« 幻のブログ | トップページ | 料理来るの遅いよ。 »

2006年9月 9日 (土)

HH観戦記2006 vol.15

土曜に仕事も用事もないってのは良いもんです。
久し振りに「花金」という気分に浸っていた昨夜でした。
しかし、風呂に入る前に寝入ってしまい、
パソコンが唸り、体べたべたの明け方を迎え、
折角朝遅くまでぐっすり寝ようと思っていたのに、
何だかすっきりしない睡眠になってしまいました。

さて、寝直した後、昼頃に再び起きてみると、
何やら荷物が届いていました。
こ、ここ、こりは~~~!!
今、巷で話題沸騰の「茨城王Tシャツ」ではありませんか~!
現時点では制作枚数が少ない大変稀少なものであるため、
運良く注文予約出来た私は幸せ者です。
そして、こんなに早く手元に届くとは、流石aoki社長です。

今日はそんな寝起きからビッグプレゼントありのスタートで、
時間を味わいながらのんびりと過ごしていました。
そして、今日のホーリーホックのホーム戦にも、
十分余裕を持って向かいました。
今日で11試合連続、今季15試合目のホーム戦観戦です。

17時半開場の19時04分キックオフなのに、
17時過ぎには着いてしまいました。
前回、久し振りに試合開始に余裕を持って着いたのに続き、
今日は久し振りに開場前に着き、
既に開場を待つサポーターが、
100人くらい並んでいる光景も見られました。
「こんな早い時間から並ぶファンが居るんだから、
ちゃんとこの期待に応えてくれよ」と念を送りました。

早速今日届いたばかりの茨城王Tシャツを着ていきましたが、
当然レプリカユニホームの下に隠れて見えませんでした。
5連敗を脱した前回のホーム戦観戦時の験を担いで、
今日も昨年のレプリカユニホームを着ていきました。
私の後ろにも着実に並ぶサポーターが増えていき、
ようやく開場の時刻を迎えました。

前回の方が入場時刻は遅かった筈なのに、
辺りはすっかり薄暗くなってきていました。
つくづく日が短くなったなと感じました。
今日は過去1度しか座ったことのない応援団の2列横に陣取り、
チーム「ごじゃっぺ&いがっぺ」のメンバーを待つことに。
因みに、応援団の威圧感が強くて(勝手にそう感じているだけ)、
これ以上近寄るのには更なる勇気が必要です。

悲願の観戦初勝利を目指すGODAIさん、
それに為五郎さんがまず駆け付け、
後から水戸っぽ黄門さんが合流しました。
私とGODAIさんが先に選手のサイン会に出掛けました。
今日は若きFW岩舘選手とGK原田選手。
写真で見るより頼もしい日焼け顔の二人でした。
丁度そこへじょんじょんさんが駆け付け、
本日のメンバー5人が揃いました。

ここで、私はサイン会テント脇の、
グッズ売り場テントをちらっと覗き込んでみたところ、
何と7月2日(日)に100着限定で販売だった筈の
10周年(※)記念Tシャツが何着か売られていたのです。
その時は高かったし、後で買えば良いかなと思ったのですが、
限定販売だったことを後で知り、その後全く見掛けなかったので、
「買っておけば良かったかな」と少し後悔したグッズだっただけに
「何でこんな所に売ってるんじゃー!」という驚きと共に、
俄かに買うべきかどうか迷いが生じてしまったのです。
結局、自分でも最近はすっかり狂ってきたなと思うのですが、
やっぱり買ってしまいました(本当に100着限定だよね??)。

もうすっかり暗くなってきた頃、試合が始まりました。
今日の応援団は試合開始前から一味違いました。
一体そのニューアイテム(パラソル)はどうしたんだ?
東京ヤクルトスワローズ?
060909vs040




そして、今日は妙に攻撃的な応援でした。
前回アウェイでの不甲斐ない試合を受けてのものか、
選手のプレー一つ一つに、叱咤激励の嵐でした。
まぁそれだけ、ファンも一丸となって、
勝利を期待しているということの表れなのです。
言うなれば、愛の鞭ってやつです。

今日はMFの小椋選手と秦選手が復帰したので、
それだけで「勝てる」と勝手に断言しました。
更に観客数でも相手に圧倒的勝利でした。
(いえ、遠方より遙々応援に駆け付ける相手サポーターには、
勝ち負けを超えて、いつも敬服しています)。
更に前回の惨敗も発奮材料に変えてくれなければ
プロ失格なので、今日は勝つと信じていました。

開始早々の前半13分、
何と相手選手がこの日2枚目のイエローを貰い退場に。
こんなに早い時間帯に数的優位に立ち、
勝利への更なる追い風が俄かに吹き始めました。
その5分後、何度かチャンスを逃していたCKがまたも弾かれ、
これもゴールに結び付かなかったなと思った次の瞬間でした。
こぼれ球が丁度後ろで守っていた吉本選手の前に飛び、
思い切り低い弾道で振り抜いたシュートが
鮮やかにゴールネットに突き刺さったのでした。
060909vs087





060909vs087_2





(▲ボールがネットに突き刺さった瞬間とその拡大写真) 


この先制点で、今日は行けると思いました。
何しろ、この早い時間帯で11対10の戦いなのです。
しかし、油断は禁物です。
意外に、数的不利に立たされたチームの方が、
却(かえ)ってまとまりが出て締まった試合をするものです。
必ずしも、数的優位になったからと言って、
完勝を収めているチームばかりではないどころか、
逆に足下を掬われるチームだって少なくないのです。

とは言え、もっと積極的に攻めて欲しいなと思いました。
パスミスなどで攻撃の芽を潰すなどして決め手に欠き、
追加点が奪えないまま前半が終了してしまいました。
油断せず大事に行こうという気持ちは分かりますが、
逆に一瞬にしてゴールを脅かされる場面も度々あり、
とても数的優位に立っている試合には見えませんでした。

後半に入ってからも相変わらず、決め手に欠きました。
今日誕生日で、初先発を任された塩沢選手が、
後半開始早々ゴールのほぼ正面で1対1になり、
バースデーゴールが決まったかと思われたシュートが
バーの下っ面に弾かれて決まらず、
その後も何度か好機を作った後に訪れた、
桑原選手のゴール右手前の好位置からの1対1のシュートも
上に大きく外れていきました。
力まずに落ち着いて決めてくれれば入った絶好機を2度も逃し、
いよいよ時間ばかりが過ぎていきました。

私のデジカメは、そんな好機を逃し続ける姿ばかりを
追い過ぎた反動で予備電池まで切れてしまい、
それからはカメラなしの観戦を余儀なくされました。
「早く(追加点を)決めてくれないから…」。

試合に勝っても、これでは物足りなさばかりが残ってしまいそうな
そんな展開で終盤を迎えた時のことでした。
中盤のMFから前線のFWへのパスが繋がっても、
その先で相手の守備に悉(ことごと)く潰されていたパターンが、
ここでようやく繋がり、アンデルソン選手が一人交わすと、
ゴール正面でGKと1対1になりました。
「アンジー(アンデルソン選手の愛称)そのまま押し込めー!」
と叫び終わるか終わらないかくらいのタイミングで
左の方へようやくの追加点となるゴールが決まりました。
ようやくです、後半41分にやっと奪いました。
そしてそのまま、何とか2-0で逃げ切りました。

全力でプレーする相手には失礼ですが、
今日の状況を考えれば3-0でも物足りない試合です。
試合後の各選手のコメントを見ると、
「慌てず丁寧に行こうと思った」
「無失点に抑えられたのが良かった」
「もっと積極的に点を取らなければいけない試合で、
そういう点で不満の残る内容」などの意見が大半で、
ほぼ私が感じたのと同じような感想でした。
大事にリードを守るのと積極的な攻めを展開するのは紙一重。
作戦なのかもしれないなとは見ていて思ったのですが、
如何せん攻撃の精度に欠けるチームなので、
もっと強い相手だったら、
こういう安泰な試合運びはさせて貰えなかったかもしれないので、
リスクを冒すよりはましかもしれないとは言え、
もう少し前で相手に圧力を掛けるような戦いを
展開していっても良かったかなと思いました。

まぁ、それでも、今大事なのは、
少しでも多くの勝ち点(特に3点)を取って、
上位に食い込んでいくことなので、
無失点に抑えたことと合わせてこの勝利は評価したいと思います。
(とまぁ、素人が偉そうな口を利いていますが許してたぼれ。)


※FC水戸としては1994年創設(ロゴマークにも“SINCE 1994”とある)だが、
 水戸ホーリーホック設立の1997年から数えて10周年という意味かと思われる。

|

« 幻のブログ | トップページ | 料理来るの遅いよ。 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

「予備電の男」
さすがだよ~男爵!と思ったのもつかの間・・・
予備電池も切れてしまうところが男爵の魅力。
しかし、私はここで勝利を確信致しました。
ふふふふ。
こう言うアクシデントがないと今までの負け負けスパイラルは立ち切れない。
今度もアクシデント期待してますよ 男爵!!

投稿: じょんじょん | 2006年9月10日 (日) 16時08分

今回は間違いなく両方充電したので、
多分今回のようなことはないと思います。
(肝心な時に使えなきゃ予備の意味がない)。

お腹が痛くなったり、いろいろアクシデントに見舞われての勝利。いつも通りじゃないことが験担ぎになっているんですよね、不思議なもので。
調子に乗って、次回も旧レプリカユニホームを着ていきます。

投稿: メークイン男爵 | 2006年9月10日 (日) 21時36分

こんばんは。
昨日は、お疲れさまでした。
「デジカメ」の電池の“充電切れ”にはびっくりしましたよ。
少し、余計に持っていた方が・・・。
私のデジカメは、「アルカリ電池」式・・。
(結構、電池の喰いが大きいので、余分に電池を持っています。)
あと、気温の変化が大きいので、「風邪」をひかないようにして下さい。

投稿: 為五郎 | 2006年9月10日 (日) 22時41分

お疲れ様でした。
自分では充電したつもりだったんですが、
もしかしたら充電していないかもしれないとも思い、
出発前に考えたのですが、まぁ予備まで使わなくても足りるかなと思い、「切れたら切れたで諦めよう」と強行突破したのですが、本当に切れてしまいました。しかも、あの持ちの悪さは、恐らく充電してませんでしたね。
まぁちゃんと充電しておけば、1試合くらい全然問題ないはずなので今後は気を付けます。

そうですね、暑い日と涼しい日が交互に来ていますからね。為五郎さんもお気を付け下さい。

投稿: メークイン男爵 | 2006年9月10日 (日) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HH観戦記2006 vol.15:

« 幻のブログ | トップページ | 料理来るの遅いよ。 »