« ベルトの穴で見るウェスト減 | トップページ | 胃の内視鏡検査 »

2006年8月23日 (水)

HH観戦記2006 vol.14

前節から僅か4日後の今日も、
ホーリーホックのホーム戦が行われました。
前節ではスポンサーのサンクスマッチで、
限定で先着順に配られたグッズの数々をゲットし損ね、
特にスポンサー名と日付入りのタオルを逃したのが
個人的には一番ショックでしたが、
ノースリーブシャツの方はあと2回チャンスがあるということで、
直ぐ様今日の試合でそれをゲットすべく気持ちを切り替え、
意気込んでいました。

今日は有り難いことに早く仕事を上がらせて貰えたので、
久し振りに試合開始時間に余裕を持って球場に着けました。
今日でホーム戦は10試合連続観戦(今季通算14試合目)です。
駐車場に着いて僅か1分後に為五郎さんが到着しました。
まだほとんどお客さんが来ておらず、閑散としていました。
そして、今度はノースリーブシャツを無事ゲットしました。
Svs0006Svs0001_1




試合開始前に行われる選手のサイン会も
久し振りに行ける機会が巡ってきたので行きました。
行く途中、ロキくんの車で笑さんと共に駆け付ける算段だった
水戸っぽ黄門さんがサイン会に向かう所を偶然見付けました。
今日の選手は、水戸のユース上がりとしては初の快挙で、
注目されている若き大橋選手と木村選手の両選手でした。
前のサイン会では吉本選手と小椋選手で緊張してしまい、
手も足も出ませんでしたが、今日は一言と握手を交わしました。
早く彼らが試合で活躍する姿を見たいです。

さて、第3クールに入ってから2勝1分の好スタートを切った後、
悪夢の5連敗で再び星勘定を悪くしてしまったホーリーホックは、
(勝敗の)借金を返済したり、上位を窺うどころか、
反対に10位の湘南とも勝ち点差1に迫られ、
安泰だった筈の9位が脅かされるまで落ち込んでいました。
早く悪い流れを変えたいところですが、
今日の相手も過去の対戦成績があまり良くない、
何となく苦手意識の強い(つまり相性が悪い)イメージがあり、
勝って欲しいのは勿論でしたが厳しい戦いになると思いました。

私たちも、笑さんが髪を短くし、
水戸っぽ黄門さんもトレードマークのレプリカユニホームを
今日は着ないなどいつもと違うアクションを起こしていました。
私も珍しくチームメンバー内で一番乗りで球場入りし、
去年のレプリカユニホームと去年のマフラータオルを着用し、
更にその上から今日のノースリーブシャツまで重ね着し、
しかもリストバンドを車に置き忘れるなどの
いつもと違うアクションを(その気はなかったのに)起こし、
悪い流れを断ち切ろうとする選手と一丸となっていました。

さて、今日は故障明けから先発復帰して間もない
正GKの本間選手を控えに下げ、
今季のほとんどを守護神として闘ってきた武田選手に戻すなど
チームとしても嫌な流れを変えたい雰囲気が伝わってきました。

いざ始まってみるとホーリーホックの試合運びはなかなかで、
マルキーニョ選手の動きがいつもより冴え渡り、
他の選手の攻め方や守り方にも
何か落ち着いて見ていられる安定感がありました。
「今日も押している。兎に角早く先制点が欲しい。」
攻め倦(あぐ)ねては、一瞬の隙を突かれて失点するパターンは
今季何度も見ているので、早く得点が欲しいと思いました。

前半19分頃、ゴール近くで倒されFKを得ました。
ゴール前に上げたボールに走り込んだ時崎選手がうまく合わせ、
これがネットを揺らし、待望の先取点を奪いました。
Svs0047Svs0048_1  




でも相手とは相性が悪いのでこれくらいで浮かれられません。
早く追加点が欲しいところです。

すると前半29分頃、今度はペナルティーエリアで倒され、PKに。
追加点の絶好のチャンスが巡ってきました。
これをアンデルソン選手がしっかりと左隅に突き刺し、
2点にリードを広げました。
Svs0059Svs0060




でもまだ安心出来る相手ではありませんでした。
そりゃ得点が上がれば上がるだけ有利には違いないですが、
3点リードが欲しかったのはそれだけではありません。
最近のホーリーホックは、点を取られても取り返す
落ち着いた攻め方も出来るようにはなったものの、
特にこの連敗中は一瞬の隙を突かれて失点し、
更に前半や後半のロスタイム近くになってくると精彩を欠き、
失点してしまうパターンがよく見受けられました。
つまり、2-0では一瞬の失点で2-1となる可能性があり、
こうなるともうリードがあってないようなもので、
攻めの精度もまだまだ高いとは言えないチーム状況では、
同点にされてしまう可能性も拭い切れなかったのです。
後半に入って一気に流れが傾く可能性だってあります。

そんなことを考え、3点目が欲しかったのですが、
そのまま前半を終えました。
後半はこの2点リードを守り切るだけで良いのですが、
なかなか不安は拭い切れませんでした。

しかし、後半に入って、若干雑になったものの、
今日はセットプレーからの守りが安定していて、
CKなどを悉(ことごと)く弾き返し、
久し振りに先発GKの座を奪い返した武田選手も
好セーブを連発する切れのあるプレーで失点を防ぎ、
最近では一番落ち着いてプレー出来ているように見えました。
最も失点し易かった場面での堅守が随所で光り、
相手にほとんど見せ場らしい見せ場を作らせませんでした。
追加点を奪えない歯痒さはありましたが、
攻め方としては惜しいシーンも結構ありましたし、
雰囲気はかなり良かったと思います。
私も今日は初めから声がよく出ていて、絶好調でした。
応援団のリズムもいつもと若干様子が違って、良かったです。

後半も終盤に差し掛かった頃、
俄然勝利の可能性が高まってきた辺りで、
私は、この試合は無失点で守り切ることが大事だと思いました。
このところ、やらなくても良い失点がかさんでいただけに、
この試合ではここまで来たらただ勝ち、連敗を止めるだけでなく、
次に繋がる試合運びを出来るかということを考えた時に、
失点しながらも逃げ切るのと、
完全に相手にゴールを許さず抑え込むのとでは
全く意味が異なってくると思ったからです。

つまらないパスミスや、ボールを持ちすぎて囲まれたりするのは
相変わらず気にはなるものの、
全体的には水戸らしさを存分に出した良い試合でした。
後半のロスタイムも今回は守り切り、無得点に抑え、
やっと連敗を止めました。
今日はほとんどひやりとする場面もなく、
まだまだな所はあるもののこういうサッカーを常にしていれば、
もっと上位に食い込んでいられる筈だなと思いました。
こういう試合をお客さんが多く来ている時に
是非とも期待に応えて、見せて欲しいものです。
Svs0195



最後に余談になりますが、
今日は椎原選手とマルキーニョ選手が
ヒーローインタビューを受けていましたが、
マルキーニョ選手は、なかなか日本語が上手でした。
流暢とは言えないにしても、意外でびっくりしました。
今日のマルちゃんは長い足を存分に生かして、
守備でも攻撃でも随所で良い動きを見せてくれていました。

|

« ベルトの穴で見るウェスト減 | トップページ | 胃の内視鏡検査 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

男爵くんのブログを読んで、昨日の興奮が蘇ってきました。
私など頭が回らない状態でダウンしてしまったのに、さすが「日記王」です。

男爵くんが試合中に叫んでいた言葉の数々…思わず噴出してしまうものがありました。
で、男爵語録!
「今日のマルちゃん好き!」「あ~あ、僕より20センチも足が長いからもつれた!」「審判蹴れ!(ちょうどいいところにボールが転がってきた)」「お願いだから守って!」「あと1点ほしいなあ!」等々
男爵くんをご存知の方は、男爵くんの口調で読んでみてね。

本当はmixiのほうでアップしたかったんだけど、ここをのぞいた人へのお楽しみにしておきましょうか?

昨日は選手さんが、ちょうどいい場所に入っていたというのが勝因でしたね。
今までのように、「あそこに一人ほしかった」がなかったもの。
向こうのゴール前にも、こちらのゴール前にも、多くの選手さんが集まっていました。
今までのホーリーホックとは違う!そう感じました。

投稿: 笑 | 2006年8月24日 (木) 08時28分

言った記憶のあるものとないものが…(^o^;
昨日は自分でもよく声が出ていたと思います。こっちが何か叫ぶ度に、近くに座っていた家族連れの、お子さんたちの目線を感じましたが、気にせず声出していました(多分あんまり罵声は浴びせていないと思うし)。
結局昨日も書き終えたのが夜中の3時半過ぎてました。
その割には、今日起きたら意外に体調良かったです。
仕事休みだからかなぁ。

投稿: メークイン男爵 | 2006年8月24日 (木) 10時59分

やっぱり4時近くまでかかっていたのね。
読むのは楽しいのだけど、睡眠不足が心配!
でも今日は休みだもんね。
午後からはたっぷり昼寝が出来たんじゃないかな。(爆)

男爵くんの声は背中で聞いていましたが、大笑いでしたよ。
近くのお子様方は、「面白いおにいちゃん!」と思っていたんじゃないかな?(笑)
罵声は浴びせていませんでしたが、聞いていて非常に力が抜けました。(爆)
>言った記憶がない・・・それは失礼しました。
ほかの人のも混じっちゃったかな。

考えてみると、男爵くんが叫んでいた前半がいい調子で、口に食べ物が入っていた後半は調子悪かったと思わない?
やっぱり男爵くんの声援は届いているのよ。

1ヶ月笠松にいけないという状況は非常に寂しい!
次回はどう考えても23日…
その間、どうやって過ごせばいいのかな・・・(涙)

投稿: 笑 | 2006年8月24日 (木) 19時09分

「湘南ベルマーレ」から、移籍した方が・・・。
詳しくは、「ホーリー」のHPを・・・。

投稿: 為五郎 | 2006年8月24日 (木) 23時54分

>笑さん
意外に今日の方が体調は良いです。
頭痛もほとんどありませんし。

勢いで発した言葉も結構あったので、本当に記憶がないだけかもしれないので、言った可能性は高いです。人が居ないと、結構声が響いちゃうんですよね。でも、逆にそこが観客の少ない時の醍醐味ではあるかもしれません。

僕も最近、段々熱狂的になってきたような気がして、応援に行かないと禁断症状が出てしまうかもしれないくらい、狂ってきたかもしれません。19日のホーム戦だって、久し振りで、エネルギーが切れかかっていましたから。しかも勝ち星からも遠ざかっていましたからね。頑張って来月23日まであと1ヶ月過ごしてください。

>為五郎さん
背番号25だけが今季は空きになっていたんですが、選手加入ですか。このまま行くと、パンフ裏の選手紹介の欄(5列×6段)が31人になってしまうと、大和田選手だけあぶれてしまいます。

投稿: メークイン男爵 | 2006年8月25日 (金) 00時33分

ダメだよ、大和田をあぶれさせちゃ・・・(苦笑)

移籍のニュースは昨日、私も確認しました。
(特殊会員のことでアクセスしてたんです)
昨日の敵は今日の友ですね。(笑)

私もホーリーの試合の時家にいると、忘れ物をした気分になります。
これが禁断症状でしょうか!
はるか遠くの試合でもそうなんです。(汗;)

あ、それから男爵くんの頭痛は睡眠不足です、絶対・・・
体内時計が狂ってしまいそうなのを、頭痛で体が訴えているとか・・・
若いからといって無理しちゃダメよ。

投稿: 笑 | 2006年8月25日 (金) 07時34分

今日は暇だったので、男爵くんのためにいいプランを立てていました。
9月13日に札幌で観戦する方法。
もし、13日に休みをもらえたら・・・

12日に仕事が終わったら、大洗からフェリーに飛び乗る。
お風呂もついているし、食堂もあるので、着替えだけ持って。
18時30分発ー到着は苫小牧13時30分。
苫小牧ー札幌は1時間ほど、そこから地下鉄なので余裕で間に合う。
終わったら、即苫小牧発23時45分発のフェリーに飛び乗る。
(飛行機は間に合わないんだなあ、21時35分のに乗れないよね。)(汗;)
着くのが次の日の17時15分なので、この日は病欠になるかな。(汗;)
フェリーのB大部屋は7000円、ベッドは9500円・・・

何のために北海道に!ってプランだけど、きっとサポーターさんの何人かは、この手を使うはず!
ちなみに私たちは、その次の日のフェリーに乗るのですけど…
札幌で私とロキだけなんて寂しいよ~!

投稿: 笑 | 2006年8月25日 (金) 20時33分

体内時計の狂いはありますね。絶対。
なかなか全てを後回しにして寝るというのが出来ないんですよね。「休肝日」ならぬ「休筆日」を設けて最初から書かない日を決めておけば気が楽かもしれませんが。

フェリーには乗りたいですが、無茶苦茶ハードスケジュールじゃないですかー!ああ、学生時代に戻りたい…。時間のあるあの頃に…。
頑張って北の大地で声援を直に送り届けてきて下さい!

投稿: メークイン男爵 | 2006年8月27日 (日) 00時51分

やっぱりタフな男爵くんでもダメでしたか、この計画・・・(爆)
もっと多くの休みをもらってよ!

休筆日は必要と思います。
1日おきにするとか・・・な~んて、自分でも出来ないことを言っちゃダメね。(苦笑)
体調と相談して無理しないようにね。

投稿: 大笑 | 2006年8月27日 (日) 14時09分

有難うございます。

決まったルールを決めてしまうと、自分の首を締めてしまうので、あえて何曜日を休みにするとか毎日欠かさず書く、というようなルールは決めてないようにしています。基本的には毎日書きますが、場合に応じて臨機応変に対応出来るゆとりを残しておかないと「例外」ばかりになってしまいますからね。

投稿: | 2006年8月27日 (日) 19時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HH観戦記2006 vol.14:

« ベルトの穴で見るウェスト減 | トップページ | 胃の内視鏡検査 »