« “悠仁”さま | トップページ | 秋雨続き »

2006年9月13日 (水)

客が客を待つVIPぶり

最近髪が伸びてきたので、
平日に休みを貰ったら床屋に行こうと決めていました。
ちょっと伸ばしたい気持ちもないことはないんですが、
耳に髪が触ると気持ち悪いんですよね。
上に掛かってくるのはどうってことないのですが、
襟足辺りの髪が伸びて耳の方に巻いてきて当たってきたり、
耳の真ん中の方まで髪が覆い被さってくると、
落ち着かなくなってきます。
それと、髪の量が増えてくると、
シャンプーの量も多めにしないと全体に行き渡らなくなりますし、
何かと維持するのに手間が増えてくるので、
短い方が自分らしくて落ち着きます。

「昼時に行くのは悪いかな」なんて思って、
14時頃出掛けようとしたのですが、
外は雨がみっちり降っていましたし、肌寒かったので、
「今日はあんまり出掛けたくないような日だな」
なんてゴロゴロしているうちに眠くなってきて、
「寝ちゃいけない」と思いながらも軽く眠ってしまいました。
17時を過ぎてしまい、「今日は行くの面倒だな」と思いましたが、
次いつ行けるかを考えたら、「やはり今日行くべきだ」と思い、
重い腰を上げて床屋に行きました。

まだ仕事帰りには早い時間でしたし、
平日でしかもこの雨降りと来ているので、
案の定お客さんは全然居ませんでした。
こういう時こそ「穴」だと
裏を読んで来る客が居るかなと期待したんですが。
客が居らず、店内を掃除している従業員ばかりが多くて、
その中に1人で突撃していくのはかなり度胸が要りました。
「絶対今暇だよな。こういう時はどう見ても赤字だよな。
本当は休憩してても良いくらいだろうけど、
給与払うからには『客が居ないから休憩にしましょう』
って訳にいかないんだろうな。
こういう時は家族経営の小規模な床屋の方が融通利くよな。」
なんて余計な心配をしてしまい、内心そわそわしていました。

30分くらい客が私のみという状況が続き、
客なのに「誰でも良いからお客さん来て下さい」
と思っていました。
祈りが通じたのかようやく1人来店し、
これでだいぶ気が楽になりました。
更に、顔を蒸しタオルで覆われたりしているうちにもう1人増え、
帰る頃には私も含め5人になっていました。
こういう時に「今日は自分のためだけに開けてくれているのか」
なんて思えるような楽天家か強心臓の持ち主なら良いでしょうが、
残念ながら僕にそこまでの器はないようです。


さっき、ネットでニュースを見ていたんですが、
徳島市内唯一の映画館が近々閉鎖予定だとか。
現在県庁所在地に映画館がないのは群馬県だけらしいですが、
来年シネコンが前橋市にオープン予定らしいので、
こちらは大丈夫でしょう。
自分の住む街に映画館がないなんて
普段は考えたこともなかったですが、
シネコンブームの一方で閉鎖に追い込まれる映画館が
増えていたりもして、
観に行くのが大変な環境の人たちも大勢居るんだなと思い、
私などは恵まれているなと改めて考えさせられました。
そういう環境に居る割には1年に1本観れば良い方ですが。

|
|

« “悠仁”さま | トップページ | 秋雨続き »

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

とうとう髪を切ったのね。
私より短くなった?

男爵くんは「貸切」状態は嫌い?
私なんて、バスがいつも貸切。(爆)
美容院もおばあちゃんがやっているので、いつも貸切ですよ。
案外男の人のほうが気にするのかな?

映画館、石岡もゼロという年月が長かったです。
今はイオンの中にパレットシネマが出来たんだけど、ここも貸切状態なの。
いつなくなっちゃうか、ちょっと心配。

投稿: 笑 | 2006年9月15日 (金) 20時59分

貸し切り状態は嫌いではないんですが、
如何せん、従業員の数と私では比率的にプレッシャーに感じられたもので。しかも、和気藹々とした雰囲気でもないですからね。
僕さえ居なければ堂々と無駄話してたって構わない訳ですし(「あら、お邪魔だったかしら。おーほっほっほっほ」と言えるような図太さがあれば良いのですが)。
「家族経営の床屋なら融通が利く」という一文はそういう雰囲気的なものも含めてます。

県庁所在地以外なら結構多いでしょうね、映画館のない市町村。何となく賑わっていた方が入りやすいですよね。

投稿: メークイン男爵 | 2006年9月17日 (日) 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/722/3427872

この記事へのトラックバック一覧です: 客が客を待つVIPぶり:

« “悠仁”さま | トップページ | 秋雨続き »