« そのうち綺麗にする | トップページ | お部屋暖か(ホワワワワ~ン) »

2006年12月 8日 (金)

ガス給湯器へ

うまいしゅうまい。
(シャレ)

我が家はずっと石油のボイラーを使っていたのですが、
今日を以て、ガスの給湯器になりました。
そうしたところ、給湯器のスイッチなどが、
ちょっとハイテクナラジーな見た目なんですよね。
今まで(昨日まで)は風呂を沸かすのも
水を汲んでから暖めて沸かす方式で、
スイッチも撮(つま)みを捻るタイプでしたが、
今度の給湯器は直接お湯を汲むタイプ。
今の世の中にあって、珍しくも何ともないのですが、
温度表示がデジタルだったり、
ボタンで給湯操作が出来たりして、
自分の中では軽い興奮状態です。
S0063




少々便利になりすぎて、怖い気もしますが、
まぁ洗濯機が全自動になったように、
これも世の中の自然な流れなんだと思って、
少しずつ便利さに流されてみようかと思います。
例えるなら、風呂を沸かしすぎた時に、
脚からゆっくり浸かっていって、
熱さに少しずつそっと慣れていくように。
まぁこの湯沸かし器があれば、
沸かしすぎるってこともなくなる訳ですがね。

今の便利な世の中を、時々、
「ボタン一つで何でも出来る―」などと例えることがありますが、
まさにこれはその例え通りですね。
こうなると、便利になる前の写真も撮っておきたかったです。

|

« そのうち綺麗にする | トップページ | お部屋暖か(ホワワワワ~ン) »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

「うまいしゅうまい」かあ。
さすがダジャレ王!

ガス給湯器ってすごいよね。
温度がぴったり設定できる!
確か予約でお風呂も沸かせる機能もついていない?

母のところも去年お風呂を直してこれにしました。
で、とっても楽になったようですよ。
だって、昔ながらの五右衛門風呂だったし、それを薪で焚いていたんですから…

男爵くんも、これから好きなときにお風呂を沸かして入れるね。
使い方覚えた?

投稿: 笑 | 2006年12月 9日 (土) 07時48分

我が家も数年前に築30年の実家を建て直しました。
そのとき、どうせだからと「オール電化」にしたので、ガス無し生活を送っています。もちろんIHコンロです。
うちもお風呂は電気で沸かしたお湯を給湯するタイプ。なので、1度風呂を入れると、最低一日置かないと次のお風呂分の湯は用意されません。
翌日の昼間に入ろうとしても、なかなか湯がたまらず、ついでにシャワーも水状態^^;追い焚きも「高温差し湯」なので、そのへんは少々不便かも。
でも、「ガスが無い=火が無い=火災の心配が少ない」というわけで、火災保険が安くなったそうです。
「その分電気代がかかるのでは」ともおもったのですが、いままでのガス代が電気代に移行するわけで、しかもオール電化だと電気代も少し割引になります。

東京電力のまわしものではないけど、オール電化生活実況中継でした~

投稿: 酔倒 | 2006年12月 9日 (土) 13時51分

>笑さん
ダジャレ王って…。
うちは予約機能はあまり使わなそうですが、付いてますね。便利ですね。
五右衛門風呂とはなかなか年季が入ってますね。僕は小さい頃に入った記憶はありますが、最近まで健在していたとは凄いですね。
使い方は覚えましたよ。「水を汲んで燃す」という感覚から、「お湯を張る」という感覚へ。最初から蓋を閉めっ放しなので、慣れるまでは違和感ありありです。

>酔倒さん
話題のオール電化ですか。なるほど、いろいろ使ってみると利点、欠点があるんですね。うちのガスコンロは時々消えてる時があるのでちょっと危険ですが、まぁ今の設備ですから、自動的にガス栓が止まってくれるので昔よりは安心です。ガスは沸くのも早いですよ。まさにガスだね。(いや、分かりませんが)。

投稿: メークイン男爵 | 2006年12月10日 (日) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガス給湯器へ:

» 太陽光発電とオール電化 [太陽光発電は地球と環境に優しいっていうホントの太陽光発電情報]
オール電化住宅とは、キッチン、給湯、空調、冷暖房などのすべてを電気でまかなうシステムの住宅やマンションのことです。太陽光発電システム・・・ [続きを読む]

受信: 2007年1月 3日 (水) 17時22分

« そのうち綺麗にする | トップページ | お部屋暖か(ホワワワワ~ン) »