« 『天国からのラブレター』 | トップページ | No.51鈴木選手 »

2007年5月14日 (月)

続・『天国からのラブレター』

昨夜ブログを書き終え、
一旦は眠りに就こうとしたのですが、
どうにも続きを読みたいモヤモヤ感があって、
脳が興奮して眠れないので、
またガサゴソ起き出して続きを読みました。
そしてその勢いで一気に
最後まで読み切ってしまいました。
時計は今朝の4時近くになっていました。

私が物事を考える時、
大概一旦自分の身に置き換えてから、
自分なりに解釈したり、
自分の考え方と照らし合わせてみたりします。
喜怒哀楽全てにおいて
自然とそういう考え方をしてしまうようです。

ただ、この中で断トツで応えるのが「哀」です。
悩みの相談を受けると自分まで悩んでしまいますし、
悲しい話を聞けば自分のことのように悲しくなります。

だから、この本を読み終えた時、
それまでの幸せと愛情に満ちた人生と、
それを本当に残酷な事件によって
強制的にお仕舞いにされてしまったギャップとが
あまりに大きすぎて、
半分放心状態になっていました。

まだまだ生きたかっただろうと思います。
全く知らない人に命を奪われて、
自分の意志に反して
突然人生に終始を打たれてしまった無念。

そして遺された旦那さんも、
随分辛い日々を過ごされたと思いますし、
今尚辛さや悔しさは消えないと思います。
私も悔しさを感じずにはいられませんでした。
事件に巻き込まれたのは今の私より若い
23歳の時ですからね。

私の時より遙かに内容の濃い23歳
だったに違いありませんが、
もし私が当事者だったらその苦しみに
耐えられていただろうか、自信は持てません。

そして、もう一つ読んでいて思ったのが、
世の中にある様々な物が、
どういう人たちによって思い出となっているか分からない
ということでした。
服装にしろ、汚れた川にしろ、おんぼろな建物にしろ、
流行歌にしろ、テレビ番組やCMにしろ、有名人にしろ、
新しいテーマパークにしろ、街を行き交う人々にせよ、
誰がどこに気を留めて、何を思い、
そして何が思い出になっているか分かりません。

人によっては大した興味のないものでも、
人によっては凄く大切なものだったりするということが、
本当に他愛ない話題の中から感じられました。
人間にせよ、一人で生きている訳ではない訳で、
誰かが生きていれば色んな人がその人に、
何かしらの形でも関わっているのが、
世の中という摩訶不思議な世界の魅力でもあります。

最後になりますが、
私はかねがね「一番嫌いな漢字は何だろう?」
と考えているのですが、
やはり「殺」かなと思います。
全てではないですが、
良くない意味として使われる熟語の方が
圧倒的に多い気がします。
悪い意味でこの字が使われることのない
平和な世の中になってくれることを願ってやみません。

|

« 『天国からのラブレター』 | トップページ | No.51鈴木選手 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

思い出というものは…
そう、小さなものでも大切なものなんです。
ほかの人は覚えていないようなことが、自分にとっては大きなものだったりもします。
今やっていることも、後になって凄くいい思い出になると思います。

幸せを奪う権利は誰にもないはずなのに、こういうことがおきる…
全く理不尽なことです。
私も「殺」はキライです。
「裏切り」はもっときらい…かな。
いい世の中になってほしいですね。

投稿: 笑 | 2007年5月15日 (火) 06時07分

「モノより思い出」なのかもしれませんが、モノも思い出を形作る重要な要素ですしね。

なかなか最も嫌いな漢字1字を挙げなさいと言われても選出に困りますよね。
皆それぞれに良さや成り立ちがありますからね。

言ってる側から今日もまた…。
心から世の中がもっと正常であって欲しいと思います。解決策が果たしてあるのかどうか…。

投稿: メークイン男爵 | 2007年5月16日 (水) 01時08分

母親には最後まで何があったか分からなかったことでしょう。
昨夜はロキに「今日は部屋に鍵を閉めて寝る!」と言ったら半分信じた…。
私ってそんなに信用のない母親だったのかな。(汗;)
うちはベタベタ親子というより、友達親子を目指していましたので、そういう面ではちょっと信頼感がなかったかもという反省心が…

母親というものは最後の最後まで子どもを信じます。
どうしようのない子どもであっても…
細かい部分ではあれこれ言ったりしますが、根の部分では信じてしまうのです。
これは父親には分からない世界なので、男爵くんは一生分からないと思うのですが、母親というものはそういう生き物なんです。

ちょっとおかしいかも知れませんが、私は愛する人になら殺されても文句は言いません。
しかし、殺した人が罰せられてしまうと困るので、「ちょっと待って!」くらいのことは言いますが。

母親とはこういうものだと頭の中に入れておいてくださいね。

投稿: 笑 | 2007年5月16日 (水) 12時17分

……。
分かりました。

投稿: メークイン男爵 | 2007年5月16日 (水) 21時33分

熱すぎたか…(汗;)

投稿: 笑 | 2007年5月16日 (水) 21時39分

熱いのは大丈夫です。
ただ、断言されてしまったので、何も返しようがなくて…。

個人的には、男女間で思考回路に違いがあるというのは理解していますが、世の中の母親が皆同じとは限らないと思いますし、父親についても同じことが言えるのではないかとは思うのですが。

投稿: メークイン男爵 | 2007年5月17日 (木) 19時47分

反省…
そういう父親もいるかも…
ぜひそういう父親になって!

投稿: 笑 | 2007年5月17日 (木) 20時07分

はい。頑張ります。
偉そうなことを言ってすみません。
まだまだ世間知らずの若造です。

投稿: メークイン男爵 | 2007年5月18日 (金) 00時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続・『天国からのラブレター』:

« 『天国からのラブレター』 | トップページ | No.51鈴木選手 »