« 第26回つくばマラソン | トップページ | もう冬ですから »

2006年11月27日 (月)

HH観戦記2006 vol.21(最終回)

今日は先にちょっとマラソン大会の零れ話から。

今回つくばマラソンの参加を決めることに際して、
ホーリーホックの試合と重ならないことを、
まず確認する必要がありました。
10kmの試合開始は10時10分であり、
ホーリーホックの試合開始は14時でした。
1時間半で走れるとすれば、
ゴールが11時半くらいになるので、
12時くらいに出られるとすれば、
急いで帰れば何とか試合には間に合うかな、
という計算をし、参加を決めたのでした。

しかし、果たしてどれくらいで走り終えられるかは
走ってみなくては分かりませんし、
水戸からマラソン会場のつくばまで南下し、
マラソンを走った後再び戻ってきて、
ホーリーホックの試合会場の笠松運動公園まで
更に北上するとなると、かなりのハードスケジュールでした。
でも、そういう密なスケジュールを立てても、
「間に合うならやってみよう」と考えるようになった所が、
今年の私の行動力が著しく向上した要因です。

マラソン大会前夜となる一昨日の夜のことですが、
仕事から帰ってきたのが23時過ぎでした。
本当は大会に備えてすぐにでも寝たかったのですが、
当日の朝に持ち物の準備をしていては、
絶対に忘れ物をしたりして焦るだろうと思い、
準備したりいろいろやっているうちに、
何だかんだで寝るのが夜中2時を過ぎてしまい、
起きたのが朝6時半でした。
何しろ受付が朝7時半~9時だったので、
高速道路を使っても、
会場まで1時間くらいは掛かると見積もっていて、
遅くとも7時には出発したいなと思っていたので、
かなり寝不足で疲れも取れていませんでしたが、
ゆっくりと寝ている訳にもいきませんでした。

一般道路で行く案もあったのですが、
出発までもたもたしているうちに
7時半近くになってしまったので、
高速道路で行くのが無難だと思い、そうしました。

家で朝食を摂っている暇がなかったので、
かすみがうらマラソン大会の時と同様、
車の中で食べることにして出発しました。
本当は着いてから食べたいところでしたが、
それでは消化が間に合わず、
エネルギーに変わる前に走ることになりそうな気がしたので、
なるべく早い時間帯に食べようとすると、
どうしても運転しながら食べるしかありませんでした。
サンドイッチやおにぎりみたいなのにしようか迷いましたが、
コンビニで買う時に、
いつも買うようなものばかりでは飽きると思い、
消化の悪さよりもスタミナが付くものを、と考え、
「炭火焼牛カルビ弁当」にしました。
因みにかすみがうらマラソン大会の時は、
麺類が消化に良いと聞いていたのでパスタにしましたが、
国道6号を走りながらのミートソーススパゲティは、
食べるのにかなり苦労したので今回はやめました。

ところが、高速道路を使うことを決めたのは、
弁当を買った後のことであり、
高速道路を走行しながらの朝食は想定していなかったので、
「やっぱりおにぎりかサンドイッチにするべきだった」
と後悔しました。
箸を使って肉を一切れ、ご飯を一掴みしながら、
運転に気を付けて、地味に少しずつ食べました。
(※大変危険なので絶対に真似しないで下さい)。
本当は途中のSAやPAに停まって食べたかったのですが、
それではわざわざ高速を使って
時間を節約している意味がなくなるので諦めました。

その甲斐もあって、予定より早く着いたのですが、
昨日書いた通り、いろいろと待ち時間が多く、
少し時間にゆとりを持っていたにも拘わらず、
ほとんど空き時間もないくらいにして、
スタート時刻を迎えることになってしまいました。

良い記録を出したいという純粋な思いの他に、
自分が走り終えた時点で帰れる訳ですから、
ホーリーホックの試合に間に合うも合わないも、
自分のタイム次第だという軽いプレッシャーもありました。
まぁそれはストレスに感じる程ではなかったですが、
少なくともゴールした後は、
出来る限り速やかに会場を後にしなくてはなりませんでした。
駐車場が混んでいてはまた余計な時間を取られると思い、
渋滞となりうる地域から逃れるまでは、
兎に角少しでも早めに車を走らせる方が先決だと考え、
整理体操をする時間も惜しんで車を出しました。

心配していた渋滞はほとんど見受けられず、
すんなりと土浦北ICから那珂ICまで行け、
競技場にも13時過ぎに着けました。
前夜から続いた怒濤のハードスケジュールも、
無事に、予定通り事が進みました。
昼食も取らずに駆け付けたのでお腹が減っていました。


では、話を昨日の続きに戻しましょう。

競技場へ向かう車の中で私は、
10kmを走り切った満足感と共に、
今季ホーム最終戦を観に行くことを考えると、
自然とわくわくするような興奮を覚えていました。

今季はこれが17試合連続21試合目の観戦で、
泣いても笑ってもこれが見納めです。
今季ホーム戦24試合のうちのほとんどを観に行きました。
5月17日の第16節から7ヶ月間皆勤とは、
我ながらよく足を運んだものです。

今日は試合開始前から異様な盛り上がりを見せました。
応援団の計らいで青いフラッグなどが貸し出され、
いつもよりも華やかにスタンドが揺れていました。
勝ってホーム最終戦を締めるんだという強い気持ちが、
応援する側からも選手側からも伝わってきました。

序盤から積極的な動きを見せるホーリーホックは、
相手を圧倒して何度もチャンスを演出しました。
巧さが足りないなら、気持ちでカバーすれば何とかなる
という訳ではないのでしょうが、
兎に角気持ちが前面に出ていたと思います。
けれど、決まりそうでなかなか点が入らず、
良い形のまま前半は0-0で終了しました。

良い形は作れても点に結び付かないという、
いつものパターンになってしまうのかなという
悪い予感もしましたが、
後半4分に積極的な攻撃がPKを生みました。
何となく外しそうな予感もしましたが、
「ネットに突き刺してくれ」と見詰めていました。
動画を撮る中、西野選手が鋭く振り抜いたボールが
鮮やかにゴールネットを大きく揺らしました。
左上隅に蹴り込まれたボールに、
キーパーも届かなかったようです。

これで待望の先制点が入りました。
ホーム最終戦勝利に向けた大きな1点が入りました。
その後も積極的な攻守に渡る動きで、
何度も良い形を作りました。
集中力が途切れずによく動いていたと思います。

けれど、拙攻続きの水戸を黙って見逃してはくれませんでした。
後半34分、ゴール前での相次ぐ中途半端なもたつく動きで、
ボールがなかなか大きくクリアされず、
危ないから早くクリアしろ、などと思っているうちに、
ゴール左に同点弾を押し込まれてしまいました。
競技場からは一瞬の沈黙と溜め息が漏れました。
時間帯からしてもかなり痛い失点でした。
何より、あの溜め息は、
ホーム最終戦を有終の美で飾って欲しいという期待が、
目の前で擦り抜けていきそうな嫌な流れになり、
心底落胆した気持ちが生んだものだったのだろうと思います。

試合はそのまま1-1で引き分けとなり、
球団年間最多勝利に並ぶ15勝目はお預けに、
そしてホーム通算50勝目は来季に持ち越されました。
決めるところで決めていれば、勝てる試合でした。
勝ち点1は得たものの、どこかすっきりしない終わり方でした。
まるで今日の空模様のようでした。
Svs0007




061127vs0051




試合後は「ホーム最終戦感謝セレモニー」が行われました。

次の今季最終戦(アウェイ)は開幕戦の相手でもあり、
手強い相手ですが、臆することなく堂々と闘って、
今季を締め括って欲しいと思います。

|

« 第26回つくばマラソン | トップページ | もう冬ですから »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

力がにけましたね~。
非常に後味の悪い試合でした。
負け試合なら怒りと言うエネルギーが生まれます。
勝ったときは何もかも忘れて勝利を祝います。
が、終了間際の同点ゴールを食らった・・・そして分けたということで、頭の中にポカンと穴が開いてしまいました。

私は通算12試合でした。(と思いますー汗;)
中途参加にしてはがんばったでしょ。(笑)
男爵くんのおかげでHH観戦を楽しむことが出来ました。
これからもいろいろ教えてくださいね。
そして楽しみましょう!

投稿: 笑 | 2006年11月28日 (火) 06時28分

お疲れ様でした。
超がつくハードスケジュールでしたね。

若さゆえできる事 若さゆえの無謀
しかし、うらやましい。

自分を振り返り、いや~ん守りに入ってるよ~ん。
来年はもっと攻めなきゃね。(私もHHもね)

ところで2枚目の写真
カマキリの卵に見えたのは私だけでしょうか?

投稿: じょんじょん | 2006年11月28日 (火) 20時52分

>笑さん
1年目にして12試合は凄いですよ。観始めてからはほぼ皆勤ですもんね。笑さんの熱の入りようには恐れ入ります。
来年は、今年の話を知らない人に、今年の話を出来ますからね。今後も少しずつサポ歴を刻んでいきましょう。

>じょんじょんさん
東京に住んでいたのにほとんど遊ばなかったあの頃を思えば、今はかなり無理無理あちこちに脚を伸ばしています。やっぱり人生は常に新しいことへの挑戦が大事でしょうかね?攻めの姿勢が。
仕事だけに縛られて月日がただ流れていくのが悲しくて、その合間を予定で埋めている感じです。でも、家のことを全くやっていないので部屋が荒れ放題ですが。

2枚目の写真は、何気なく見上げた時jに、「お!何か絵になるなぁ」と思った勢いでそのまま撮ってみたのですが、かまきりの卵に見えなくもないですね。まだ夕方という程でもないのに照明が灯される程、薄暗かったですね。

投稿: メークイン男爵 | 2006年11月28日 (火) 22時50分

ああ、この写真、照明なのね。(汗;)

投稿: 笑 | 2006年11月29日 (水) 09時39分

高速でおはし使っちゃダメやん!
私、運転席でおはしを使う運転手、キャーッ!危ない!って目で見てるんですよ。
それを男爵くんがやるとは思わなかった・・・

投稿: 笑 | 2006年12月 1日 (金) 08時54分

これで120km/h…ごほごほ、100km/hですよ…で走るのは確かに危ないですよね。それ以前に、ご飯食べながら運転するなって話です。この時はこれ以外の方法がなく、追い込まれていたので苦肉の策です。食う肉の策です。気を付けます。

投稿: メークイン男爵 | 2006年12月 3日 (日) 00時31分

苦肉=食う肉か…(爆)
相変わらず冴えてるね。
男爵くんに何かあったら泣いちゃうからね、気をつけてよ~。

投稿: 笑 | 2006年12月 3日 (日) 06時50分

皆さんにご心配をお掛けしないよう、安全運転に心掛けます。すみません。

投稿: メークイン男爵 | 2006年12月 4日 (月) 01時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HH観戦記2006 vol.21(最終回):

« 第26回つくばマラソン | トップページ | もう冬ですから »