« 永遠のDistance | トップページ | 第69代横綱白鵬誕生 »

2007年5月29日 (火)

沖縄家族旅行2007

24日(木)~28日(月)まで4泊5日で、
沖縄の親戚の所に家族で遊びに行ってきました。

沖縄へ行くのは私が11歳(小5)、
17歳(高校の修学旅行)、23歳(昨年)の時に続き
今回が4度目ということで、
飛行機で行く旅行先としては最多です。

ただ、沖縄旅行以外も全て含め、
これまで乗った飛行機のほとんどは
日本航空(JAL)だったので、
今回は行きも帰りも全日空(ANA)という
非常に珍しいパターンとなりました。
今まで勝手にJALを贔屓目で見ていましたが、
ANAもなかなか良いもんですね。

出発前に半袖を持って行くか長袖を持って行くかで
結構迷いました。
梅雨入りしたと聞いていたので、
「いくら沖縄と言えど梅雨入りで雨が続けば、
気温より実際の体感温度は寒く感じられるのではないか」
「まだ半袖には(時期が)早いかもしれない」などと考え、
結局一か八かで半袖主体で着替えを詰めました。

出発日は関東は半袖で居られる陽気だったのですが、
電車や空港内や機内など
どこもかしこも冷房が効いていて、
半袖を着ていったのが裏目に出た感がありました。
「加えて沖縄がもし梅雨寒状態だったら…。」
そんな不安を抱えて那覇空港へ降り立ちました。

しかし、心配無用でした。
降り立った途端、生暖かい空気を肌で感じました。
むしろ湿気を含んでいて蒸し暑ささえ感じました。
しかも梅雨っぽくない(現地の人の話)というおまけ付き
(異常気象かもしれないので素直には喜べないが)。


これまででだいぶあちこちを旅行出来たのと、
思い切って3泊4日にしようと計画したので、
今回は初めて本当に航空券を買っただけの
ツアーとは全く無縁の旅行にしました。
ツアーは2泊3日のパターンが多く、
出発時刻の待ち合わせなどで意外にゆっくり出来ない
ということもあって、申し込まなかったのでした。

親戚の家に3泊もしてしまいましたが、
色んな所を案内してくれて楽しめました。
今回は観光バスでは通らないような、
ごく自然な街中の風景や、様子が窺えて、
また違った新鮮みのある旅行でした。

例えば、偶然街を歩いていたら、
何気なく道端のちょっとした駐車場に
8台くらい車が駐めてあるのが目に入り、
しかも何気なく違和感があったのでよく見ると、
レアなナンバープレートを付けた車を発見しました。

S0178




こういうナンバーは米軍基地の近くに行くと
よく見掛けることが出来るのですが、
今回は沖縄の「縄」が旧字体というもの。
個人的には「激レアっぽい」と大興奮なのですが。
Photo_4






25日(金)と27日(日)は「折角沖縄に来たんだし」
と今年初めて海水浴を楽しみました。
27日に行ったビーチは場所が場所なだけに、
外国人の割合が7割くらいを占め、
一瞬日本人が外国のビーチへ
観光に来たかのような錯覚を起こす程でした。

確信犯的な所もあるのですが、
日焼けしすぎて今肩から背中がピリピリしてます。
ちょっと急激に焼きすぎました。
筋肉痛も多少はあるのですがそれが気にならないくらい、
日焼けが半端じゃなく痛いです。


無計画だった割には4日間をそれなりに楽しめ、
日曜日になり、沖縄を離れる時が近付いてきました。
沖縄の街並みに別れを告げ那覇空港のロビーへ行くと、
思ったより混み合っていました。
というか物凄く混んでいました。
何か混みすぎっしょ!!!

それもその筈、ニュースにもなっていたようなので
もうお分かりかと思うのですが、
全日空でコンピュータのトラブル障害が発生し、
大幅に空のダイヤが乱れていたのでした。
そうと知って、慌てて今一度出発便一覧を見遣ると、
ほとんどの備考欄には「遅延」とありました。
「うわーえらいこっちゃ!」と思いながら
下の方を見ると「欠航」なんて書いてある便まで…。

「何か大変なことになってるな。因みにどこ行きの…」
と思いながら確認すると、それはまさしく、
自分達が乗って帰る筈だった飛行機じゃないですか!
「欠航って…」(絶句)。
S0182





情報が錯綜していたので、
取り敢えずバカみたいに長蛇となっていた列に並び、
その間手分けして色んな窓口で確認しました。
結局最後まで情報はごちゃごちゃしていましたが、
もう翌日にならないと帰れない
ということだけははっきりしたので、
航空券を振り替えて貰う手続きをしました。
その間、沖縄で唯一の鉄道(モノレール)である
「ゆいレール」と那覇空港駅を記念に撮っていました。
何しろ手続きが終わるまで3時間も費やしたので。
S0184





こうして、意図せずもう1泊することになったのです。
3泊4日のつもりが4泊5日に。
今度こそ最後の晩餐を、ということで、
サンエー那覇メインプレイスというお店内にある
レストランフロアで夕食を取ることになりました。
すると、たまたま新曲発売を記念して、
いっこく堂さんが特設ステージにて
ライブを行っていました。
全くの偶然だったのですが、
生でいっこく堂さんを見ることが出来ました。

因みに楽曲のタイトルは、
『生きてるだけで それだけで』。
傷心の今考えてみると、何かズンと突き刺さる言葉です。


そして昨日28日(月)に沖縄滞在5日目を迎えました。
事前の天気予報では土日は崩れる予報でしたが、
雨が降らなかったばかりか日曜日は日差しも強く、
梅雨入りしているにも拘わらず、
天候に恵まれた5日間となりました。

行きも帰りも富士山が綺麗に見えました。
S0016

|

« 永遠のDistance | トップページ | 第69代横綱白鵬誕生 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ロキと話していたんですよ、男爵くん、まさかこれに引っかかっていないよね、って…
やっぱり全日空のトラブルに巻き込まれたんですね。
トラベルでトラブルなんちゃって…(爆)
まあご家族と一緒でということもあり、所持金がなくなって途方にくれている姿は想像できなかったので心配はしませんでしたが。(笑)

それにしても梅雨の沖縄で…と思っていたのですが、まずまずの天候でよかったですね。
海水浴まで!羨ましいです。

私にとっては沖縄は未踏の地です。
唯一異国的日本が感じられるところですよね。
男爵くんには、そう珍しい光景でもなくなっちゃっているのかな。
車はほんと、レアですね。
いっこく堂も…

投稿: 笑 | 2007年5月29日 (火) 05時55分

見事に巻き込まれましたよ。ええ。影響が出た客の一人です。リアルに。
沖縄は良い所ですよ。茨城空港の開港に否定的な意見が多いのも事実でしょうが、沖縄への旅行が行きやすくなる(予定)という点なども含め、私はどちらかと言うと賛成派ですね。

今日になって、更に日焼けの痛みが激化しました。

投稿: メークイン男爵 | 2007年5月29日 (火) 19時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄家族旅行2007:

« 永遠のDistance | トップページ | 第69代横綱白鵬誕生 »