« 住民税納める | トップページ | 思い出のノートたち »

2007年6月23日 (土)

未だに捌き切れない古新聞

今まだ朝の5時半前です。
流石に夏至翌日なだけあって、
4時半前には日の出を迎え、
すっかり6時半くらいの明るさになっていました。
今はもう太陽が眩しいくらいです。
今日は昨日と打って変わって好天になるのでしょうか。

珍しくこんな時間に起きているのは、
勿論僕が早起きしたからではありません。
徹夜してしまったのです。

昨日の夕方頃に眠気を感じていたのですが、
とうとう猛烈な睡魔に襲われて耐えきれず、
昨夜夕食前の18時半~20時半頃に掛けて
熟睡してしまったのです。
でも何とか眠れるかなと思っていたのですが、
余程質の良い睡眠を取ってしまったのか、
体が眠るモードになりませんでした。

そこで、何とか寝ようと思って、
古新聞を読んでみたりして眠気を促したのですが、
5時前に「そろそろ眠れそうだ」と思って
一旦布団に入ってみたものの、やはり寝付けそうになく、
もうこんな明るくなってしまったからには
徹夜して調節した方が良いという結論に至ったのでした。

昼夜逆転の無茶な生活を送っていた大学生時代、
よくこの「徹夜して翌日は睡魔に一日中耐えて
夜は正常な時間に寝る」という荒業を敢行し、
ずれた体内時計を修正しようとした時期もありましたが、
流石に今は徹夜する苦痛に体が耐えられないので、
卒業してからは一度も徹夜したことはなかったのですが、
久し振りに無茶してしまいました。
(午前中のうちに力尽きて昼寝してしまいそうですが)。

それと、何故か昨日は一日中空腹を感じ、
夕食を食べた後もしばらくして空腹感に襲われ、
結局夜通し空腹状態でした。
あまりの空腹さに何か納豆ご飯でも食べようか、
あるいはコンビニにでも買いに行こうか
と考えた程でしたが、
とりあえず何も飲まず食わずで朝を迎えました。


ところで、話は多少前後しますが、
夜通し読んでいたという古新聞は、
2006年2月10日のブログにも書いた
2004年10月頃のものです。

実はあれ以降、あまり読み進めておらず、
ずっと部屋の片隅を陣取ったままでした。
斜め読みでザッと読むだけにしても
時間が多少なりとも掛かり、
1日1つずつ読めばいつかは終わると言っても、
面倒で実行出来ないのが現実でした。
集中力などを考えると、
一気にまとめて何日分も溜め読みした方が
遙かに効率的なのは明白でした。

やっと一昨日から再開し、
3日間で約4週間分を読破しましたが、
それでもまだ残っています。
目安として自分が減らしたいと思う量
(大体1週間分くらい)を先に取り出してしまい、
その分は絶対読み切るという気持ちを
持つようにして読むようにした結果、
だいぶ捌(は)けるようになったので作戦は成功です。

「『どうせ読まずに捨てられてもおかしくなかった
物だから』と開き直ってザッと目を通せば良いんだ」
と考えるようにして
興味のある記事だけを読むようにしたので、
格段にスピードも上がりました。
それでもあと2回分くらいありそうです。


あと、この時のブログでは説明が抜けていましたが、
この新聞を拘って取っておいた理由について、
「お金を出してわざわざ取ったのに、
読まずに捨てるのは勿体ない」という理由に加え、
私が一人暮らししていた地域の廃品回収で
トイレットペーパーと引き換えてくれたため、
読んで尚且つトイレットペーパーと引き換えたい
という2つの理由が関係していたのでした。

結局読み切れず、トイレットペーパーにも替えそびれ、
ただ莫大な量を、卒業して家に戻る時の引越しの際、
そのまま持ち帰るという意味のない結果になりましたが。
(うちの方では単に資源物の日にゴミに出すしかない)。
後手後手に回ってしまった典型的な例でもあります。

そうまでして持ち帰ってきてしまった物(ぶつ)なので、
益々読まずに捨てる訳にもいかず、
こうしてバカみたいに2年半前の新聞を
読み漁る羽目になっている訳なのです。
ここまで来たら、間髪入れずに最後まで一気に
読み切ってしまった方が賢明かなという気がします。


…6時半を回りましたが、眠くなってきました。

|

« 住民税納める | トップページ | 思い出のノートたち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうやって一つ一つ終わらせてゆくのが一番いい方法ですね。
あれもしなくちゃ、これもしなくちゃという状況の中で、せめて一つでもやる遂げられれば次に進むことが出来ます。

それにしても男爵くんの生活パターン、今の私と同じ…(苦笑)
困りましたね、夜眠れないのって。
男爵くんのように一日半起きていて、つじつまを合わせるというのも手ですが、もう無理もききませぬ。
困った困った…とブツブツ言いながらとりあえず、夜になれば布団に入っています。

投稿: 笑 | 2007年6月23日 (土) 14時45分

全部やろうと思うから、嫌になってしまうんですよね。大仕事も大記録もまずは1つ1つの積み重ねからですからね。
イチロー選手の262安打の記事をみて、改めて凄いなと感じました。

投稿: メークイン男爵 | 2007年6月23日 (土) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 未だに捌き切れない古新聞:

« 住民税納める | トップページ | 思い出のノートたち »