« 新「みどりの日」 | トップページ | HH観戦記2007 vol.7 »

2007年5月 5日 (土)

日本学生野球憲章違反問題

この所、高校野球における特待制度を巡って、
連日紙面を賑わわせていますが、
私はそういう憲章があること自体知りませんでした。
てっきり強豪校の大半は特待制度を使って
選手を獲得しているものだと思っていました。
しかも、その他のスポーツに関しては、
特に特待制度を設けることを
禁止していない(むしろ「何ら問題ない」部類?)
というのですから、益々誤解してしまいます。

私の母校は私立ですが、
「同級生として分け隔てなく卒業させる」という
先生方の理念や校風があるためか、
幸いにも学業もスポーツも特待制度とは無縁で、
まずこういった問題とは無関係だと断言出来ます。
私が母校に誇りを持っているのは、
こうした校風や精神の下過ごせたことも大きな理由です。

特待制度があるのは差別しているとか悪いとか、
平等にするべきだと言っている訳ではありません。
それぞれの学校には特色を出す自由があります。
スポーツなどで全国大会で活躍している学校は、
全国的に名前も売れて羨ましいとも思いますし、
勿論スポーツ以外の様々な分野でも、
その筋で全国的に有名な学校は数多く存在します。

話は逸れましたが、
この日本学生野球憲章違反問題は、
この先どういった展開を見せていくのか気になります。


野球の話ついでに書きますが、
先程プロ野球のチケットを取ろうとして挫折しました。
きっかけは1週間程前の
某新聞社の購読案内チラシに、
「今なら新規購読者には抽選で観戦チケットプレゼント」
なる文言が書かれていたことでした。

ひたちなか市民球場で6月下旬に行われる
交流戦のチケットでした。
これまでもひたちなかでの公式戦は毎年行われており、
結構人気だという話は以前から聞いていたのですが、
不思議と今までは観に行こうという気が
全くと言って良い程起きませんでした。

今思えばよく分からないのですが、
公式戦は基本的にいずれかの本拠地で行われる試合が
真っ当で「ちゃんとした試合」(曖昧な定義ですが)
と勝手に思い込んでいる所があって、
それ以外の球場での開催試合は、
それこそ2軍の試合を観に行くような
イメージに近いものをどこかで持っていました。

しかし、今ではそんな変な偏見や思い込みはなくなり、
どの球場でやっても公式戦に違いはないと思えます。
もう何年も野球観戦に行っていませんし、
こんな近くのひたちなかで公式戦が開催され
観られるというのですから、
折角なので観に行ってみようかなと思ったのです。
でも、まだチケットの方は何とかなると思っていました。
外野の自由席辺りだったらいくらでも空いていそうだし、
もしかしたらまだ販売前かもしれないと思いました。

で、試しにネットで検索して買おうと思ったら、
もう既に販売開始していましたが、全席種完売。
いくら人気の低迷に歯止めが掛からないと言っても、
やはり地方開催は根強い人気ぶりです。
まぁ今季唯一の公式戦でもあるみたいですし、
外野も販売枚数に限りがあるようで(当たり前か)。
考えが甘かったというか、
思い付きで買えるような物じゃありませんでした。

コンサートのチケットみたいに、
販売開始日を前以てチェックし、
開始時間と同時に購入するような勢いで
行かないと駄目ですね。
ま、思い付きで行く気になっただけで、
是が非でも行きたいという程真剣ではなかったので、
ちょっと残念だというくらいで
そんなにがっかりはしていませんけど。
来年行きたくなった時はちょっと作戦を練っておきます。

|

« 新「みどりの日」 | トップページ | HH観戦記2007 vol.7 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

ひたちなか!
私も行こうとしたら、チケットが即完売でした。(泣)
どっちも私の好きなチーム(ハハハ…)なので、こりゃ見なくちゃと思ったのにぃ!
確か、その某新聞では1ヶ月雨くらいに試合のお知らせが出ていましたから、今頃では無理という話です。

野球特待の件に関しては、生徒が可哀想。
これからはまた違うことを考えると思いますし、卒業してしまった人には無関係なので、今いる生徒がお気の毒です。
全くややこしいことを決めたものですね。

投稿: 笑 | 2007年5月 6日 (日) 06時13分

平等にというのは分かるのですが、そういう名門出身者で各分野のスポーツが発展している現状もありますしね。何とも難しい問題です。

投稿: メークイン男爵 | 2007年5月 6日 (日) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本学生野球憲章違反問題:

« 新「みどりの日」 | トップページ | HH観戦記2007 vol.7 »