« 高速道路をウォーキング | トップページ | 三月の初雪? »

2007年3月 4日 (日)

HH観戦記2007 vol.1

昨季は、途中からブログに書き始めた観戦記ですが、
今季は開幕から書きますので宜しくお願いします。。。


いよいよ、昨日からJリーグが開幕し、
J2の水戸ホーリーホックも今日、
ホームの笠松運動公園陸上競技場にて、
開幕戦を迎えました。

昨季のホーム戦21試合観戦という記録を、
今季は塗り替えることが出来るのか、
まだ先のことは全然分かりませんが、
まずは3年連続の開幕戦に駆け付けました。
Svs0036





相変わらず今季も、退団や加入の選手で、
昨季とはメンバーが多少入れ替わりましたが、
今季は昨季までと違い、
この時点で名前も顔も背番号も全員一致しており、
じっくりと観戦に臨むことが出来ました。

また、昨季途中に結成した、
応援チーム「ごじゃっぺ&いがっぺ」も
今季は開幕から始動することが出来、
記念すべき年が幕を開けました。
そして、いつもはA席側で観戦していますが、
招待券やファンクラブ特典などで、
いろんな意味でリッチなS席券があったので、
折角なので、こういう時くらいしか使えないので、
今回はS席で観戦することにしました。
(この計画は、前々から密かに考えていました)。
Svs0033





前半は、まずまずの動きを見せ、
少なくとも、何も出来なかった1週間前の
プレシーズンマッチ (vs鹿島)と違って、
練習してきた動きが出来ているように見えました。
「果たしてこんな状態で開幕に間に合うのか」
という不安を抱いた1週間前とは、
試合運びが明らかに良くなりました。

前半20分頃までは、
得点出来そうな雰囲気が漂っていました。
ただ、良い動きが出来ていても、
結果に繋がらないまま時間が過ぎてしまうと、
得点を奪えないまま、逆に攻め込まれたりして、
結局そのまま引き分けたり負けたりする、
ということを昨季何度も観てきたので、
早くゴールネットを揺らして欲しいなと思いました。

ボールを繋いで何度もチャンスは作っていたのですが、
最後のシュートでなかなか良い形に持って行けず、
時間と共に、あっさりと相手にゴール前まで
駆け上がられてしまう危ない場面も目立つようになり、
押されている印象が強くなりました。
何とか前半は0-0で終了しました。

後半に入ると、お互いにチャンスとピンチの連続で、
水戸も前半以上にチャンスらしいチャンスの場面が
多く訪れていました。
しかし、パスをカットしたり
ボールを奪うまでは良いのですが、
その後のパスの時に相手にパスしたり、
中途半端に短いパスで相手に奪われたりして、
しかも、1人の選手にドリブルで
そのままゴール近くまで駆け上がられたりするなど、
一瞬の歓声が落胆に変わったり、
隙だらけの守備に叱責したくなるような、
落ち着いて観ていられない場面が、
時間と共に段々顕著になってきました。

守護神・本間選手の好判断なセーブ連発により、
何度もピンチを逃れてきたのですが、
後半30分過ぎに遂にゴールを割られてしまいました。
相手が相手だけに、先制点を取れなかったことと、
この時間帯での失点(ビハインド)はかなり痛手でした。

その後は、ロングボールをバックの前後に放り込む、
昨季の途中によく見られた、
手っ取り早く前線へボールを送る方法で、
何とか点を取りに行こうという姿勢は見られましたが、
ボールを繋ぐ方法と違って、単調な攻めとも言え、
必然的にボールを支配する時間が少なくなりました。

最後はほとんどチャンスらしいチャンスもなく、
0-1で試合終了のホイッスルが鳴りました。
開幕黒星スタートとなってしまい、
今季初得点、初勝ち点、初勝利は
一体いつ生まれるのか、
とりあえず第3節以降(第2節は試合なし)に
持ち越しとなりました。

昨季、「サンクスマッチ」と銘打たれた、
スポンサーによるイベントや特典の盛り込まれた試合は、
悉(ことごと)く負けるという結果に終わりましたが、
今季もその悪い流れを断ち切ることが出来ないのか、
徐々に嫌なジンクスになりつつあります。

まぁそれは余談としても、
折角観に来たサポーターの為にも、
勝つ喜びを味わわせて欲しいです。
J's GOALで選手のコメントを見る限り、
冷静な分析と前向きな意見をしている選手が多いので、
その言葉を信じたいと思います。

|

« 高速道路をウォーキング | トップページ | 三月の初雪? »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

昨日はお疲れ様でした。
結構いい試合でしたよね。
のびのびとしていて…

しかしキックオフ前に見た分析表が頭から離れず、結果的にはそうなってしまいましたね。
決定力不足は今年も水戸の課題のような気がします。
このあたりは若い力の台頭に期待するしかないでしょうか。

S席からは普段見ることが出来ない光景が見られました。
これは「開幕戦恒例のS席」ということで決まりですね。

男爵くんの解析は非常に勉強になります。
これからもいろいろ教えてくださいね。
選手の名前を把握しての観戦はさすが!です。

投稿: 笑 | 2007年3月 5日 (月) 06時34分

所詮素人なので、あまり参考になるか、あるいは視点が的を射ているのか分かりませんが、ルールもいまいち分からなかった最初の頃に比べると、少しずつ見えるようになってきたかなという気はします。

チームブログなんかに書き込まれているコメントを見ると、辛辣なものもありますが、よくそこまで見ているなと感心するものや、結構長く見てきているんだなと思われるものも多々あって、自分はまだまだ大したことはないと感じています。

投稿: メークイン男爵 | 2007年3月 5日 (月) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HH観戦記2007 vol.1:

« 高速道路をウォーキング | トップページ | 三月の初雪? »