« スイスイぐんぐんと | トップページ | 第55回勝田全国マラソン »

2007年1月27日 (土)

コンタクトレンズレスキューⅡ

今日も出勤でした。
土曜日なので平日よりは道が空いている
というのを想定して、少し起きる時間を遅くしました。
しかし、ちょっと布団の中でぐずっているうちに、
予定より15分程寝過ぎてしまいました。
朝食が好物のカレーライスだということは
昨夜のうちに分かっていたので、
朝食を摂る時間も計算していたのですが、
ちょっと微妙なところになってしまいました。

しかも、カレーを温めるという作業もあり、
すぐに食べ始められない所も難点でした。
とりあえず、霜でフロントガラスの凍った車の
エンジンを掛けてからカレーを温めました。
しかし、時間が押していたので、
食べるのは後回しにして、
先に身支度を調えることにしました。
そこで予想外の出来事が起こりました。

鏡を見ながらコンタクトレンズを入れて、
顔の水滴をタオルで拭いた後、
再び鏡を覗いてみたところ何か違和感があるので、
片目ずつ瞑って視界をチェックしてみたところ、
右の視力が弱いことに気付きました。
「さては左右のレンズを逆に装着したのかな」
と思って急いで右のレンズを取り出そうとしたのですが、
一瞬感触が変だったので、急いで鏡を覗いてみると、
何とレンズが入っていなかったのです。
「なに~~!!?どこに行ったんだー?!!」

瞬きをした弾みで、
よく装着されていなかったレンズが
瞼で叩き落とされた可能性をまず疑いました。
以前、同じようなケースで、
水道の蛇口の取っ手にくっついていたことがありました。
そんな訳で、洗面台の周りを隈無く探したのですが、
どうしても見付かりませんでした。
5分くらい懸命に捜索したのですが、
どこに行ってしまったのか見当も付きませんでした。

なかなか諦め切れませんでしたが、
あまりもたもたしていると遅刻してしまうので、
渋々諦めて、古いレンズを代用しました。
レンズは放っておくと硬化してしまうので、
「ここで探すのを諦める
=仮に後で見付かってももう使い物にならない」
ことを意味していました。

折角前もって温めておいた楽しみのカレーも、
食べる時間すらないくらいだったので、
遅刻覚悟でちょびっと食べるのが精一杯で、
満足に平らげることが出来ませんでした。
「その上コンタクトも駄目にしてしまったし…」。
楽しいはずの朝が一変、
慌ただしく、何とも遣り切れない朝になってしまいました。

その上、「今日は弁当は無しで」
と母に告げておきながら、
慌てていた上に半分寝惚けていたせいか、
前日父が持って帰ってきてテーブルの上に置いていた、
空の弁当箱を間違って持ってきてしまったことに、
出勤してから気付きました。
「うわ。今日は朝からボケまくりだ~~。」
益々気分が落ち込みそうになりました。

でもまぁ、コンタクトレンズも、
そろそろ作ってから2年くらい経つので、
替え時と言えば替え時でしたし、
紛失という形で買い替えるのは切なかったですが、
もう終わったことだからしょうがないと言い聞かせ、
今日も一日みっちり仕事に専念してきました。

。。。。。。。。。。


さて、夜、家に帰ってきて、
空の、昨日の、弁当箱をカバンから出し、
母に「間違って持ってっちゃった」と言って渡しました。
すると、「何であんたが持ってるの」と言われ、
弁当箱を拾い上げた母は、
「あれ?重い。何で?食べてないの?」
と言うので、「いや、だって昨日の空の弁当…」
と言い掛けて、ハッと気付きました。
確かに、朝は半分頭がパニック状態だったので、
てっきり弁当箱自体が重いのかと思ったのですが、
それにしてはちょっと重い気はしていたのです。
中身まではチェックしなかったのですが、
「もしかして…」と思ったと同時に、
母が弁当箱を開けました。
しっかり中身が入っておりました。

そう、実は今日仕事だった父の弁当だったのです。
紛れもなく、それは前日の空箱ではなく、
今日のために新たに作られたものでした。
「もうつくづく今日はボケボケだ~」と思い、
実際疲れていたところで、
余計に疲れがのし掛かってきました。

その後、夕飯を食べたりしながら、
ひどい疲労を感じていたので、
今日は久し振りに早く寝ようと思いました。
けれど、どうも、あのコンタクトレンズが
諦めきれずにいました。
というのも、瞬きして下に落ちたのなら兎も角、
「万一、瞬きの弾みで
眼球の裏にでも入り込んでいるとしたら…」
と思うと、そのままにはしておけませんでした。
現物が発見出来ていない以上、
その可能性も否定は出来ませんでした。

もう一度、よく洗面所を探してみようと思いました。
朝あれだけあちこち見たので、
見付かるわけがないと思いながらもチェックし、
やっぱりどこにも落ちていなそうでした。
「いよいよ『眼球の裏』説も現実味を帯びてきたかな」
などと考えつつ蛇口のすぐ下を見た瞬間、
排水口に被せている網の上に乗っている、
それらしき物質が目に入ってきたのです。
それは紛れもなくコンタクトレンズでした。

朝も見た筈だったのですが、
色んな角度から目を凝らしたら見付かりました。
もしかしたら、朝の段階ではどこかにくっついていて、
時間が経って落下したのかもしれませんが、
蛇口の下という条件だったため、
奇跡的にソフトレンズはソフトさを維持していました。

問題は排水口の所にあったという衛生面でした。
けれど、諦め切れないでいたところに
見付かったという喜びは表しようがなく、
すっきりしない一日の出来事を吹き飛ばすような、
嬉しい出来事のお陰で、そんなことはお構いなしでした。
よく擦り洗いをした後、
タンパク除去剤も入れて消毒・洗浄しています。
完璧な除菌とは言えないかもしれませんが、
多分何とかなる…と思います…。
(冷静に文章で書いていたら
だんだん心配になってきた…)。
アメーバとか…。
明日も擦り洗いして、よく洗っとこう…。
でもちょっと怖いなぁ…。

まぁそんな訳で、
当初の予定では今日のタイトルは、
「コンタクト紛失」などとなる筈でしたが、
無事救出できたので変更することが出来ました。

|

« スイスイぐんぐんと | トップページ | 第55回勝田全国マラソン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

面白い!
男爵くんにとっては大変な一日だったと察しますが、読んでいて、ハラハラ感がなんとも言えない・・・
コンタクト、カレー、お弁当・・・
いったいどうなるんだろう、ドキドキしちゃいました。
ぜひエッセーコンクールに応募を!

カレーとお弁当は残念でした。
男爵くんにお弁当を持っていかれたお父さんはどうしたんでしょう?

コンタクトはよかったね。
排水口、蛇口っていうのは、よくコンタクトがかくれんぼをする場所ですね。
私もかつては排水口の網に助けられました。
題名のレスキューⅡってことは、過去にもやってるってこと?

投稿: 笑 | 2007年1月28日 (日) 07時30分

今回は、久し振りにラフな感じで書けました☆

えっと、書き忘れたのですが、夕飯の時に、朝のカレーがほぼ残っていたので、めでたくカレーについても朝の後悔を吹き飛ばすように、続きを食べられたんですよね。

父の弁当は、父が自ら夕飯の時に食べたようです。昼は多分どこかで買ったんじゃないかと。

「コンタクトレンズレスキュー」は昨年の4月18日の記事のタイトルです。

投稿: メークイン男爵 | 2007年1月28日 (日) 23時05分

ああ、すべてにおいて、めでたしめでたし!だったわけですね。
よかった!

投稿: 笑 | 2007年1月29日 (月) 07時18分

この2,3日気になっていたのですが、カウンターの数字が動いていない気がするんですが・・・
ずっと9390・・・
見間違いかなあ。

投稿: 笑 | 2007年1月29日 (月) 07時20分

まぁ結果的にはめでたしめでたしでした。一番はその時々が大事ではあるのですがね。後から食べられたにしても、本当はその時食べたかったというようなね。

流石によくカウンターを見ていらっしゃる笑さんならではのご指摘ですね。確かに動いていませんね。実際は9500を突破しているようですが。
どうも、1週間程前にトラブルが起き、現在は復旧しているとのことですが、実際のところ動いてないんですから、どうなってるんですかー!

投稿: メークイン男爵 | 2007年1月30日 (火) 00時26分

10000のキリ番を目指しているんだから、早く復旧してくださいよ~。

投稿: 笑 | 2007年1月30日 (火) 06時38分

未だ治らず…。もう本当にどうなってるんでしょう。
下手にいじくって0に戻ったら嫌なので放置している状態です。
是非キリ番をゲットしてください。

投稿: メークイン男爵 | 2007年1月31日 (水) 01時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンタクトレンズレスキューⅡ:

» 完全無料ですから騙されたと思って試してください! [ブログアフィリエイトで日給8万円、会社なんか辞めちまえ!]
学生さんに吉報! 遊び感覚でPCをいじってください。勝手にお金の方が、貴方の講座に 入ってきますよ!まずは、無料情報で試してみましょう。 情報商材を買うのは、これで儲けてからでも遅くはないです。 ではここを見てね!... [続きを読む]

受信: 2007年2月 2日 (金) 06時29分

« スイスイぐんぐんと | トップページ | 第55回勝田全国マラソン »