に食べられてます。
まぁテンション落としたって程大袈裟なことじゃないですけどね。
後で歯医者に行かなくては。

投稿: メークイン男爵 | 2006年7月 5日 (水) 00時00分

あらま~
実はnamiさんと調子よく話していたのに
途中からやたら大人しくなったと感じていたのは、そのせいだったのか。

投稿: じょんじょん | 2006年7月 5日 (水) 21時24分

はい。おっしゃる通りです。
片側だけで残りのピビンバを食べるのも
かなり大変でした。
続きは今日(7/5)のブログで!

投稿: メークイン男爵 | 2006年7月 5日 (水) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 常々説く「目と歯の大切さ」:

« HH観戦記2006 vol.9 | トップページ | がらくた公開 »