« 韓流ドラマ | トップページ | 情報化社会 »

2006年9月23日 (土)

HH観戦記2006 vol.17

今日で9月は土曜3週連続のホーリーホックのホーム戦。
今年はホーリーホック観戦に積極的に行くようになった為、
プライベートな用事と観戦スケジュールを中心に
週末の休みを調整するような生活を強いられ、
なかなか連休で丸々何も予定がないという週がなく、
ちょっとした遠出も出来ない状態が続いております。
かと言って、試合がある日に自ら別の予定を立てて、
みすみす観戦に行ける状況を潰すのも気が引けるので、
観戦を最優先してしまう熱狂的なファンになりつつあります。
去年までの自分ではあまり考えられなかったことなので、
いつの間にか変化している自分に驚かされます。

ということで、9月は土曜日が3連発で試合のため、
あまり自由に動けていません。
そこまでして観戦に行っているので
期待に応えて欲しいところですが、
先月辺りから調子をガクッと落とし、
あまり勝ちゲームを見せて貰っていません。
今日のゲームが終わるとまたホーム戦は
間が飛び飛びになってしまうので、
何としても今日は勝って欲しいところ。
いや、今年新参者の格下相手に負けるなど、
許される筈がありません(相手には失礼ながら)。

今日はロキくん&笑さんに家まで迎えに来て頂き、
GODAIさんと共に4人で笠松へ向かいました。
為五郎さんと水戸っぽ黄門さん一家と合流し、
じょんじょんさんが駆け付けたところで9人集結。
私は13試合連続17試合目(今季)のホーム戦観戦です。

試合開始前に恒例となっている
選手のサインボール投げ込みがあり、私たちも構えました。
私は危なくそれを忘れていて、
先にサイン会(試合開始直前までやっているので
慌てて行く必要はない)に行きそうになりましたが、
引き留めて貰った甲斐がありました。
何と、岡本選手が空高く放った2球目が
私の構える方向へ良い感じで飛んできたのです。
そう、例えるなら野球で二塁を守る私の所へ、
セカンドフライがやや一塁寄りに上がったという感じです。
やや左寄りに流れたものの、落下点圏内にいた私は、
少し左にススススッと移動し、
大きな弧を描いて落下してくるボールの軌道を見定め、
左腕を目一杯伸ばして見事一発でキャッチ!!
慌てずに“セカンドフライ”を捕ることが出来ました。
Svs0015_1





その後ちょっとウキウキしながら選手のサイン会に赴きました。
今日は警告累積による出場停止の
MF桑原選手とFW西野選手でした。
ほとんどの試合に出ている2人だけに、
サイン会に出てくれるのはかなり貴重なこと
(参加選手はベンチ入りもしていないメンバーに限る為)で、
それは嬉しかったのですが、
この主要2選手を欠いたメンバーでは、
格下相手とは言え、勝てるのかどうか不安でした。

前半の出出しは前回と同じように、
比較的積極的な動きが目立ちました。
予想通り出場停止の西野選手に代わって
前回J初得点を挙げた岩舘選手がスタメン出場し、
全体的な動きも今日は良かったような気がしました。
しかし、相変わらずの拙攻続きで、
何度も攻め上がるものの決定機には結び付かず、
両者無得点のまま前半も終盤に差し掛かりました。
このままハーフタイムかと思われた時、
またも中途半端な動きから先制を許してしまいました。
前半41分、一瞬守りが手薄になった所に、
中途半端なクリアとキーパーの半端な飛び出しが重なり、
ヘディングで押し込まれてしまったのでした。

まだ、1点。
落ち着いて攻めればまだまだ十分逆転出来る…。
しかし、何となくちぐはぐしていた攻守のバランスは
後半に入ってより一層乱れが顕著になり、
相手ゴールを脅かすような良い形をあまり作れず、
それでも何度かチャンスはありましたが、
ゴールには結び付きませんでした。
ボール回しも中盤まではある程度うまく行っても、
前線に行くとほとんど相手の手に渡っていました。
水戸の悪いところばかりが出ていました。
守備もひやりとする場面が度々あり、
攻め手に欠き、攻めても攻めても跳ね返される様は、
まるで去年のホーリーホックを見ているかのようでした。

サインボールをくれた岡本選手が投入されるも
ちぐはぐなサッカーの流れを変えることは出来ず、
時間ばかりが無情に過ぎていき、
結局痛恨の敗戦を喫してしまいました。
引き分けでも納得出来ない相手に、全く良い所なしでした。

最近の観客の応援には、応援に混じって、
何となく弱気で覇気のないチームに
叱咤する怒声が飛び交っています。
目標を失い、雰囲気も良くない中で、
チームとしての結束を見失いつつあるのかもしれません。
しかし、こうしてホーリーホックの躍進を信じて、
毎試合なり都合がつく時なりに競技場に足を運ぶ
我々の期待に応えてくれないことには、
応援し甲斐がないというものです。
(勿論、競技場に来られないファンなども全て含めてです)。

今日勝てなかったことで、
もっと厳しい相手やアウェイでの戦いが多くなる今後は、
勝ちを期待するのが更に難しくなるというものですが、
最後まで気持ちを切らさず貪欲に勝利を目指して欲しいです。

|

« 韓流ドラマ | トップページ | 情報化社会 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

昨日の試合は歯がゆかったですね。
点を入れそうで入れてくれないホーリーホック!
何でいつも同じパターンばかり・・・と思わせられてしまいます。(涙)
同じく熱狂的ファンになってしまった私は、昨日やけ酒を飲んで(結構飲んでしまった・・・)今日は一日ぶったおれていようと思います。
今日お仕事の男爵くん、お疲れ様!

サインボールのゲット、おめでとう!
やっぱり大ファンのところに、ボールって飛んでいくんですね。(笑)
帰りは片目運転だったため、川に落ちるかと思いました。(汗;)
私の体重が重かったからかな?
男爵くんが左側に乗っていたら、絶対落ちてたよね。(苦笑)

次のホームは10月14日。
この日には勝ってほしいですよね。
仕事入れないでね。

投稿: 笑 | 2006年9月24日 (日) 07時18分

こんにちは。
よ~く考えれば・・・。
西野&桑原選手がいないと・・・。
とかく、後味の悪い試合でした。

あすは、「水府町」で公開練習の様です。
もの凄く心配になってきました。

そうそう、某所のやつは“冗談ですよ。”。
私、暴れませんから・・・。(笑)

投稿: 為五郎 | 2006年9月24日 (日) 17時14分

為五郎さんが暴れるなんて、誰も思っていませんよ。
一番暴れなさそうな人だもん。
一番暴れるのはきっと私よ。

そう、彼らがサイン会に出ているという豪華さの裏側(表側か)があの試合ですよ。
選手が万全で、それで負けていたら、ホーリーホックは重症よ。
やっぱり他の選手も不安感をもっていたのだと思います。
さあ、30日のアウェイ、どうします?

投稿: 笑 | 2006年9月24日 (日) 18時42分

笑さん、「残念ながら、出勤にされてしまいましたよ。」(涙)
しかも、「夜勤」ときたもんだ。(爆)。

来る、10月14日は「完全休み」ですので。

メークイン男爵さんは?。
どうします?、黄門さん宅まで車で行きます?。


投稿: 為五郎 | 2006年9月24日 (日) 18時55分

>笑さん
昨日はありがとうございました。球は交換しました?僕はまだ球切れを経験していないので多分そうなったら焦ると思います。
笑さんが飲むのは何となく意外な感じがしたのですが、まぁ昨日はもう自棄ですよ。今日一日大丈夫でしたか?
僕は予定より仕事が伸びたため、墓参りに行きそびれました。

>為五郎さん
某所で確認したので大丈夫です。まぁでも、直接乗り込んで懇願して来たい勢いですよね。応援席から声援が届かぬなら直接話し掛けるしかない、とね。

14日は今の所大丈夫ですが、30日は多分プライベートな用事が入ると思います。もし行けそうな時は頑張りますが。

投稿: メークイン男爵 | 2006年9月24日 (日) 19時13分

ご心配いただきありがとうございます。
球切れのほうは、ついでにオイル交換もあったので、イエローハットでしてきました。
やっぱり片目はあぶない、川に落ちかける…(苦笑)
2日酔いはなかったですよ。
疲れだけちょっとありましたけど。
うちはのんべえの家系ですから、飲ませれば飲みます。(汗;ー飲ませなくても飲みますーキッチンドリンカーはしていません。)

30日、為五郎さんは仕事!
それは残念!
よ~し、男爵くんにプライベートな用事が入らないように祈ってしまおう!
フニャラララ…
うん、これで大丈夫!
用事は湘南に移った!(爆)

投稿: 笑 | 2006年9月25日 (月) 07時31分

今後はのんべえ笑さんが期待出来そうですね。あ、いやいや、あくまでマイペースで。
何だかおまじないのような呪文のようなお祈りですね。しかし、用事が入ってしまいました。すみませぬ。移ったはずなんですがね。

投稿: メークイン男爵 | 2006年9月26日 (火) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HH観戦記2006 vol.17:

« 韓流ドラマ | トップページ | 情報化社会 »