« HH観戦記2006 vol.16 | トップページ | 新聞創刊115周年DVD »

2006年9月17日 (日)

ここに来て野球の話題満載

1週間近く前になろうかと思いますが、
プロ野球パ・リーグの西武ライオンズが
リーグ優勝をプレーオフで決める最後の年となる今季は、
1位でプレーオフ進出することしか目標にないというようなことが
新聞のスポーツ面の特集に書かれていました。
確かにプレーオフ制度が導入された一昨年と昨年は、
いずれもシーズン2位だった西武と千葉ロッテマリーンズが
同1位の福岡ダイエーホークス(昨年からソフトバンク)を
プレーオフの末に下してリーグ優勝を飾り、
制度そのものに疑問を投げ掛ける声も多数あったようです。
だからこそ、堂々と1位でプレーオフに臨み、
更にそこでも勝ち抜く完璧な優勝を狙っているのでしょう。
そうすれば、周囲の雑音などありませんからね。
勿論、1位チームに与えられるプレーオフでのアドバンテージも
目標とする理由の一つにはあるとは思いますが。

ところで、1ヶ月程前のパ・リーグの順位表では、
確か、西武と福岡ソフトバンクホークスの2強が突出し、
プレーオフ出場権が与えられる残る1枠(3位)を目指し、
北海道日本ハムファイターズとロッテが争うというような
構図だったように記憶しています。
少なくとも感覚的にはそんな感じがしました。

それが数日前、改めて順位表を見て驚きました。
日ハムがソフトバンクを捕らえ、
西武にも肉薄しているではありませんか。
新庄選手を中心に話題を振りまく日ハムですが、
J2リーグとセ・リーグばかりに気を取られて
この所あまりパ・リーグの順位を確認しないでいるうちに、
いつの間にか首位の座を奪える位置まで
着実に忍び寄っていたのです。
特に北海道に移転してから
応援したくなるチームではありましたが、
シーズン1位争いが三つ巴戦となり混沌としていたのですね。
これは最後まで行方が楽しみです。

また、シアトル・マリナーズのイチロー選手が
新人からの年間200本安打を6年連続で達成したというニュース、
それと、中日ドラゴンズの山本昌投手が
41歳でノーヒットノーランを達成したというニュースも、
元々野球を観るのが好きだった私をぞくぞくさせてくれました。
イチロー選手は、6年連続の100得点も掛かっているようで、
あまり騒がれていませんが、こちらも達成して欲しいものです。
重圧が掛かる中での達成は決して一言で片付けられる程
簡単なものではないと思います、本当に素晴らしいと思います。
そんな訳で、男も惚れてしまう格好良いイチロー選手は
相も変わらず僕の一番好きな野球選手です。

|

« HH観戦記2006 vol.16 | トップページ | 新聞創刊115周年DVD »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

男爵は野球好きなのね。
スポーツ観戦が好きというのか…。

イチローはメジャーにいる内に観たいです。
シアトルでシーフードとコーヒー食べながらね。

投稿: じょんじょん | 2006年9月18日 (月) 20時05分

日ハムには、私が北海道で力を与えてきた。
・・・ならいいのですが、もどってきたらそうなっていたので、ビックリです。

ちなみに新庄選手、国会議員なんかにならないでほしい!
どうせならタレントさんに!
素敵なんだもん・・・いつも見ていたい・・・なんて。(爆)

投稿: 笑 | 2006年9月18日 (月) 20時11分

>じょんじょんさん
やはりじょんじょんさんは、発想がオシャレですね。
シアトル…行ったことないですが、本場で見てくるというのは良いかもしれませんね。あんまり考えたことなかったですが。
野球とかも語り出すと結構熱くなる方です。スポーツは好きですね。

>笑さん
今日遂に日ハムが首位に返り咲きましたね。上位3チームはいずれも5,6試合を残すのみで、1ゲーム差の中に犇めくレースは最後まで分かりません。熾烈しぎます。
日本に戻ってきてからの新庄選手は前にも増して自分らしさを見せていますね。そういう彼らしさを発揮できる仕事が良いでしょうね。

投稿: メークイン男爵 | 2006年9月19日 (火) 01時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ここに来て野球の話題満載:

» 山本昌 [気になる言葉]
山本昌(やまもとまさ、「山本」と「昌」の間は区切らない。1965年8月11日 - )は、神奈川県茅ヶ崎市出身(東京都大田区で出生)の昭和末期から平成期(1980年代後半〜)のプロ野球選手(投手)、中日ドラゴンズ所属。背番号は34。 [続きを読む]

受信: 2006年9月20日 (水) 19時21分

» MLB=イチローが6年連続100得点、松井稼は2安打 [スポーツニュース]
米大リーグ(MLB)は21日、各地で10試合を行い、マリナーズのイチロー外野手は敵地でのホワイトソックス戦に1番・中堅で先発出場し、4打数1安打2得点を記録。6年連続のシーズン100得点を達成した。城島健司捕手は、3番で先発出場して1打点を挙げた。 一方のホワイトソックスの井口資仁内野手は2番・二塁で先発出場したが、4打数無安打だった。試合はマリナーズがホワイトソックスに9―0で完勝した。... [続きを読む]

受信: 2006年9月22日 (金) 21時35分

« HH観戦記2006 vol.16 | トップページ | 新聞創刊115周年DVD »