« 1日は24時間しかない | トップページ | HH観戦記2006 vol.18 »

2006年10月12日 (木)

日ハム25年ぶりにリーグ制覇

日本ハムが本拠地・札幌でパ・リーグ優勝を決めましたね。
勢いのある日本ハムと底力と安定感のあるソフトバンク。
どちらが先勝するかで流れも変わるなと思いましたが、
結果はダルビッシュ投手の好投で日本ハムに軍配。
レギュラーシーズン1位のアドバンテージの1勝と合わせ、
いきなりリーグ優勝に王手をかけました。
そして、今日の第2戦の先発を任されたのは
新人王当確と言われる八木投手でした。
シーズン中も新人とは思えない程の
堂々としたマウンド裁きや安定感を見せていましたが、
このプレッシャーの掛かる場面で、
しかもソフトバンクのエースで今季投手部門4冠の
斉藤和巳投手との投げ合いと来れば、
果たしてどれだけ平常心で投げられるか少し心配しましたが、
結果はこの大事な試合に於いても堂々たる完封勝ち。
9回裏に決してスマートな勝ち方とは言えない、
気迫と奇跡でもぎ取ったような
劇的なサヨナラ勝ちを呼び込む原動力となりました。
私が生まれる前年以来となる25年ぶりのリーグ優勝を、
一度も相手に隙を与えることなく一気に達成しました。

まぁ考えてみると、
やっと掴んだレギュラーシーズン1位なのですから、
本当はそのまま1位=優勝にさせてあげたいですよ。
そういう意味では、昨年まで2年連続で
シーズン1位ながらプレーオフで敗退したホークスも、
その悔しさを今度は逆の立場で晴らしたかったでしょうけど。
しかも、あと1人で延長戦に入るというところまで無失点で、
最後も打ち取ったような当たりで2塁走者が生還とは、
斉藤投手もチームも相当がっくりしたでしょうね。

これで日本シリーズは中日と日本ハムの対戦になりましたが、
いつもはセ・リーグを応援する私も、
今年は球団として日本ハムを応援したいと思います。
中日は一筋縄で倒せる相手ではないですけどね。
最後まで良い戦いを期待したいと思います。

|

« 1日は24時間しかない | トップページ | HH観戦記2006 vol.18 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

北海道について熱く語れる場を探していました。
ここで語っちゃいます。

北海道は本州と離れていて、未だに船や飛行機、電車に乗らなければここを出ることが出来ません。
しかも、1年のうち半分は寒い気候の中で暮らすわけです。
広い大地に住みながら、ちょっと日本離れしている!そういう気持ちを持っていたのではないでしょうか。
だから、彼らは北海道に対する思いが非常に強い。
我々が茨城を思うのの何倍も強い!
ましてや、他の都府県に比べると…

先日北海道で、札幌コンサドーレとの試合に行って驚いたのは、駅から普通のサラリーマン、OLたちがお弁当を持って、競技場に向かって歩いていく姿!
自分達の日常になってしまっているわけです。
だから競技場のほとんどが、彼らで埋め尽くされます。

今回の北海道日ハムも、北海道全体が応援し、期待していたように見受けられます。
日ハムが北海道に来るまでは、ジャイアンツのファンが多かったという北海道が、今では4割超え、5割近くが日ハムのファンと聞きます。
今回の優勝は、北海道全体で勝ち取った優勝なのでしょう。

日本シリーズで優勝すれば、北海道は暖かい冬を迎えられます。
がんばれ!北海道日ハム!

長々失礼しました。

投稿: 笑 | 2006年10月13日 (金) 09時35分

普通にブログの一記事としてもそのままいけそうな長文ご苦労様です。熱いですねぇ。
確かに、彼らの結束力は凄いですよね。駒大苫小牧もここ数年、高校野球を大いに沸かせてくれていますし、日ハムが北海道に移転して僅か3年でのリーグ優勝という快挙ですもんね。熱いですね、北海道。地元住民が何かのスポーツに熱狂できる環境って良いですね。是非今年はこの勢いで日本一を!

投稿: メークイン男爵 | 2006年10月13日 (金) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日ハム25年ぶりにリーグ制覇:

» 4連勝で北海道日本ハムファイターズが日本一に [田中幸雄]
日本ハムを率いて4年目、トレイ・ヒルマン監督が、北海道に初めて日本一球団を誕生させた。ナゴヤドームでの初戦こそ落としたが、その後は4連勝。勝利監督インタビューでは、代名詞となったシンジラレナ〜イを叫んで喝采を浴びた。外国人監督のシリーズ制覇は、昨年のロッテ・バレンタイン監督に次いで2年連続2人目となった。... [続きを読む]

受信: 2006年11月 8日 (水) 14時04分

» 4連勝で北海道日本ハムファイターズが日本一に [田中幸雄名球会への道]
日本ハムを率いて4年目、トレイ・ヒルマン監督(43)が、北海道に初めて日本一球団を誕生させた。ナゴヤドームでの初戦こそ落としたが、その後は4連勝。勝利監督インタビューでは、代名詞となった「シンジラレナ~イ」を叫んで喝采を浴びた。外国人監督のシリーズ制覇は、昨年のロッテ・バレンタイン監督に次いで2年連続2人目となった。 ... [続きを読む]

受信: 2006年11月 9日 (木) 22時47分

« 1日は24時間しかない | トップページ | HH観戦記2006 vol.18 »