« 2ヶ月待った待望の1勝目 | トップページ | 日本学生野球憲章違反問題 »

2007年5月 4日 (金)

新「みどりの日」

今年から「みどりの日」が今日に移った訳ですが、
どうも「国民の祝日」のイメージが強いので、
5月4日が「みどりの日」と言われても
今一しっくり来ません。
そのうち慣れるんでしょうけど。

昨日に引き続き、今日も田植えを行いました。
ここ2年くらい、田植えに携われなかったので、
乗用田植機を使い始めて3年目になる事実を
一昨日まで知りませんでした。

親戚の手伝いで毎年やっているのですが、
基本的にうちが手伝うのは
種蒔き代掻き田植え稲刈りの時だけなので、
他の圃場管理というものは僕には全く分かりません。
以上の4大イベントのうち、
毎年最低でも2つくらいは参加していますが、
今年は仕事で種蒔きと代掻きを手伝えなかったので、
今回の田植えが初めてでした。

とは言え、歩行型田植機を使っていた時に比べ、
四つ角(田圃の四隅。機械ではどうしても植え辛い箇所)
もある程度植えられるようになり、
その分手間も掛からなくなったために、
田植機の操縦者以外はほとんどやることが
なくなってしまいました。
以前は、田植機で植えた側から植え継ぎ
(田植機だけでは本数の少ない箇所や
植えそびれる箇所がどうしても出てくるので、
通常、苗を手植えで継ぎ足す作業を行う)
を行っていたのですが、
近年は少し時間を置いてからやろう
という方針になりつつあるので、
余計にやることがありません。

せいぜい、操縦者に苗出し
(田植機に苗を補充、セットするために、
苗箱から苗を取り出して手渡す作業)をしたり、
田植機がターンして土が抉(えぐ)れた所を
トンボ(均(なら)し棒)で簡単に均すくらいです。
強いて言えば、
根を張った苗は苗箱に張り付いてしまっているので、
苗出しをスムーズに行うために
予め取り出し易くしておくという作業もありますが。

昨日は僕は、使い終わった苗箱をひたすら用水路で洗う
という作業を見付けてやっていたのですが、
今日はそれを父に奪われ、
軽トラに洗い終わった苗箱を積んだり、
時々苗出しをするくらいで、余計に失職寸前でした。

午後一番くらいに田植え自体は終わったので、
午後からはまず四つ角の植え継ぎを行い、
その後、本格的に植え継ぎを行いました。
あまり田植えらしい田植えが出来なかったので、
この植え継ぎがせめても
「田植えをした」という達成感を与えてくれたのでした。

昨日今日と半袖で作業をしていましたが、
本当に天気に恵まれて良かったです。

|

« 2ヶ月待った待望の1勝目 | トップページ | 日本学生野球憲章違反問題 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
やることがなかったら、私だったら離脱している…(汗;)
男爵くんは偉いですね。
私は田圃の仕事の経験がないのですが、友人に「この時期は連休どころではない」とよく言われます。
秋の実りを楽しむ為の作業ですもんね。
日本の初夏を満喫するという意味でも田植えはいいな。
と見ているだけの私は思います。
仕事をしているかたには申し訳ないのですが…

投稿: 笑 | 2007年5月 5日 (土) 07時29分

農村地区に住んでいて、本宅は専業農家という恵まれた環境にも拘らず、田植えの経験は小学校の水田だけという私です。

みどりの日というと、どうしてもヴェルディを連想してしまう私は、
やはりサポーターなんでしょうね(笑)。
どうせなら海の日も「青い海の日」にしてほしいです。

投稿: 水戸っぽ黄門 | 2007年5月 5日 (土) 08時49分

>笑さん
毎年GWが潰されるのは確かに痛いです。大体3~5日辺りなので、大型連休は夢の話です。風物詩ではありますけどね。
兼業農家でなければ別にGWにやる必要もありませんが、若い人が帰省してくるGWなどは戦力が豊富なので、そこを狙う農家の方も多いようです。
僕は好きでやっているので、やらされているという感覚だったら多分投げてます。

>水戸っぽ黄門さん
家の方は全くノータッチに近いということですね。意外ですね。家族総出で駆り出されたりとかはないんですか?
みどりの日がヴェルディですか。うーん、確かに緑ですがその発想は初耳です。僕は近年は、水戸の市外局番変更の日というイメージが強いですね。

投稿: メークイン男爵 | 2007年5月 5日 (土) 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新「みどりの日」:

« 2ヶ月待った待望の1勝目 | トップページ | 日本学生野球憲章違反問題 »