« もう冬ですから | トップページ | メジャーリーガーIGAWA »

2006年11月29日 (水)

全勝は良いもんだ

朝青龍関が19度目の優勝を、
5度目となる全勝で飾って幕を閉じた九州場所ですが、
相変わらず朝青龍関の圧倒的な強さが際立ちますね。
白鵬関が休場でなかったら、
少しは展開が変わっていたかもしれませんね。
また、朝青龍関に限らず、
15戦全勝の力士が出るのは、
やっぱり気持ち良いもんですね。
毎回全勝力士が出て欲しいものです。

それと同時に、
郷土力士の関脇雅山関と小結稀勢の里関の星取も
ずっと気になっていました。
両力士とも似たり寄ったりな成績で進み、
13日目には仲良く6勝7敗の崖っぷちに立たされました。
三役から落ちて欲しくないのですが、
両力士とも勝ち越しはちょっと厳しいかなと思いました。
しかし、その後連勝して何とか千秋楽で勝ち越しました。
8勝7敗という成績は決して褒められたものではありませんが、
勝ち越すというのは大事なことなので、
最低ラインではありますがひとまず労を労いたいと思います。
勿論、毎場所10勝5敗くらいの成績は残して欲しいですね。
安定した強さを誇る力士になって貰いたいです。

|

« もう冬ですから | トップページ | メジャーリーガーIGAWA »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全勝は良いもんだ:

« もう冬ですから | トップページ | メジャーリーガーIGAWA »