« HH観戦記2006 vol.13 | トップページ | ベルトの穴で見るウェスト減 »

2006年8月20日 (日)

熱闘甲子園~第88回大会決勝~

今日はずっと布団の中でゴロゴロ、うとうとしていました。
「久し振りの休日だから」と思って、
昼になっても起きず、
何度も寝直しているうちに15時半を過ぎていました。

今日は全国高校野球選手権の決勝戦が行われるとあって、
これは観なくちゃいけないと思っていたので、
「しまった~!もう終わっちゃったなあ。寝過ぎた。」
とちょっと後悔しました。

ところが携帯でニュースを確認しても、
トップ記事に出てきてもおかしくない筈なのに、
結果が出ている様子がありませんでした。
「まさかまだやってるのかなぁ。念のため見てみるか。」
と思ってテレビを点けてみたところ、
延長12回、1-1という場面だったのでした。
「終わってしまったと一度は諦めた中継がまだやっている!」
寝惚け気味だった私は直ぐ様テレビに齧り付きました。

今大会、私が贔屓していたチームが何チームかあり、
決勝に残った駒大苫小牧(南北海道)と
早稲田実業(西東京)のいずれも応援していたチームでした。
私の場合、「悲願の初優勝を目指す―」とか
「史上初の記録が懸かる―」というように、
記録が懸かっているチームは特に贔屓する傾向があります。
史上2校目の夏3連覇が懸かる駒大苫小牧や、
夏初制覇が懸かる早稲田実業も例外ではありませんでした。

そんな2チームの対決とあって、
どっちを応援したら良いのか難しいところでしたが、
白熱した投手戦の一挙一動を固唾を飲んで見守っていました。
まさに少しの気の緩みも許されない、
そんな緊迫した展開でした。
こういう展開になると、エラーや押し出し四死球などで
あっけなく幕切れということも有り得るだけに、
両者とも悔いのない試合をして欲しいと心から応援していました。

チャンスは掴みながらも、
両エースの気迫溢れるピッチングを前に、
追加点の奪えない両者の攻防は遂に延長15回へ。
見ている方も手に汗握る展開で、
プレーをしている選手達はそれ以上の緊張感だったでしょうが、
どちらも勝たせてあげたいくらいの
素晴らしい両校の勝負は15回では着かず、
引き分け再試合という結果になりました。
歴史に残る瞬間を見たような気がしました。
88_4




明日は仕事で、今度こそリアルタイムでは見守れませんが、
諦めない逆転に次ぐ逆転の打撃戦が目立った今大会にあって
ここまで締まった投手戦はまさに決勝戦に相応しいと思います。
どっちが勝つかは分かりませんが、
明日も悔いなく目一杯良いプレーをして欲しいなと思いました。

|

« HH観戦記2006 vol.13 | トップページ | ベルトの穴で見るウェスト減 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

実は私も午後からゴロゴロしているうちに眠っちゃって、すっかり甲子園の決勝を見損ねてしまいました。
で、バンキシャで「甲子園で行われている高校野球で大変なことが起こりました」と言ったときにはビックリしちゃったわけです。

私が中学時代だったかに、やはり決勝戦で延長再ゲームとなったことがありました。
そのときは無名の地方の高校と名門校との試合でした。
2日目はあっさりと名門校がかってしまったのですが、その名もない高校のピッチャーがマンガになったりして、世の話題になりました。

あれ?今年は甲子園での再試合は2試合目だっけ?
それとも予選であったんだっけ?
最近ニュースで見たような・・・
ちょっとボケましたかね。

私はプロ野球は見ませんが、高校野球はひたむきなので好きです。
男爵くんと同じ、「特別な何か期待させるチーム」を応援してしまいます。
明日はどちらが勝つでしょう。
私も仕事なので、夕方のニュースで結果を聞くだけになりそうです。

投稿: 笑 | 2006年8月20日 (日) 22時13分

私も仕事をしながら見ていました。
というか、途中からは観戦しながら仕事をする展開にかわってしまいました(笑)
再試合、せめて一日くらい休養日を設けて欲しいと思ったのは私だけでしょうか?投手の負担が余りにも大きすぎますよね・・・
明日もエース対決になるでしょう、二人とも頑張ってもらいたいものです。

投稿: GODAI | 2006年8月20日 (日) 22時25分

結局、早稲田実業でしたね。
どっちもすばらしいチームだと思います。
それでも順位をつけなければならないのがスポーツ界なんですね。


投稿: 笑 | 2006年8月21日 (月) 21時17分

>笑さん
37年前の決勝戦引き分け再試合は、親が時々言っていました。そんな歴史に残る瞬間を、今度は自分が生きている間にリアルタイムで見られたことが、本当に良かったです。
早実は今年の選抜に次ぐ引き分け再試合だそうですね。

>GODAIさん
選手の健康状態を気にしての延長15回短縮とは言え、それでも、勝ち上がるチーム程最後は連投に次ぐ連投で、継投をしないチームにとっては、苦しいですよね。エース1人で投げ抜くくらいのチームでないと、甲子園では勝ち抜けないのも事実ですが。
再試合も見たかったですが、平日では仕事と重なって流石に見られません。歴史の証人になるということも含め、見たかったです。

>笑さん
入院中の王監督を勇気づけるという目標のため、凄い結束力で早実が夏初制覇をもぎ取りましたね。王監督も元気よく退院出来るのではないでしょうかね。
史上2校目の夏3連覇も見たかったですが、最後まで引き締まった素晴らしい試合だったようで、昨日の熱戦の流れをそのまま持ち越した両校に心から称賛の拍手を送りたいと思います。
リアルタイムで見てたら、もっと興奮していただろうなぁと思います。ちょっと悔しいです。

投稿: メークイン男爵 | 2006年8月21日 (月) 21時29分

私も最後の盛り上がりの部分は仕事で見られませんでした。
ロキからのメールで結果を知ることに…

引き分け再試合をしたのは早実だったのね。
ほかよりも多く試合をした事になり、気の毒・・・

男爵くんのご両親と私は同じ時代に生きているんだね。(汗;)
いかん!その子供と遊んでは・・・(爆)
でもロキの友達は私の友達状態ですから、あきれずに付き合ってやってください。(苦笑)

投稿: 笑 | 2006年8月22日 (火) 07時58分

ロキくんと歳が近い訳ですから、きっと笑さんとうちの両親は同じくらいでしょうね。
私は逆に父からのメールで結果を知りました。

こちらこそ!

投稿: メークイン男爵 | 2006年8月23日 (水) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱闘甲子園~第88回大会決勝~:

« HH観戦記2006 vol.13 | トップページ | ベルトの穴で見るウェスト減 »