« HH観戦記2006 vol.14 | トップページ | オニヤンマ級のギンヤンマ »

2006年8月24日 (木)

胃の内視鏡検査

※今日の内容は、人によっては気分が悪くなるかもしれないので、
 大丈夫そうな方のみお読み下さいませ。


今日は胃の内視鏡(胃カメラ)検査を受けてきました。
前に職場の健康診断で要精密検査項目となっていたのを、
面倒でずっと放置していたのですが、
今回どうしても検査する必要に迫られたので受けました。

経験者から、「物凄い吐き気がする」などとちらっと聞いていて、
嫌だなと思ったのですが、あまり硬くならないよう、
あまり余計なことは考えずに自然体で臨もうと思いました。

最初に、観察し易くするための白い液体を注射器で飲まされ、
続いて、咽喉の麻酔入りゼリーをやはり注射器で口に含まされ、
喉の奥の方に5分留めておいて下さいと言われました。
口の中に5分間物を含み続けるだけだって大変なのに、
飲み込みそうになるかならないかの際疾(きわど)い喉の奥に、
5分も溜めておくのはかなりの苦痛です。
普通にしていると舌の上から奥へ移動してくれないので、
上を向いて喉の奥の方へゼリーが流れるようにしていました。
そのうち、麻酔が効いてきたのか、
舌や咽喉周辺が痺れてきて、痛みに近い痺れになってきた後、
徐々に感覚がなくなっていきました。
5分がだいぶ長く感じられ、
「辛い場合は飲み込んでも構いません」と注意書きがあったので、
何度か諦めそうになって飲み込もうかと思いましたが、
何とか我慢の限界寸前で耐えました。

さて、次にベッドに横に寝かされると、
肩に胃の活動を弱めるための注射をされました。
そうしてまもなく先生が現れ、内視鏡を取り出しました。
赤ちゃんのおしゃぶりのような物を咥えさせられ、
おしゃぶりの中央が穴になっていて、
そこから内視鏡が入れられていきました。
既に咽喉は麻酔が効いて感覚を失っていましたが、
明らかに何かが侵入してくるのだけは分かりました。

食道辺りをカメラが通過した頃でしょうか、
物凄い吐き気が襲ってきましたが、
口から胃にかけてカメラが入っていることで
体内部から体を束縛されたようで、全く抵抗も出来ず、
目を瞑ってただ吐き気を堪えるしかありませんでした。
意識的に肩の力を抜こうとしたり、
目を瞑って何も考えないようにしていましたが、
「自分の体の中を見る機会なんて滅多にないから」と思い立ち、
勇気を振り絞って私もモニターを見てみました。

するとそこには、まるでテレビなどで見るような、
綺麗なピンク色の内壁面が映っていました。
ひだ状の部分があったりして、鮮明な映像でした。
でも、口の中から胃にかけて
何かを押し込まれている感覚がその間もずっと拭えず、
「早くこいつを抜き取ってくれ~!」と心の中で叫んでいました。

やっと抜き始めた時には
「これでやっと楽になれる」と本当にほっとしたものです。
異物(胃カメラ)が抜かれていくにつれ、
何とも言えない変な感覚はどんどんなくなっていきました。

麻酔が効いているせいもありましたが、
舌が痺れてあまり口を動かす気になれず、
最低限のことしか話せませんでしたが、
「特に異状はないですね。本当に綺麗な胃ですね。
まだ若いですしね。異状は全くないですね。
本当、教科書に載っているような綺麗な胃ですよ。
何で(精密検査項目に)引っ掛かったんだろうね。」
という言葉を聞いて凄く安心しました。
まぁ内臓のことは自分では見えませんが、
褒められればそりゃ嬉しいですよ。

こんな感じで、僅か20分程度で検査は終了してしまいました。
まだまだ朝早かったので、さてこれからどんなことをしようかなと
いろいろ考えてみたのですが、
部屋を掃除しようと思ったっきり実行に移さず、
結局だらだらと平日の休みを過ごしてしまいました。
案外そんなもんなんですよ、突然休み貰っても。


それと、今日はつくばエクスプレス(TX)が開業して丁度1年で、
各駅で記念のパスネットセットを限定販売するという情報を
ちょっと前に新聞で見てから、買いに行きたかったのですが、
今日の検査予約を入れていたため行けず、
やむなく親にお願いして買ってきて貰いました。
Stx0024





あと、おまけですが、
気付いたら稲穂が付いてきていたイネと、
猫じゃらしを撮ってみました。
気持ち悪い話の最後は爽やかな秋色で口直しを!
Stx0011Stx0001 

|

« HH観戦記2006 vol.14 | トップページ | オニヤンマ級のギンヤンマ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

「異常が無くて幸いでした。」
“胃カメラ”(内視鏡)は、ちょっとねぇ・・・。
これから、頑張ってくんなまし~。

投稿: 為五郎 | 2006年8月24日 (木) 23時53分

ありがとうございます。
ご心配お掛けしましたm(_ _)m
「上手ですねぇ」と絶賛されていました。
カメラの動きを邪魔しなかったということを言われているんだと思いますが、中には暴れる(のたうち回る)人も居るんですかね。じっとしているのは少なくとも酷ですよね。

投稿: メークイン男爵 | 2006年8月25日 (金) 00時37分

私は死んでも胃カメラはいや!
男爵くんの詳細な説明を読んで、ますますそう思いました。
異常がなくて、私も嬉しかった!

パスネットは親御さんに頼んだんですか?
いい親御さんですね。
もしかすると、私みたいにノリがいい?

稲穂の季節ですね。
そうそうネコじゃらし・・・
ときどきムシって、クルクル回しながら歩きます。
もちろん誰もいないところでですよ。(爆)

投稿: 笑 | 2006年8月25日 (金) 07時27分

親は私ほどノリが良い訳ではないんですが、
仕事のついでに行っても良いよと言ってくれたのでお願いしました。あまり親を使ってはいけないと思っているので、本音としては気が引けていましたが。やむを得ないです。
案の定午前中(思ったよりは持ったなと思いますが)のうちに全駅で売り切れてしまったみたいですしね。

思えば、去年の開業日は、まだつくばまで車で運転出来る程の度胸がなかったので、両親をけしかけてわざわざ仕事帰りの夜10時半頃につくば駅まで行って、TXに乗りに行きました。今なら一人でも行けますがね。

何となく猫じゃらしが見事だったもんで、撮ってみました。小さい頃はよくむしってました。それで、誰かに一杯投げ付けて「わぁ、毛虫!」とか言って脅かすのが流行ったような…。本物だったらと思うとゾッとします。

投稿: メークイン男爵 | 2006年8月27日 (日) 00時46分

去年のTX開業日!
私は足を痛めていて、階段を下りるのが大変だったのに、ロキがどんどん行ってしまい、あとでエレヴェーターを見つけたときには、このー!って感じでした。
あの日ははるばる電車とバスを乗り継いでつくばまで行き(ロキは自動車学校に通っている最中だった)、行列に並んでTXに乗り、帰りは常磐線の特別快速で帰ってきました。
おう、もう1年・・・早いなあ・・・

男爵くんのご両親て、とってもよい方に見えるんですけど・・・
ぜひ、ホーリーホックの試合にお誘いしてね。
ごじゃっぺ&いがっぺも親子3代の交流ができるか!
3代目は男爵くんががんばるんだよ。(笑)
あ、ロキもだ!

投稿: 笑 | 2006年8月27日 (日) 07時02分

早いですよね。やっぱり笑さんたちも行かれたんですね。
つくば以北の常磐線沿いの住民にはなかなか行きにくいですが、気にはなりますよね。

うちの両親は普通です。特に母は、茨城狂の僕を冷めた目で見ているくらいなので、ホーリーホックの応援に通い詰める僕は「狂ってる」扱いされます。まぁ最近は、あまりに行きまくっているので、そんなに言わなくなりましたが。

じゃがJr.はまだ先でしょうが。

投稿: メークイン男爵 | 2006年8月27日 (日) 19時12分

私の母もあきれた顔で私を見ています。(苦笑)
狂ってるか・・・(爆)
男爵くんB型、私A型・・・血液型は関係ないんだね。(汗;)

投稿: 笑 | 2006年8月27日 (日) 19時32分

昔、神経性胃炎でかなり苦しめられたけど胃カメラはどうにか経験しないで済みました

このまま経験せずに済ませたいです

検査結果、何もなくて良かったです
ホーリーホックの応援で、上手く発散出来ている御利益でしょうか(^m^)

投稿: №48 | 2006年8月27日 (日) 20時35分

>笑さん
僕はあまり「B型っぽい」って言われたことはないですねぇ。
傾向にぴったり嵌まる方がいらっしゃるのも事実でしょうけど、そういう意味では僕はあまり血液型の傾向には嵌まっていないみたいなので。

>№48さん
ありがとうございます。
まぁやらないで済むに越したことはないでしょうね。やった方が確実ではあると思いますが、頻繁にやるもんじゃないです。
神経性胃炎ですか。きつそうですね。

応援って、勝っても負けてもストレスが溜まるらしいですね。W杯の時にテレビでやってましたが。まぁ勝てばスカッとしますが、疲れも感じていてその通りだなと思います。
とりあえず、何もなくて良かったです。

投稿: メークイン男爵 | 2006年8月27日 (日) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 胃の内視鏡検査:

« HH観戦記2006 vol.14 | トップページ | オニヤンマ級のギンヤンマ »