« 2つの時空の間を彷徨う心 | トップページ | 肝心な時に使えない »

2007年5月23日 (水)

HH観戦記2007 vol.8

今日は久し振りにホーリーホックのホーム戦が、
平日ナイターとして行われました。
今日の相手はこの所3連敗を喫するなど、
今一つ波に乗り切れていないため、
水戸が今季ホーム初勝利を挙げるには
絶好の相手だろうと思われました。

しかし、スタメンとリザーブ(控え)が発表になった途端、
「今日は何か策でもあるのか?調子でも悪いのか?」
と心配になりました。
何しろチームの柱とも言うべきGKの本間選手や、
守備の要の鈴木和裕選手が控えに回ったのを始め、
金沢選手や小椋選手に至ってはリザーブにさえ
登録されなかったとあって、
今季のここまでの闘い方を考えると
「おや?」と思わず首を傾げそうになるオーダーでした。

きっと何か考えがあってのことだろうとは思いましたが、
折角今日は絶好のチャンスなのに、
肝心の布陣がこれで良いのかと思ってしまいました。
チームが若手中心なだけに
今流行の麻疹の影響を受けていなければ良いのですが。

蓋を開けてみれば、
予想よりも更に内容の悪い試合となりました。
というのも、選手の動きが全体的に鈍いというか、
言い方を悪くすれば、やる気がないとしか
思えないような怠慢な動きに見えました。
積極性に欠ける動きに見えて仕方なかったのです。
最初からゲームを投げているのかとさえ思いました。

「これじゃいくら相手も調子が悪いとは言っても、
このまま行ったら先制点を取られるのも
時間の問題になっちゃうよ。もっと危機感持ってよ。」
と思っていたのですが、相変わらず動きが鈍く、
前半14分にスローインからピンチを作り、
クリアできずに逆に相手をフリーにしてしまい、
あっさり先制を許してしまいました。

その後も押し込まれる場面の方が多く、
相手にボールを支配される時間の方が長く、
ボールもなかなか前線まで繋げませんでした。
そのうち、前半30分にCKから合わせられ2失点目。
もっとしっかりマークすれば防げたと思うのですが、
如何せん何となく動きがだらだらしていて、
隙だらけという感じがしました。

後半に入っても今一で、
後半9分にはダメ押しとなる3点目を決められました。
流石にこれではいくら不調の相手とは言え、
相手の気持ちをグッと楽にしてしまったでしょう。

水戸は3失点してからようやく
本来の鋭いサッカーが戻ってきて、
徐々に積極的にゴールを狙いに行く姿勢が見え始め、
パスも徐々に繋がり出し、
前線へ切り込んでいくシーンが増えてきました。

そして遂に後半18分、左サイドからのパスを
ゴール正面やや右の位置で受けたFW西野選手が、
相手ディフェンスに一瞬躊躇いながらも、
豪快に振り抜いたシュートが見事に決まりました。

その後もすぐにCKなどで勢い付いた水戸は、
俄かに押せ押せムードになり、
1-3というスコアもまだまだ分からないという
雰囲気になってきたような感じだったのですが、
もう一歩の所でゴールを決められず、
結局そのまま試合終了となってしまいました。
最初から後半のような闘いを見せてくれていたら、
相手にとってもやりにくかったと思いますが、
あれじゃ相手も落ち着きを取り戻してしまいますね。

今季ワーストとも言えるような内容で、
ちょっとどうしたのかなと思いました。
控えの選手を試そうと思ったのかもしれませんが、
何だか意図がちょっとよく分かりませんでした。

|

« 2つの時空の間を彷徨う心 | トップページ | 肝心な時に使えない »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

前半は酷かったですねえ。
サッカーをしなれていない選手が、いきなり前線にほおりこまれて、まとまって固まっているように見えました。
あんな状況初めてみたので結構ショックでしたが、やっぱりベストメンバーを組めなかった苦悩の挙句と思ってあきらめます。
後半はまあまあですが、今まで切れのいいサッカーを見せてくれていたホーリーホックにしては、いまいち不十分でした。
次回に期待ですね。

投稿: 笑 | 2007年5月24日 (木) 10時36分

次のアウェイ戦も負けてしまったようで。
第2クールに入っても波に乗れませんね。
もう今季はとことんダメホーリーホックを応援するだけです。そんなシーズンもきっとあるもんなのでしょう。

投稿: メークイン男爵 | 2007年5月28日 (月) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HH観戦記2007 vol.8:

« 2つの時空の間を彷徨う心 | トップページ | 肝心な時に使えない »