« ブスッ!! | トップページ | 田圃の生き物とキジ »

2007年6月13日 (水)

HHテレビ観戦記(番外編)

※今日は別のことを書く予定だったのですが、
この時間は急遽予定を変更して
ホーリーホックテレビ観戦記をお送り致します。
予めご了承下さい。

昨日、今日と汗ばむような暑さでしたね。
夜になって尚、体が汗ばんでべた付いていました。
今日はナイターでホーリーホックのアウェイ戦があったので、
当初は観るつもりは全くなかったのですが、
今日は仕事も終わっていたので、
わざと観ないというのもどうかなと思い、
観ようかどうか迷っていました。
しかし、他にやることもあり、
全部観てしまうと夜遅くなってしまうのと、
今日の相手はあまり相性が良くないので、
正直な所好結果は期待出来ないかもしれないと思い、
観るのは辞めようと決めました。

とりあえずキックオフ後に夕飯を食べ始めたのですが、
妙に落ち着かず、後ろ髪を引かれる思いがして、
やっぱり観ようかなと考え直しました。
ちょっとだけ観ようと思ってテレビの前に行くと、
丁度先制ゴールを揺らした直後…だった筈が、
これが後からオフサイドの笛が鳴りノーゴールに。

クロスボールかロングシュートか分かりませんが、
直接ゴールポストに当たって跳ね返ったボールを
慌ててFWの岩舘選手が押し込んだというシーンでした。
どうやらそれまで相手に押され気味だったらしいのですが、
このプレーを観て「やっぱり観よう」と即断しました。

こういう糠喜びは今季幾度となく目にしています。
このワンテンポ遅れのホイッスルには
本当にがっくりと来ます。
「ただでさえ得点機が少ないチームなんだから、
今のくらい大目に見てくれよ」
と何度不満を漏らしたか分かりません。
(まぁ仕方ないんですけど)。
こういう惜しいプレーで得点出来ないでいるうちに
先制を許し、結局負けてしまうという流れを
今季何度も観ています。
今回もその嫌なパターンかなと思いました。

しかし、今日は執拗に相手DF裏を突くような
ロングボールを多用しているように見えました。
昨季までの水戸は引いて守り、攻撃は専(もっぱ)ら
カウンター狙いのこういったロングボールが
うまく繋がれば、というような闘い方が多かっただけに、
今季のパスを繋いで多用な攻撃を繰り出す
サッカーはどうしたのかなとちょっと思いました。
ただ何試合か前に、「もっと単純にDFの裏のスペースへ
ロングボールを放り込めば良かった」(MF小椋選手)
というようなコメントがあった気がするので、
相手の戦術次第ではそういう攻撃法もあるのかなと思い、
苦し紛れの攻撃ではないのだろうなと思いました。

一見平凡な攻撃に見えたのですが、
これが実を結んだのが前半36分でした。
自陣からDF吉本選手のロングパスが
前線で相手DFとポジション争いをしていた
FW塩沢選手達の裏へうまく落ち、
DFはこれに触ってGKに流そうとしたと思うのですが、
僅かに届かず、触れずにバランスを崩したのを尻目に、
同時に飛び出していた塩沢選手がこのパスをうまく受け、
GKとの1対1の場面で落ち着いてシュートを放ち、
見事にゴールの左の方へ決まりました。

直前に「貰った!」と思ったのですが、
しっかり落ち着いて決めてくれて良かったです。
これが久し振りの先制点となりました。
何しろここ5連敗中の水戸の得点は僅か1点。
大きな先制ゴールとなりました。

前半終了間際にも、MF金沢選手の右サイドからの
絶妙のクロスボールが、
似たようなポジションからの飛び出しを見せて
フリーとなった塩沢選手へ繋がったのですが、
ワントラップしたボールがそのままGKの方へ流れてしまい、
絶好の追加得点機を逃しました。
「こういう時に西野選手が居てくれたら
決めてるんだけどなぁ」と主力の離脱を憂い、
「こういうチャンスにミスして追加点を取れないから
後になって響くんだよな」と思いながらも、
久し振りにリードして前半を
折り返せたのは気持ちの良いものでした。

「この嬉しい気持ちが試合終了後に暗転しないで欲しい」
「このままリードを保って終わってくれ」という気持ちで
後半も引き続きスカパー!観戦しました。

しかし後半開始早々僅か1分、
相手にCKを与えてしまいました。
セットプレーからの失点が多い今季の水戸にとって、
何となく嫌な雰囲気を感じずには居られませんでした。
一度はクリアしたのですが、これが中盤の相手DFによって
あっさり蹴り戻されてしまうという
よくある失点パターンの嫌なボールの流れに。
「ここ要注意だぞ!」と思って
ボールの流れを目で追っていると、
GK武田選手が飛び出してダイレクトキャッチを試み、
ボールを掴んだかに見えた次の瞬間、
間一髪で先に相手に力強くヘディングされ、
DF陣の裏を突くように良い角度で弧を描いて
ゴールマウスへ吸い込まれていきました。

あっさり同点。
同点にされるのがあまりに早すぎました。
こうなってくると、アドバンテージがなくなった水戸にとって、
精神的にも俄然不利になってきました。
相手もここ5試合で勝ち星から遠ざかっていたようですが、
こっちは6試合勝てていないのですから負けていません。
つまりは負けているんですけど。

大方の予想通り、最下位の水戸が下克上を狙うなんて、
所詮は夢物語に過ぎなかったのか…。
そんな嫌なムードが相手のボール支配率から見ても
より濃くなっていくような感じがしました。
全体的に引き気味に守るようになり、
ボールの繋がりも決して良いとは言えず、
悪い流れになりつつあるようでした。
それでも何とか同点で堪えていると、
何と「前田監督が2トップとも替えるようですね」
という実況が入りました。

「一人は鈴木孝明選手だと思うけど、もう一人は誰だ?
FWなんて他に…」と思っていると、
「西野」と言うのが聞こえました。
「え?西野選手って……もしかして復帰?!おぉ~っ!!」
と思わず拍手してしまいました(完全に熱狂的)。
全治4週間の怪我で離脱中だった、
一応チームの得点王(3得点)が復帰しました。

DF吉本選手といい、DF平松選手といい、
怪我で離脱していた役者が揃ってきた感じです。
この試合は湿度が高く、選手も蒸し暑い状態での
プレーでしんどそうだったのですが、
中2日でしかも10人での試合を強いられた直後、
更には相手を上回る運動量が必要とあって、
バテバテになった塩沢選手と岩舘選手を下げ、
思い切ってFW2人を交代してきたようです。

でもこれが結果的に流れを変えました。
金沢選手や鈴木良和選手などがサイドから
うまく攻め上がるなどしてチャンスを演出し、
徐々に流れを掴み出すと、
CKが流れそうになったのを平松選手が
ゴールの目の前に詰めていた西野選手の前に
うまくヘディングで落とし、絶好機をアシストしたのです。
しかし、突然良いパスが来て焦ったのか、
これを外してしまい、またもや追加点ならず。

何度も追加点が取れそうで取れない
いつものパターンではありましたが、
ここまで良い形を作っているからには、
今日こそは決めて欲しいと思っていました。
そして迎えた後半28分、遂にその時が訪れました。
金沢選手がゴール前に上げたクロスに
鈴木良和選手が反応してヘディングし、
パスとしてわざと流したのか
偶然良い所に流れたのか分かりませんが、
これが後ろに居たフリーの西野選手にナイスパスとなり、
落ち着いてGKの動きを見定めて
今度はしっかりとゴールネットを揺らしてくれたのです。

先制し、一度は追い付かれ、
劣勢かに思えた所で再び勝ち越し。
なかなか今季見られなかったパターンでした。

後はもうひたすら「そのままリードして逃げ切れ」
と叫び続けていました。
残りの時間が途方もなく長く感じられました。
逃げ切りに失敗したら、
折角の2勝目がまた逃げて行ってしまいます。

残り5分くらいになると、水戸は全体的にラインを下げ、
守りに入り始めました。
そのせいで攻められる場面が目立ち冷や冷やしましたが、
選手全員で身を挺して死守していました。
逆に、一瞬の隙を突いて駆け上がり、
最後に金沢選手が思い切って狙っていたミドルシュートが
惜しくもクロスバーに弾かれるという場面もありましたが、
ロスタイム3分も逃げ切って待望の今季2勝目を挙げ、
ようやく勝ち点10となりました。

今まで試合内容が良くてもこういう接戦で
最後の精度の差やちょっとしたミスがきっかけで
負けが込んでいたので、
今日の勝ち点3は今季やってきたことに
自信を持てる大きな試合になったと思います。
次こそは本拠地・水戸で
ホーム初勝利を挙げて欲しいです。

…以上、思わず番組を変更してお送り致しました。

|

« ブスッ!! | トップページ | 田圃の生き物とキジ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

よかったですよね。
こちらはインターネット観戦なので、何が起きているか分からなくてヒヤヒヤしました。
アウェイに強いホーリーホック、やってくれそうな気もしていたのですけど。
このまま気を抜かず、今度こそホーム初勝利してほしい!

投稿: 笑 | 2007年6月14日 (木) 05時28分

アウェイまで観るようになってしまうと、いよい周りが引いてしまうのではないかという恐れもあり、セーブしているつもりだったのですが、あの時の後ろ髪を引かれる思いは、何かを予感していたのかもしれません。

テレビ観戦も良いですが、やはり目の前で観たいですよね。

投稿: メークイン男爵 | 2007年6月14日 (木) 22時41分

インターネット観戦。
ヤキモキしましたわ。

Liveで見ないと駄目ですわ・・・。

日曜日は、絶対勝つぞ!。

投稿: 為五郎 | 2007年6月14日 (木) 22時52分

すいません、僕ばかり一人で…。ビデオで是非。
そうですよね、具体的に試合展開を観ているのと違って得点経過しか観ていないと、イメージ出来ませんし、今までのこともありますからね。どっちに次の点が入るのかだけだとやきもきしますよね。

生観戦が一番ですね。

投稿: メークイン男爵 | 2007年6月14日 (木) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HHテレビ観戦記(番外編):

« ブスッ!! | トップページ | 田圃の生き物とキジ »