« 2007統一地方選 | トップページ | HH観戦記2007 vol.6 »

2007年4月24日 (火)

1台で2台分

今の携帯電話に替えてから、
本当に不満らしい不満はなくなったので、
新たな時代の流れが来たり、
携帯が壊れたりでもしない限り、
何年でも使って居られそうな気がするので、
今の所機種変更する気は全くないのですが、
ちょっと今日衝撃的な情報を入手しました。

以前から「1台の携帯電話で複数の番号を
持てたら便利なのになぁ」という思いはありました。
かと言って何台も持つのはお金が掛かるのと、
そこまでの必要性はないので考えませんでした。
その後、デュアルネットサービスなどを経て、
少し前になりますが、「マルチナンバー」という
1台の電話機に複数の番号を付与できる
(1台で複数の携帯番号を使い分けられる)
サービスが登場し、それが現実的な話になりました。

けれど、実際は「別の番号」を持てたとしても、
使う頻度は通常の番号から比べると圧倒的に少なく、
月額料を払ってまで必要なものなのかと考えると、
ちょっと贅沢な気がして利用するのを断念しました。

その後、「もう一つの携帯メールアドレスがあったら、
これはよく使いたい場面があるから便利だな」と思い、
有料でも良いからそういうサービスの予定はないものか、
携帯会社に実際に問い合わせてみました。
しかし、そういう要望は多く寄せられているものの、
今の所予定はないというお返事でした。

仕方なく諦めて、冷静になって考えてみると、
使用頻度を考えるとやはりこれも大して高くはないので、
「まぁしょうがないか」という結論に至り、
珍しく、特に未練などもなくそのまま忘れました。

果報は寝て待てと言いますが、
忘れた頃に突然吉報が届きました。
何と、次回の新機種には
あたかも2台の携帯電話を持っているように、
電話番号とメールアドレスをもう1つずつ扱える機能を
標準搭載するとのことではないですか。
この画期的なサービスにはびっくりしました。

「写メール」や「着うた」がそうだったように、
そのうち他社も追随して、
いつの間にかスタンダードになってしまう
という気が今からしています。

月額約1,000円は決して安くはないですが、
携帯アドレスが2つ持てるのは大きいですし、
まぁそんな破格でもないかなという気はします。
実際、社会人になった時も
「仕事用の番号が持てれば良いのに」と思いましたが、
社会人3年目になった今の方が、
その頃より必要性が増してきたような気がします。
ましてアドレスも使い分けられれば鬼に金棒です。


―とまぁ、こんな思いが頭を駆け巡ったのですが、
冒頭でも述べたように今の機種は気に入っているので、
無理して機種変更する気持ちはあまりないということと、
まだこのサービスが駆け出しであることから
もう少し様子を見てみようかなという気持ちがあり、
暫くはこのままで行こうかなと思います。
でも時代の流れは必ず来ると思うので、
遠くない未来に利用するようになる可能性は大です。

|
|

« 2007統一地方選 | トップページ | HH観戦記2007 vol.6 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

そんなに使いやすい今の機種・・
なんて機種?ドコモかな?
よかったら情報希望です^^

投稿: 酔倒 | 2007年4月25日 (水) 06時39分

1台の携帯で2つの番号、2つのアドレス?
携帯をほとんど使っていない私には無縁かな…
私が使うのは、ホーリーホックの時と、遠くに出かけるとき、それだけ。

それでも仕事に出かけている人には欲しい機能かも…
プライベートな番号と仕事の番号…
プライベートなときは、仕事の番号を切っておいて、絶対に出ない!
うん、これは便利そうですね。

ちなみに、私の仕事先の大先生、080を090と思い込んでいて、一度も私の携帯につながったことがないんです。(汗;)

投稿: 笑 | 2007年4月25日 (水) 07時19分

>酔倒さん
まぁかなり僕の主観が入ってますし、使い勝手や好みは個人によって異なりますからね。あくまで僕の贔屓目ってことで。でも自分ではお気に入りです。

>笑さん
仕事とプライベートも分けたいですし、一番はちょっとした用とかで番号を書かなきゃいけない時に、もう一つあると便利ですね。

080と090は気を付けないといけないですね。

投稿: メークイン男爵 | 2007年4月26日 (木) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/722/6203392

この記事へのトラックバック一覧です: 1台で2台分:

« 2007統一地方選 | トップページ | HH観戦記2007 vol.6 »