« 下着の世代交代 | トップページ | お買い物新スポットへ »

2007年5月17日 (木)

国保&国民年金再加入

3日程前に国民健康保険と国民年金の加入手続を
ようやく済ませました。
本来なら4月に入ってすぐに手続きをすべきでしたが、
必要な書類等が父も私もよく分からず、
そのまま放置していました。
この1ヶ月半は保険証がないまま過ごしていました。

2年前は職場の方で指示された通りに従って、
職場の保険等へ加入したので
あまり手続きに詳しくない私でも何とかなりましたが、
今年4月から自営業になるのに伴って、
再び国保、国民年金への切り替えに迫られていたのです。

本当は新雇い主である父が色々と
退社前に指示を出してくれれば一番良かったのですが、
何も言われぬまま退社を迎えてしまいました。
そのせいで、状況が整理できていなかったので、
とりあえず4月からは親の扶養ということで、
失業保険にも入るというような申請をしたのですが、
「社員になるんだから扶養じゃないし、
失業保険も申請の必要はないよ」
と後になって言われる始末。
(常識と言われてしまえばそれまでですが)。

そして更には今になって、
「(国保と国民年金の加入申請に)何が必要か
市役所に電話して聞いとけ」といきなり言われても。

拙者、そこら辺の仕組みが
まだよう分からんっちゅうねん。
もし何か書類が足りないということになって、
今更前の職場に電話することになったら、
正直ちょっと気まずいっちゅうねん。

とまぁ文句を言いそうになりつつも、
常々早く精神的に親から独立したいと思っているので、
こういう時もいちいち親を当てにしてはいけないと思い、
開き直ってまず市役所に電話しましたさ。

問題は年金手帳でした。
これはほぼ間違いなく必要だろうなと分かっていたので、
だからこそ手続きを先送りしていたとも言えるのです。
なぜなら、私の記憶では前の職場に入った時に
預けっ放しのまま返して貰った記憶がなかったので、
そうなると、職場に確認しなくてはならなかったのです。

「そのうち郵送で送り返してくれるのかな」
などと期待していた面もあったのですが、
一向に送られてくる気配がないので、
「(既に返して貰って)自分で持ってるのかなぁ」
と思って、一応探してみました。
しかしやはり心当たりのある所を探しても見付からず、
ここは諦めて電話して聞いてみるしかないと
覚悟を決めました。
「気楽に掛ければ大丈夫さ、あまり考えずに平常心で。」

しかし、もし職場になかったら、
勇気を出して電話をする意味がなくなるので、
念のためもう一度自分で持っているのか
確認するだけしてみようと思いました。
(そんなに電話したくないのかと言われそうですが)。

書類や物で部屋中ごちゃごちゃしていて、
何がどこに入っているかなんて分からないので、
多分あったとしても探すのは容易じゃないなと思いました。
あるかどうかも分からない物を探すには、
あまりにも環境が悪いと言えました。

「前に返して貰ったのかなぁ。覚えてないけど…。」
と思いながらもう一度探してみると、
紙と紙の間に挟まっていました。
まさか2年で辞めるとは思っていなかったので、
適当に入れておいたのがそのうち埋もれたっぽいですが、
何はともあれ出てきて良かったです。
そして、確認の電話をしなくて良かったです。
(危なかった)。

もう年金手帳が見付かればこっちのもんです。
細かいことを心配して考え込み
足が竦(すく)んでしまわないように、
他に何か足りなかったとしても、
とりあえず市役所の窓口に突撃してから対処しようと、
勢いで早速手続きに出掛けたのです。

まぁよく考えてみれば、
20歳の時に国民年金の加入手続をしたのも
全部自分でやってますしね(当たり前か)。
住民票の異動とかも。
恐れるに足らずってことですよ。
No more 悩み無用ってことですよ。

しかし、まだまだ世の中には分からないことが沢山。
税金とか。
早く一人前にならねばならん。

|

« 下着の世代交代 | トップページ | お買い物新スポットへ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

年金手帳、出てきてよかったですね。
他人事ながらドキドキしちゃいました。

市役所は大体親切なんですが、お宅の方の市役所はー私にとってはーちょっと苦手です。(汗;)

それにしても、この1ヶ月の間に何事もなくてよかったです。

分からんことが多すぎる…
この年になってもまだまだ分かりません。
税務署…これは怖いというイメージがありますが、案外親切です。
今度は「突破!税務署!」ですね。

投稿: 笑 | 2007年5月18日 (金) 07時02分

考えてみると保険証を持たないで過ごすというのは危険ですよね。良かったです。
年金手帳は、あの散らかった中を整理しないで出てきてくれて助かりました。それこそ大掃除の騒ぎになる所でした。
市役所はどこも違いはさほどないというイメージだったのですが、笑さんが行かれた所は好意的な雰囲気なんですね。

分からんことが多くて、ちゃんと生きていけるのか心配になる時がありますね。
税務署ですか。そうですね。うーんそのうち。

投稿: メークイン男爵 | 2007年5月18日 (金) 20時52分

辞めるときに職場の方から説明はなかったんですか?
私は説明する側の人間ですが、
雇用保険、健康保険、年金…ちゃんと(多分^^;)説明しますよ。
一生に何度もあることではないので不安はあると思いますが、手続きが無事終了してよかったですね^^。

投稿: nami | 2007年5月19日 (土) 14時19分

「扶養…ですよね?」とか「失業保険は申し込みます?」という確認はされましたが、そんな説明まではして貰ってないですね。
namiさんにお聞きすれば良かったです。

投稿: メークイン男爵 | 2007年5月19日 (土) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国保&国民年金再加入:

» 保険会社リンク集 [保険会社リンク集]
保険に関するリンク集です。保険の比較などにどうぞ  [続きを読む]

受信: 2007年5月21日 (月) 08時06分

» 国民年金・年金時効撤廃特例法案が成立 [厚生年金]
昨日の国会での年金問題での審議にて国民、厚生両年金の受給漏れが判明しながら年金請求権の時効(5年)が消滅したために「泣き寝入り」となっていた受給者が少なくとも25万人、総額950億円に上ることが30日、社会保険庁の推計で分かった。与党提出の年金時効撤廃特例法案が成立すれば、本来より少ない年金額しか受け取っていない受給者が、時効以前にさかのぼって差額分を受け取ることも可能になるようです。 社会保険庁のずさんな管理により、積み立ていたのに証拠がないとのことで、その期間の支給がうけ...... [続きを読む]

受信: 2007年5月31日 (木) 15時20分

» 国民健康保険とは [車とバイクの情報館]
日本に在住している人であれば、国民健康保険への加入は、職場の健康保険に加入している人や生活保護を受けている人を除いたすべての人が義務づけられています。 [続きを読む]

受信: 2007年6月 2日 (土) 00時35分

» 国民年金 5000万件の年金記録紛失問題について [国民年金]
年金記録紛失問題について、政府は基礎年金番号と統合されずに不明となっている5000万件について、来年5月までの1年間ですべて照合する方針ですが、かりに全照合されても、これで全て解決と思っている人が多いのではないか。 ことは、そう簡単ではなさそうですよ。 5000万件全件照合すれば、1年後には未統合のものがゼロと考えるのは間違いで、全件照合が完了したからといって、直ちに未統合が解消するわけではない。ただ、5000万件と統合済みの記録を、氏名や性別、生年...... [続きを読む]

受信: 2007年6月12日 (火) 01時40分

« 下着の世代交代 | トップページ | お買い物新スポットへ »