« No.51鈴木選手 | トップページ | 国保&国民年金再加入 »

2007年5月16日 (水)

下着の世代交代

いつも買っている納豆が置いていなかったので、
たまには違う納豆でも食べようと思って
たれに特徴があるという
違うのを買っておいたのですが、
昨日の朝食でそれを食べる機会がありました。

父は食べながら、
「この納豆はたれがとろっとしてんだわ」
と感想を述べた後、「でもからしが付いてないんだわ」
と付け加えました。
いつも通りからし付きでないと気持ちが悪いのでしょう。
だから私はフォローしておきました、
「『専用のたれが付いてるから許したれ』
ってことじゃないの?」

――まぁいいや。


今に始まったことではないのですが、
大概いつの時代も自分で気に入っている下着
(特にトランクス)というのはあるのですが、
繰り返し穿いているうちにゴムが伸びてきたり、
生地がヨレヨレになってきてしまうんですよね。

最近もまた数着のお気に入りトランクスが末期状態に。
私はそのトランクス達の哀れな姿を見ながら
心の中で叫びましたよ、
「…ト、トランクスっ!!」
(もう間違いなくベジータの声でした)。

。。。

遂にドラゴンボールネタを絡ませてしまった…。
今まで懸命に抑えて書いてきたのに。
今宵崩壊。

だって、台詞が血となり肉となり、
この体の一部となっているんですもの。許して。
簡単に解説を加えますとね、これはですね、
トランクスが、18号抜きで復活したばかりの
セルに一撃でやられてしまったんですね。
その時息子(トランクス)の姿を見て
ベジータさんが発した台詞ですね。

―まぁいいでしょう。次行って下さい。(了解)。


最近、サザンオールスターズの
『Bye Bye My Love(U are the one)』
が無性に聴きたくなってしまうのですが病気ですか?
(むしろ僕は誰に相談しているんですか?)
前はどちらかというと、『希望の轍』だったのですが。
因みにホークスの小久保選手が
打席に立つ時のテーマとして採用しているため、
前奏が流れます(今年は分かりません)。

|

« No.51鈴木選手 | トップページ | 国保&国民年金再加入 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下着の世代交代:

« No.51鈴木選手 | トップページ | 国保&国民年金再加入 »