« 残り少ない日数を胸に | トップページ | カモカモカモ »

2007年3月25日 (日)

HH観戦記2007 vol.3

珍しく連敗発進となった11勝2敗の横綱・朝青龍関と、
12勝1敗で単独首位だった大関・白鵬関が昨日対戦し、
朝青龍関が勝って相星とし、
今日の千秋楽を迎えました。
昨日白鵬関が勝てば優勝が決まっていただけに、
ちょっと期待していたのですが、
朝青龍関はドラマチックなシナリオでも
描いているのかと思うくらい、
連敗直後から虎視眈々とチャンスを窺い続け、
強(したた)かに最後の最後で優勝争いに加わりました。

連敗スタートから優勝した力士は未だ存在しないと言い、
自身2度目の5連覇が掛かっているとあって、
昨日白鵬関が敗れた時点で、
朝青龍関の優勝はほぼ間違いないと思いました。
誰も朝青龍関を止めることは出来ないのかと思いました。
きっとこのまま優勝決定戦に持ち込んだとしても、
やはり最後は朝青龍関が勝つのだろうと思いました。
その予想を裏切っての白鵬関の優勝は驚きました。
実際に中継は観ていなかったのですが、
立会いの変化でのはたき込みということで、
ちょっと「汚い手」という気がしないでもありませんが、
勝負の世界ですからね。

やはり横綱に一番近いのは白鵬関でしょうね。
来場所どうなるか楽しみです。
一方で他の大関陣は8勝止まり3力士に、
7勝止まりの千代大海関が
来場所10度目のカド番ということで、
もうちょっと大関らしく奮起して欲しいものです。


さて、ここから本題なのですが、
今日ホーリーホックのホーム戦があり、
雨降る天候の中競技場へ向かいました。
奇跡的に、ほとんど昨年途中からは雨に降られず
観戦することが出来ていたので、
雨天観戦は久し振りです。
しかも今日の相手はJ1降格組で、
水戸も昨年から8試合勝ち星なしの泥沼状態という、
「試合前から勝負が分かっているような試合」なので、
入場者が極端に少ないことは予想出来ていました。
一昨年までの私ならまず行っていなかったと思います。
でも、どんなに下馬評が悪かろうと、
そこに勝つ可能性がある限り、
声を出して選手の背中を後押ししてあげたいという
気持ちが今の私には備わっているため、
凝りもせず足を運ぶのです。
そんな前評判を覆して見返す楽しみもありますし。

前節のアウェイ戦では引き分けて、
ようやく勝ち点1を手にすることが出来ましたが、
出遅れている分、一刻も早く取り返して貰いたい所です。

密かに良い試合になるのではないかと期待したのですが、
そう甘くはなく、相手の豊富な運動量に圧倒されました。
しかも、試合開始早々の前半2分に、
左からのセットプレーからのクロスボールに
ほとんど選手が身動きも出来ないまま、
あっけなくゴールポストのすぐ近くでシュートを打たれ、
芸術的でも痺れるでもないような先制点を挙げられました。
あまりのあっけなさにがっかりすることも出来ませんでした。

これで目を覚まし、立て直していきたいところでしたが、
相手の「ボールを奪ったらすぐ攻撃へ」という早い動き
(当たり前のことなんですが)について行けず、
簡単にゴール近くまで駆け上がられていました。
それも止めることが出来ず、
DFラインがあまり機能していなかったせいで、
最後の砦であるGK本間選手との
直接勝負になる機会が多く、
彼の負担ばかりが目立ちました。

また、水戸がパスを出した瞬間に相手は駆け出して、
パスが到達する頃にはもうマークに着いている、
あるいは途中でパスをカットするというような、
非常に基本に忠実かつ当たり前の守備を敷いてきて、
水戸がもたもたパスをしたり、
パスする相手を探してもたついている所を狙われ、
囲まれて奪われるケースも目に付きました。
運動量云々もありますが、
相手をマークするという本当の動きが、
相手は基本に忠実に行っていただけでした。
そういう意味で水戸の選手はまだちょっと温いです。

そんな完全に押された試合の中で、
前半15分にPKを相手に与えてしまい、
これを決められ早々と2失点目。
全く歯が立たない水戸は前半22分、
今度は、カウンターを全く止めることが出来ず、
ゴールラインからの折り返しを、
ヘディングシュートの練習でもやっているかのような、
平凡なヘディングで合わせられ3失点目となりました。
試合前は「何とかそこそこ闘ってくれるかな」と期待し、
下馬評を覆す活躍すら夢見ていた算段は脆くも崩れ、
大量失点という悪夢が徐々に現実味を帯びてきました。

水戸も、MF眞行寺選手の積極的なサイドからの攻撃や
シュートなどで何度かゴールには迫っていたものの、
相手を冷や冷やさせる程の威圧感はなく、
逆に相手に好き放題やられていました。
それでも何とか前半を0-3で折り返しました。

後半に入ると、前半までの鈍い動きが良くなり、
ちょっとハーフタイムで
雰囲気が変わったのかなと思いました。
そんな矢先の後半開始から僅か4分、
CKから痛恨の4失点目。
悉く水戸は攻守ともセットプレーに弱いです。

「後半に入っても、相手のゴールラッシュは続くのか」
という何点取られるか分からない大量失点への不安と、
「せめて1点は返してくれ」という気持ちで、
試合を見守ることしか出来ませんでした。
しかし、防戦一方だった前半に比べると、
だいぶチャンスが出てきたように思えました。

後半17分、良い形で攻め上がり、
クロスボールが良い所に入ったものの、
ゴール前でごちゃごちゃやっていて、
そのうちまた奪われてカウンターでも喰らうのかと思って
気を揉みながら観ていた所、
一瞬スルッとボールが零れた所を
素早く村松選手が力強く蹴ったシュートが、
横っ飛びしたGKを抜けてゴール左の中段に刺さりました。
そこでいきなりシュートを打つと思わなかったのと、
気持ち悪いくらい綺麗に決まったので、
それまでの鬱憤がちょっと晴れました。
0-4からとは言え、ようやく1点を返しました。
Svs0034




「さあここから反撃ののろしを上げ、
どこまで相手に追いすがれるか」と思った僅か2分後、
中盤の要であるMF小椋選手が
この日2枚目のイエローを貰い、痛恨の退場。
久し振りに今日は審判のひどい判定が目に余りました。
それよりもむしろその前のプレーで、
相手のファウルを取るべきだったような。

ただでさえ、相手の方が力が上なのに、
まだ後半20分も経たないうちに
数的不利にまで立たされるとは。
凌いで欲しいのは山々でしたが、
どうなるか正直分かりませんでした。

それでも、1人少ないことを感じさせず、
むしろ前半よりも良い動きで攻撃も仕掛け、
何度かのピンチもGK本間選手を中心とした
守りで何とか凌ぎ(本当はそこに行くまでに
止めるべきなのだが)、
終わってみれば10人になったにも拘わらず、
そのまま1-4で相手に追加点を許しませんでした。

前半の内容で後半も行っていたら
きっとファン達も不満を爆発させていたことでしょう。
しかし、今日の試合後の選手への拍手は、
久し振りに私も納得出来るものでした。
相手が相手だっただけに「負けは仕方ない」
という見方もあったようですが。
試合は大敗でしたが、
後半は審判の判定の方が目に付き、
選手はよく闘っていたと思います。

勿論、負けて褒める訳にはいきませんし、
チームはとうとう最下位に転落してしまいましたが、
次へ切り替えて欲しいと思います。
あと、余談になりますが、試合開始から程なくして、
雨が止んだのは本当に助かりました。

|

« 残り少ない日数を胸に | トップページ | カモカモカモ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

昨日はお疲れ様でした。
アフターのあとは夕焼けが出ていましたね。
ずぶぬれにならず、助かりました。

ホーリーホックは「生みの苦しみ」なのでしょうか。
早く立ち直って欲しいですね。
見ていていいなと思うところと、もう少しなんとかしてよと思うところと、いろいろです。

初勝利を見たい!
これが一番の願いになってしまっている私…
やっぱりビョーキか!?(苦笑)

投稿: 笑 | 2007年3月26日 (月) 06時28分

もうじらさなくても良いんですけどね。
待てば待っただけ嬉しさがこみ上げてくるってものでしょうが、あまり待たされすぎるとそのうち力尽きちゃいそうです。

天気にはまた助けられました。

投稿: メークイン男爵 | 2007年3月29日 (木) 01時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HH観戦記2007 vol.3:

« 残り少ない日数を胸に | トップページ | カモカモカモ »