« 10,000アクセス到達 | トップページ | 「東京マラソン2007」? »

2007年2月18日 (日)

言葉にできない

言葉に出来ない―。

無理に何か言葉を選んだところで、
あの時の気持ちを正確に表せるものではない。


昨日、親友のブロ雅氏の結婚式に参列させて頂いた。
新郎新婦を祝っているというよりは、
自分も一緒に同じ空気に溶け込んでいる
というような感覚で、
まるで自分のことのように緊張したりして、
意識全体からして何だか夢の中にいるような
不思議な感覚の靄(もや)に包まれていた。
客観的に二人を見守っている感じは全くなかった。

例えるなら、本を読みながら感情移入して、
自分までその世界に入り込んで、
あたかも目の前でその世界が広がっているような
錯覚に陥る感覚と似ている。

そんな今の気持ちや感じたことを、
現実の言葉で表現しようとしても、
近い言葉は見付かったとしても、
あくまで近付けただけに過ぎない気がするし、
うまくまとめられる自信もない。
それだけ感慨深く特別な一時(ひととき)だった。

本当に自分事のように嬉しい出来事だった。
今思い出してみても興奮冷めやらず、
夢の中から抜け出していない自分が居る。
そんなぽわ~んとした状態なので、
なかなか寝付けない気もするが、
この2日間は確かに現実の出来事だったと信じて、
今夜は眠りに就こうと思う。

|

« 10,000アクセス到達 | トップページ | 「東京マラソン2007」? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

結婚式は、感動するよね~


“どんな言葉を選んでもどこか嘘っぽいんだ”

自分の気持ちを言葉にしようとする時、
思わず言いたくなるフレーズ。

雅君たち、お幸せに~

投稿: なおくん | 2007年2月19日 (月) 03時13分

いい結婚式だったみたいですね。
簡単に「いい」と言ってしまってはいけないような。
こういう方たちを身近に見ているから、男爵くんも夢がいっぱいなのね。
男爵くんにもいつか幸せが訪れますように!
ブロ雅さん、お幸せに!

投稿: 笑 | 2007年2月19日 (月) 05時54分

>なおくん
推敲する前の文章には、そのフレーズを明らかに意識した一文もあったけど、推敲段階で修正しました。
櫻井さんは良い詩書くねぇ。
因みに、もう一箇所、推敲前はある歌詞の一部を意識した文章だった所もあるんだよね。

僕にとっては、新郎新婦ともに仲良くして貰っているだけに、ちょっと感覚が違ってたね。自分のことのように嬉しかった訳ですね。

>笑さん
そう、無理に言葉に表そうとしても、いまいちしっくり来るものが見付からなそうなんでう。僕にとっては特別な思いを抱かされましたし、その気持ちを大事にしたいなと思い、このような違う切り口で濁したような書き方になりました。

早く幸せが訪れて欲しいです。切に。

投稿: メークイン男爵 | 2007年2月19日 (月) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 言葉にできない:

« 10,000アクセス到達 | トップページ | 「東京マラソン2007」? »