« まるで小春日和のよう | トップページ | 安物買いの銭失い »

2006年12月28日 (木)

鍵が掛かっているとは限らない

今の職場にあるトイレは、
男性用小便器と、和式水洗便器の2つで構成されている。
和式トイレの方は当然ボックスになっていて、
ドアの鍵はドアノブにある撮(つま)みを回して閉める、
一般家庭に多いタイプである。

今日和式トイレの方へ入った際、無意識に鍵を閉めた。
まぁ鍵を閉めることなど、一連の動作で行ってしまうので、
あえていちいち意識しながら行うことでもないが、
今回はちょっとぼうっとしていて、
ちゃんと閉めたかどうか自信がなく、些(いささ)か気になった。

そこで念のため撮みを目一杯回した上で、
ドアが開かないことを試すため、確認してみた。
当然鍵は閉まっている訳で、開かない筈だったのだが、
何と普通にドアが開いてしまい、びっくりした。
「危なかった。やっぱりちゃんと閉まってなかったみたいだ。」
と思い、一度撮みを戻してから、
今度はしっかり回して確実に鍵を閉めた。

「さっきはぼうっとしてたから、
うまく閉まらなかったんだろうな。
今度はちゃんと閉めたから大丈夫だ。」
と思いながら、再度鍵を閉めた状態でドアを開けてみた。
すると、何と鍵が閉まっている筈であるにも拘わらず、
またしてもドアが開いてしまったのだ。
ドアノブを回すと同時に撮みも回ってしまうという訳ではなく、
ちゃんと撮みは鍵を閉めた状態のままだった。
「おかしいな。よく閉まっていないのかな」と思い、
何度も鍵を開けたり閉めたりして
ドアが閉まっているかどうかの確認を繰り返してみたのだが、
何度試してもドアが閉まっていることはなかった。

撮みが完全にバカになってしまっていたらしい。
いつから掛からなくなったのか知らないが、
「だいぶ前から鍵を閉めたつもりで実は閉まっていなかった」
という衝撃的な事実をこの時初めて知った。

トイレ全体のドア自体にも鍵が付いているため、
そのドアさえ施錠してしまえば
用を足している間に他の人が入ってくる心配はないが、
一歩間違えれば笑えない事態にもなりかねない。
偶然とは言え、この事実を今日知れたのは良かった。

|

« まるで小春日和のよう | トップページ | 安物買いの銭失い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ちょっと~ボケた男爵くん、そこの鍵、中から開けると普通にあくタイプじゃないの?
ホテルなんかによくあるけど…
鍵がバカになっているほうが信じられないんだけど…

投稿: 笑 | 2006年12月29日 (金) 07時21分

な、なるほど。それは十分考えられますね。明日検証してみます。

投稿: メークイン男爵 | 2006年12月30日 (土) 00時17分

え~年内最後の出勤となった30日、検証して参りました。
笑さんのコメントを受け、「そっか~!そう言えばそういうドアあるよなぁ。ちょっと早計だったなぁ。無知だな。まぁ一応確認だけしてみるか」と思いました。
早速、ドアの内側に上司に入って貰い、外側で待機する私。
カチャっと鍵を閉めたのを確認して、ドアノブを握る私。そしてそのままノブを回して引っ張って・・・・開いちゃったっすーーーーー★☆★☆

念のためもう一度。
カチャっと鍵を閉めたのを確認して、ドアノブを握る私。そしてそのままノブを回して引っ張って・・・・開いちゃったっすーーーーー☆★☆★

やっぱり鍵がバカになってました。やっぱりそんな高度なドアノブは付いてませんでした。ぼろい建屋なもんで。

ちゃんとロックされるタイプだったら、後日談として新たに記事を立ち上げようと思ったのですが、検証の結果コメント止まりということで。

投稿: メークイン男爵 | 2006年12月31日 (日) 10時52分

ご苦労様でした。
はい、これで納得!
男爵くんじゃなくて、鍵のほうがお馬鹿チャンでした。(笑)
それで、すぐ鍵を取り替えた?
上司の方が一緒だったらすぐそうなったと思いつつ…
そして今度取り替えた鍵が『中からは開く鍵』だったら非常に笑えるんだけど。

投稿: 笑 | 2006年12月31日 (日) 14時03分

トイレ全体のドアにも鍵が付いているため、とりあえず見送られました。うっかり施錠し忘れると大変ですね。

投稿: メークイン男爵 | 2007年1月 1日 (月) 02時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鍵が掛かっているとは限らない:

» 発毛とサラリーマンたかし [発毛とサラリーマンたかし]
発毛に頑張るサラリーマンたかしのブログ。初心者なので仲良くしてね。 [続きを読む]

受信: 2006年12月29日 (金) 07時01分

« まるで小春日和のよう | トップページ | 安物買いの銭失い »