« ヘアムース | トップページ | 続・『天国からのラブレター』 »

2007年5月13日 (日)

『天国からのラブレター』

今日本屋さんに行ってきました。
目的の本も買ってきたのですが、
偶々ついでに文庫本なども見ていたら、
一冊の本が目に留まりました。

タイトルは『天国からのラブレター』(新潮文庫)で、
「光市母子殺人事件」の被害者である奥さんと
遺された旦那さんの、本村洋・弥生さん夫妻の
手紙のやりとりをまとめた本です。

ニュースなどで以前にこの本が出版されたことは
知っていましたが、
今年になって文庫本化されていたようです。
数ページ立ち読みして買おうと決めました。

現在196ページまで読み掛けた段階なので、
全てを通して読んだ感想ではないのですが、
こういう素敵な恋愛を経て結婚し、
幸せな家庭を築き出したばかりの夫婦が、
突然凄惨な事件に巻き込まれ、
永遠に別れることになってしまった
悲しさや喪失感には胸が締め付けられるような気持ちで、
いたたまれなくなります。

常識では考えられないような凄惨な事件や、
あまりの愚行に腹立たしさを感じる事件が後を絶たず、
その度に何とも行き場のない怒りを覚えますが、
被害者の奥さんにしても、
まさか自分の未来にこういう結末が待っているとは
思いも寄らなかったことでしょう。

先に「結末(事件)」を知っているからこそ、
この本村夫妻の幸せな様子が応えます。
何故彼らがこんな運命を歩まねばならなかったのか、
何の罪もない人たちが被害に遭わねばならないのか、
本当に遣り切れない思いがします。

本当はこうして感想をブログに書くことを
躊躇ったりもしたのですが、
読み進める度に感じる微笑ましさと、
同時に感じる何とも言えない深い悲しみから、
どうにも書かずには居られませんでした。

「人間、何が原因で何時死ぬか分からない」というのは
ニュースなどで事故や病気などで亡くなる方を知る度に
思うことですが、
自分の命も人生も大切にしなくちゃならないなと
感じさせられます。
「先のことは分からないから、
長期的な計画を立てるより今を懸命に生きよう」
と後先を考えずに生きようと考えた時期もありました。

それは極端にしても、
今を懸命に生きるというのは大事だと思います。
忘れかけつつありましたが、
改めてそう強く思いました。
人生の時間は無限ではないですから。

|

« ヘアムース | トップページ | 続・『天国からのラブレター』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

犯罪になどに巻き込まれずに布団の上で死んでいくのが大多数です。
それでもいつ、どうなるか分からない時代です。

私も残り時間の方が短くなってきました。
私が生き急いでいるように見えたら、そこを自覚したからと言っておきましょう。
人間の寿命は分からないものです。
父も交通事故がもとで亡くなりました。

私自身、いつ死んでもいいという思いはあるのですが、クリスチャンとして生きていることの意味、死ぬことの意味というのは知っているつもりですが、実際「死」を前にすると足掻いてしまうかもしれませんね。

何の悔いもないようにしておくのが、とりあえずの死に行く準備と思っています。

暗いコメントになっちゃいましたね。
でもたまにはこうやって真面目に考えることも必要ですね。

投稿: 笑 | 2007年5月14日 (月) 06時41分

笑さんのチャレンジ精神は、本当に若々しいので、精神年齢が若いということに素直に納得出来ます。

クリスチャンだとは初耳でした。
「今ここで突然死んだら」などと考え、「その時はその時でそれが自分の人生だと任せるしかない」と開き直って考えるようにした時期もあったのですが、やっぱりまだやり残したことがいっぱいありますね。
まだまだ青いってこともあるのでしょうが、僕の中で「生と死」のテーマは永遠のテーマだろうと思います。

投稿: メークイン男爵 | 2007年5月14日 (月) 17時38分

精神年齢…ハハハ…確か男爵くんよりも若かったような…
いえいえ成長できていないだけのことですから…

クリスチャンといっても不真面目な落ちこぼれです…
近くになくなったという理由から、20歳から教会に行っていないの。(汗;)
幼稚園がキリスト教系だったからなんです。

男爵くんは、まだまだやり残したことがいっぱいでしょう。
まだ死ねませんよ。
死ぬのは、この世でのやるべき仕事が終わったから…あとは天国でゆっくり出来る、と教わりました。

投稿: 笑 | 2007年5月14日 (月) 20時14分

なるほど。そういう経緯が…。

当面のやるべきことはあれですね。

投稿: メークイン男爵 | 2007年5月15日 (火) 01時01分

そう…あれ…
あれが終わらんうちは死ねない。(爆)

投稿: 笑 | 2007年5月15日 (火) 05時59分

大役ですから。

投稿: メークイン男爵 | 2007年5月16日 (水) 01時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『天国からのラブレター』:

» 結婚式曲 [結婚式曲]
結婚式の曲についての記事です。入場や退場で使われる曲や歌う曲は、人気や定番、ピアノを使ったものなど、テーマにあったbgmで感動させたいですね。リストやランキングを参考に、結婚式の披露宴も二次会も泣けるといいですね。 [続きを読む]

受信: 2007年5月14日 (月) 01時19分

« ヘアムース | トップページ | 続・『天国からのラブレター』 »