« 明日「命名の儀」 | トップページ | 客が客を待つVIPぶり »

2006年9月12日 (火)

“悠仁”さま

昨夜、携帯電話を職場に置き忘れて帰宅してしまいました。
あっても、最近はそんなに活用しているとは言えませんが、
それでもやはり手元にないと何となく不安感はありました。
でも、私の場合は、「依存症」までは行っていないですね。
忘れてきたという事実を素直に受け止め、
ないなりに過ごしました。

唯一気になったのは、
いつもアラーム機能を活用しているので、
目覚ましなしで起きられるのかどうか心配でしたが、
体内時計でちゃんと起きられて良かったです。

出社して仕事が一段落してから確認してみると、
案の定、1件の着信もメール受信もありませんでした。
そんなもんです。

ところで、「悠仁(ひさひと)」さまにお名前が決まりましたね。
相当秋篠宮さまも悩まれたようで、良いお名前だと思います。
私もきっと相当前から悩んで吟味するタイプだと思うので、
その逸話を知ってちょっと親近感を抱きました。

|

« 明日「命名の儀」 | トップページ | 客が客を待つVIPぶり »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

そのころ丁度北海道で、夜、ホテルに入って、まずそれを確認しました。
「悠」の字はオイに私がつけてあげた字。
「やった!」と思いました。
ちょっとのんびりやさんができると思うけど・・・(笑)

ロキが生まれたときのこと。
入院して、陣痛促進剤をいろいろ試してもロキは出てこようとしません。
で、5日目に一時帰宅を許されて、家で名前をつけました。
男だったら・・・女だったら・・・と。
そうしたら、しっかり次の日にロキが生まれてきました。
名前がないまま生まれるのはいやだったんでしょうね。(笑)

赤ちゃんでもいろいろなタイプがありますよ。

携帯・・・私も時々不携帯。

投稿: 笑 | 2006年9月15日 (金) 21時05分

なるほど。面白いエピソードですね。まぁ小さい頃とかの話は、自分じゃどうにも出来ないものですけどね。
ご退院の映像が繰り返し流されていましたが、可愛らしいですね。

投稿: メークイン男爵 | 2006年9月17日 (日) 01時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “悠仁”さま:

« 明日「命名の儀」 | トップページ | 客が客を待つVIPぶり »