« 変わらなきゃ。 | トップページ | オセロ発祥の地・水戸 »

2006年10月 6日 (金)

嵐の夜明け

今朝は、布団の中で憂鬱になっていました。
だって、窓に叩き付ける雨風の凄まじいこと。
何だって全く、台風の暴風域にでも巻き込まれたのか
というくらいの激しい暴れっぷりじゃないですか。
「今日は仕事行きたくな~い」というのが正直な気持ちでした。
「何で今日は朝から嵐なんだー!」と。
でもそうは言っても行かない訳にもいかないので、
渋々出動しました。

ただでさえ激しい雨で視界が悪いのに、
窓ガラスが全面曇って余計見辛くなるし、
朝なのに薄暗いからスモールランプ点けないと見えないし、
路面が濡れていて滑り易くなっているし、
水溜まりにハンドル取られそうになるし、
強烈な横風に車が流されそうになるしで、
全くこんな天候の中の運転じゃ生きた心地しませんよ。

でもね、よく考えてみると、
まだ車に乗っている人はましですよね。
徒歩や自転車で通勤・通学している人たちのことを考えたら、
いくら視界が悪いとか何とか言っていても、
雨風は完全に防ぎながら移動出来る訳ですからね。

「傘差していてもほとんど意味がないのでは?」
と思うくらい横殴りの雨に為す術なくびしょ濡れになり、
あるいは傘が強風に煽られて翻されたり骨を折られたりし、
冷たく強い風が頬に殴り掛かってくる辛さ。
靴もしっかり水分を含んで靴下まで完全に濡れ、
雨が当たってズボンの足首周りや前面もびしょ濡れ、
冷たさと重さのコラボレーションによって生み出された
気持ち悪さを引き摺るようにして進まなければならない厳しさ。
まず、こんな天気の時は誰だって外に出たくないでしょうが、
それでも飛び込んでゆかねばならぬ人たちは居るのです。

ですが、やはり、
信号待ちの時に車が暴風に揺らされた時は、
「勘弁して~」ってちょっと泣きそうでした。

そして、今夜はパソコンをつけるのも躊躇いました。
家が壊れるんじゃないかという程の
凄まじさなんですもん。
おっかなくて、起きてるのも怖いくらいです。
早くましなレベルに落ち着いて欲しいものです。


|

« 変わらなきゃ。 | トップページ | オセロ発祥の地・水戸 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いや~、本当にこわいぐらいの天気でしたね。
朝まで吹き荒れていましたもん。
天気のせいか、風邪のせいか、お腹まで痛くなって、泣きっ面に蜂でした。(汗;)

ロキは大学には電車&バスで行ったのですが、帰り、水戸駅で1時間待たされ、やっと帰ってきました。
この日は夕方にもバイトがあるのですが、帰りの足が心配ということで、車で出かけていきました。
そうしたら、見事、石岡駅に時間外のFひたちが止まっていると思ったら、運転見合わせでした。
ロキが帰ってくるまで心配したのですが、トロトロ運転で、なんとか帰ってきてくれてほっとしました。

こんな日は車もこわいですよね。
視界は悪いし、絶叫マシーンに乗っているような水しぶき、ハンドルはとられる、車は揺れる!ですもんね。
男爵くんがブログを書いてくれてほっとしました。
無事に帰ったということですから。(笑)

投稿: 笑 | 2006年10月 7日 (土) 07時43分

そうですね。昨日のはちょっと怖かったですよね。事故だけには遭わないようにと注意して運転していました。県内各地で多方面に被害が出ているようですね。今朝起きたら治まっていてくれたので良かったです。

投稿: メークイン男爵 | 2006年10月 7日 (土) 10時38分

私なんか・・・。
外に出ていて、酷い目に・・・。
街路樹の枝が飛んでくる中、「配達よ・・・。」
う~ヤダヤダ。(爆)

投稿: 為五郎 | 2006年10月 7日 (土) 15時47分

お疲れ様でした。どんなに悪天候でも、為五郎さんのようなお仕事は「今日は危ないから後回し」って訳にはいかないですしね。余程のことがない限り。こういう時、外回りの仕事の方は大変ですよね。ましてや、外回りは外回りでもバイクですからね。普通の雨の時だって大変でしょうに。そういう仕事に携わる方々がいるからこそ、世の中うまく回っているんですよね。

投稿: メークイン男爵 | 2006年10月 8日 (日) 10時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嵐の夜明け:

« 変わらなきゃ。 | トップページ | オセロ発祥の地・水戸 »