« HH観戦記2007 vol.2 | トップページ | “ヘルシオーレ!”プロジェクト始動 »

2007年3月18日 (日)

常磐線の旧型車両の勇姿を胸に

本日、JR東日本でダイヤ改正があり、
PASMOのサービス開始に伴って、
Suicaとの相互利用サービスもスタートし、
首都圏の私鉄や地下鉄、バスが
SuicaやPASMO1枚で乗れるようになった他、
一部の電車を除いて
特急や新幹線で全車両禁煙になるなど、
ダイヤのみならず大幅な改革が行われました。

常磐線も例外ではなく、今回の改正に合わせ、
普通列車の新型車両「E531系」に連結される
グリーン車の営業が正式に開始されたり
(既に試乗期間として無料で一部運行されていた)、
上野発着の普通列車をこの新型車両に統一したり、
水郡線でも新型車両「キハ130系」の運転が開始される
(既に試乗期間として一部運行されていた)など、
大幅に様変わりすることとなりました。

とは言っても、全然電車には詳しくないので、
実際のところは車両の型番を言われてもピンと来ません。
細かい裏事情にも疎いので詳しくは分かりませんが、
グリーン車が導入されるのは上野~高萩間だけのようで、
「上野発着の全普通列車にグリーン車連結」とあるのも、
「県北地域や福島、仙台を走る電車を除いて」
という意味なのかどうかはよく分かりません。

ただ、実際のところはどうなのか分かりませんが、
昨年末の新聞記事によると、
現在の常磐線300両を全て新型車両に入れ替え、
古い型の列車は姿を消す、とあったので
(高萩以北に関してはこの限りではない?)、
小さい頃から馴染みのあった電車が
もう二度と見られなくなってしまうということに、
深い悲しみと喪失感を覚え、
現役のうちに写真を撮って、
記憶にも記録にも焼き付けておこうと思うのは、
必然的な気持ちでした。

ということで、もう1ヶ月以上前のことになりますが、
サイクリングを兼ねて電車を撮りに行きました。
もう、こうやって普通に走っている電車も、
もう少しで見られなくなるんだなと思うと、
何だか俄かには信じられないような、
実感が湧かないような気持ちでした。
それは廃線になった日立電鉄や、
廃線が決定的な鹿島鉄道の利用者にとっても、
同じかそれ以上の悲しみを感じていることと思います。
S0072




S0039_4




白地に青いラインのお馴染みの型は兎も角、
アルミボディの車輌までなくなるのは、
ちょっと時期尚早な気もしますが、
そうは言っても平成元年の頃から見ている気がするので、
新しいと思っていても20年近く経っている訳で、
それに新型車両は130km/hまで出せる
性能を備えているので、
TXに対抗するには改革を急いだ方が
良いという判断なのかもしれません。
S0081_1





ついでにスーパーひたちも撮ってみました。
こちらも平成元年頃からの運行ですから、
だいぶ古くなってきてはいますが、
フレッシュひたちの増便などが行われてもなお、
長距離特急としての輝きは失われていないばかりか、
逆にフレッシュひたちにはない確固たる魅力が
今まで以上に際立ってきている気がします。
S0063_1





こうやって写真を撮っていたら、
電車もさることながら、
近所なのにあまり来たことのなかった街並みを堪能でき、
その長閑(のどか)な風景と電車との一体感が素晴らしく、
水戸の魅力を再発見することが出来ました。
遠くに出掛けるのも良いですが、
“灯台もと暗し”ではないですが、
知っているようでまだまだ未知な所の多い水戸を、
もっともっと堪能しないといけないなと思いました。

今日は電車がどうなったのか見てはいないのですが、
もしこの古い車両が姿を消していたとしても、
私の記憶から消えることはありません。
今までお疲れ様と声を掛けたいです。
S0096_1

   

|

« HH観戦記2007 vol.2 | トップページ | “ヘルシオーレ!”プロジェクト始動 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

電車が入れ替わった昨日、珍しくロキが早起きして電車を眺めていました。
そして記念suicaを買いに行ったのですが…
限定10枚(石岡駅)というのに、すごい人数が並んでいて、すごすごと帰ってきました。

新しい電車は乗り心地、性能など、いろいろと考えてありますので、乗ってはなかなかいいのですが、古い電車には「思い出」が乗っていますからね、見えなくなると寂しくなります。

それにしてもきれいな写真ですね。
鉄チャン顔負けです。
水戸もまだまだいいところが残っていますね。

投稿: 笑 | 2007年3月19日 (月) 07時19分

記念Suica?そんなんあったんですか?!しまったー。でも10枚じゃ厳しいですね。
Pasmoもいずれ、限定デザインで出ると思うので、その時に買おうかなと考えています(まぁSuicaがあれば問題なさそうですし)。

写真に撮ってから、ずっと見ていなくて、昨日アップする前にセレクトしていたら、ビシッとしたのがあまりなくてちょっと焦りました。もう今となっては撮れませんし。時間的に、逆光になってしまったため、皆太陽を背にして撮るしかなかったのですが、光を浴びた常磐線もまた輝いて見えて、それはそれで良かったです。
橋の上を走る姿は、自分で言うのも恐縮ですが、良いアングルで撮れました。僕は鉄チャンではないですが、やっぱり格好いいと思いますね、電車のラインって。

投稿: メークイン男爵 | 2007年3月19日 (月) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 常磐線の旧型車両の勇姿を胸に:

» ダイヤ改正後の中電における惨めな”緑の車” [ジンタンのオン・エアー(Excite版)]
ダイヤ改正後の中電について書いてみる。 以前当ブログにも書いたが、 混雑が激しさを増している。 何でかって? 例の”緑の車”とやらを2両もつなげたから(怒) 今朝の乗車人数。目視です。 8:01松戸発の531系 4,5両目あわせて10名程度♪ 無駄使い万歳! となりの車両じゃ肩がぶつかるほどの混雑だってのに、 たった10名程度のために、2両も連結するなっっての(怒) まー、水戸支社の連中には、千葉都民の苦しみがわからないのでしょう。 朝の顧客の動向とか... [続きを読む]

受信: 2007年3月21日 (水) 21時48分

» ETCの選び方 [ETCの選び方]
etcカードの選び方 [続きを読む]

受信: 2007年3月24日 (土) 19時05分

« HH観戦記2007 vol.2 | トップページ | “ヘルシオーレ!”プロジェクト始動 »