« 『硫黄島からの手紙』 | トップページ | 「茨城空港」を宜しく! »

2007年1月16日 (火)

小数点の処理法を習得

経理などの仕事をしている方には常識且つ、
必要最低限のことなのかもしれないのですが、
今日、表計算ソフトのExcel(Microsoft社)を使っていて、
小数点以下を切り捨てる方法をマスターしました。

今までも、小数点以下を何桁まで表示するかで、
表記上は四捨五入したように見せる方法は知っていました。
しかし、表記的に小数点の問題を解決したに過ぎず、
実際の計算はしっかりと小数点までも計算して、
更にそれが表記上は四捨五入されてしまうので、
「105-5=100」にならないというおかしな事態も起こり、
消費税計算などで毎回引っ掛かる問題でした。

まぁ僕は直接の仕事としては
そういう収支計算のようなものは扱っていないのですが、
「パソコンが出来る人」というイメージがあるらしく、
職場の人から「ちょっと見てくれ」と頼りにされるのです。
それは有り難く光栄なことではあるのですが、
実際のところ、僕もExcelはほとんど分からず、
「いつか解説書でも買ってきて習得しなくてはいけない」
と思ってはいたのですが、
今回も手伝っている中で必要に迫られ、
自分で「ヘルプ」を駆使して調べ、習得出来ました。
やっぱりこういうのは必要に迫られないと覚えませんね。

抑(そもそも)、僕がExcelやWordを使い始めたのは、
大学での提出書類がWordを使って作成するよう
指定されることが多かったからに過ぎず、
それまでは一太郎(JUSTSYSTEM社)派の私にとって、
あまり馴染みのあるソフトではありませんでした。
Excelなどは、最初の頃は、
単に表を使った文書が作りやすかったから
何となく使っていたというだけの話で、
表計算ソフトとしてはほとんど使えていませんでした。
機能を覚えるために、遊びで試しに使ってみても、
興味が湧かず、あまりのめり込んでいけませんでした。

今でこそ、多少は便利な機能も使えるようになってきて、
「Excelって賢いな」と思えるまでに馴染んできましたが、
それもあくまで独学の範囲なので、
まだまだ知らない機能はたくさんあります。
でも、今回の小数点の切り上げ、切り捨てに関しては、
ずっと自分の中で一つの大きな課題になっていたので、
今日解決出来て本当にすっきりしました。

|

« 『硫黄島からの手紙』 | トップページ | 「茨城空港」を宜しく! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

いまだに「エクセル」や「ワード」がよくわかりません。
特に「ワード」はもう・・・!!!!
どうして私のしたい様に動かないわけ??
本の中に顔突っ込みながら頑張ってます。

Excel は奥が深い。
私の進捗状況よりExcelサマの進歩が早いので
いつまでたっても使いこなせません。
いとしのExcelさま・・・

投稿: じょんじょん | 2007年1月17日 (水) 20時56分

Word文書じゃなくちゃダメっていうので、職場の書類などもWordで作っていますが、一太郎+ATOKコンビの使いやすさだけは譲れず、相変わらずプライベートでは後者を重宝してますね。なので、機能を使いこなす気があまり起きず、最低限の使い方しかしてません。
連番設定してくれるのは良いけど、勝手にスペース空けないでよ、などとツッコミ入れてます。

Excelは奥深いですよね。多分1割も使えていないかもしれません。

投稿: メークイン男爵 | 2007年1月18日 (木) 00時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小数点の処理法を習得:

« 『硫黄島からの手紙』 | トップページ | 「茨城空港」を宜しく! »