« 青春か!(タカアンドトシ風に) | トップページ | HH観戦記2007 vol.8 »

2007年5月22日 (火)

2つの時空の間を彷徨う心

1年前の約束を果たすため、
昨日、今日と前の職場へ行きました。
とは言っても、通常業務とは全く違う野暮用を
私よりベテランの従業員さん達と共に
別な所へ出掛けて行うというものなので、
仕事と言ってもそんな仰々しいものではありません。

ただ、1年前のこの時は、
私は職場で留守番をしていたため行けず、
「来年は一緒に行きましょう」と従業員さん達に誘われ、
行く気満々で「是非」と約束していたのです。

結局私は退職してしまったのですが、
疎遠になるのが嫌だったということもあり、
「今年は行きますので絶対誘って下さい」
と退職前に念を押していたのです。
でもそれは決して「約束を守りたい」という
義理や意地などでも、社交辞令でもなく、
自分の本心から出た言葉でした。

昨日、退職後初めて通い慣れし道を通りましたが、
久し振りの長距離運転でちょっと緊張した以外は
それ程通勤路だった景色などに変わり映えもなく、
懐かしさという程の感情も湧きませんでした。
「ちょっとの間来ていなかったけど、
いつもと変わらない日常の風景」という感じでした。
あれから1ヶ月半以上経つというのに、
それこそ1、2週間程度欠勤していただけのような
錯覚さえ起こしていたのだろうという気がします。

まだ日が浅い方ではあるでしょうが、
従業員さん達を久々に見ても
懐かしさより安堵感の方が強く、
ちょっと前に顔を見たばかりのような
錯覚を起こしました。

でも今の職場の様子や最新情報などを聞くと、
自分が居なくなってからも確実に
職場の時間は進んでいた訳で、
少しずつ変わっているということを思い知らされた時、
やっぱり退社後からの空白の時間を感じました。

でも、本当に自分にとっては楽しい時間でした。
所詮職場だけの付き合いなので、
それまでと言えばそれまでなのですが、
出来ることなら知人として
末永くお付き合いしたい方々です。
今はこうしてここに変わらず勤められているので、
私としても拠り所として行き易いのですが、
この従業員さん達が辞められてしまうと、
従業員さん達とも職場とも
全く接点がなくなってしまう可能性が高いのです。


思いもよらず2日とも参加出来ることになり、
昨日は「明日も来ますので」という感じで、
まだ一日残っていたので嬉しい気分で帰りました。
しかし今日は、少しずつ忍び寄る別れの時が
脳裏を過(よぎ)り、その度に切なくなりました。

次またいつ遊びに行けるか分かりません。
今回は偶々うまくスケジュールが合いましたが。
親としてもあまりしょっちゅう私が前の職場に行って
喜んでいたら快く思わないかもしれませんし、
巣立ちという意味でも、
心が前の職場から離れられないでいるのを助長しそうで、
あまり癖になってはいけないのかなという気もします。

ただ、本当に有り難いことですが、
今回同行した従業員さん達以外の職場の方々も含め、
時々話題にしてくれて気に掛けてくれているようですし、
私が遊びに来ることを楽しみにしてくれてもいるようで、
辞めてなお話に出してくれることは非常に光栄です。


やっと1ヶ月くらい掛かって、
前の職場への未練を何とか断ち切ったと思ったのに、
今日の帰り際にはまたぶり返していました。
今ならまだ普通に前のように仕事も出来ますし、
配置や要領なども忘れていませんからね。

ただあの頃は新しい生活への転換に
戸惑いを感じ落ち着かない自分が居ましたが、
今回は「これはあくまで小旅行(趣味)であって、
明日からは自分の仕事に戻らなくちゃいけない」
というような気持ちには否が応でもなっている所が、
多少気持ちの整理がついたのかなぁとは思いますが。
よく世間的に言われるように、単に時の流れが
解決してくれているだけなのかもしれませんが。

まぁ、体は一つしかないので、
どっちにも身を置きたい所ですが
こればかりは諦めて自分の選んだ現実を選ぶしか
方法はないですね。
あの当時は本当に情緒不安定気味でしたが、
少しは“親離れ”出来てきたのかもしれませんね。


そんなこともあって、
今日愛車の走行距離が53,000kmを突破しました。
ほんと、めっきり車乗らなくなったよなぁ。

|

« 青春か!(タカアンドトシ風に) | トップページ | HH観戦記2007 vol.8 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

なるほど、そういうことだったのですね。
留守番だったよもぎとり…いい話です。
ほのぼのとしていて男爵くんらしい…

普通は前の職場には行きませんが、行っていけないということもありませんし…
確かに知った顔がいなくなるにつれ、足は遠のきますね。
男爵くんのために、いつまでも在籍していて!と思ってしまいます。

君は愛される人柄をお持ちなので、いつまでも忘れられませんよ。

気分転換になりましたね。
楽しいときをおくられたようでよかった。

投稿: 笑 | 2007年5月23日 (水) 06時20分

よもぎの話はブログでは一応伏せたかったので敢えて回りくどい言い回しになってしまったのですが…。ま、いっかってことで。

本当に有り難いことです。今ちょっと切ないです。

投稿: メークイン男爵 | 2007年5月23日 (水) 12時47分

あ、しまった!
ごめんなさい。

投稿: 笑 | 2007年5月24日 (木) 10時38分

ま、隠す程のことでもないので、大丈夫です。変なこだわりで申し訳ないです。

投稿: メークイン男爵 | 2007年5月28日 (月) 20時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2つの時空の間を彷徨う心:

« 青春か!(タカアンドトシ風に) | トップページ | HH観戦記2007 vol.8 »