« ブログ書籍化実現 | トップページ | 頻繁すぎる失言の数々 »

2007年7月21日 (土)

HH観戦記2007 vol.14

今日の夜の降水確率は70%で、
ホーリーホックのホーム戦があったので心配でしたが、
ほとんどぱらつくこともなく、
試合中に雨の心配をせずに済みました。
毎度毎度本当に奇跡的な力が働いています。
有り難いことです。

今日の出出しはほとんどボールに触れませんでしたが、
前半9分くらいからボールを持つ時間が増えてきて、
良い攻め上がりの姿勢も見せ始めました。
流れを掴み出したなぁと思っていたのですが、
しばらくすると、低い位置でボールを奪った後も、
ほとんどの選手がただ歩いているだけというような、
やる気が全く感じられない動きを見せるようになり、
結局パスを出せないでいるうちに相手に守備に就かれ、
最後には相手にボールを取られて
逆に攻め上がられてしまうというような、
自滅でボールを失うパターンが目立ち始め、
「何やってんだ?!」と首を傾げたくなりました。

まだ疲れるような時間帯でも
気を抜くような時間帯でもないのに、
全然動けていませんでした。
全体的に押し上げないのでボールも前へ運べず、
相手にチャンスを与えてしまうのは当然でした。
決定的な場面までは作らせないにしても、
再三ゴール近くまで攻められていました。
攻守とも噛み合わなくなっていました。

そして前半20分、相手FWが近くにいるのに、
中途半端にゴール前にバックパスを出し、
パスは何とか通ったものの
それを前に蹴り返そうとした瞬間には
もう目の前にFWがついており、
ボールカットとシュートを同時に行ったような
一瞬のプレーに、今日久々にスタメン復帰した
GKの本間選手も完全に虚を衝かれてしまい、
間の抜けたシュートがそのまま入ってしまいました。
守備の乱れが気になっていたまさにその時のことでした。

あまりの情けないシュートに言葉を失いました。
格好悪すぎました。
やらなくても良い失点で、
ここ数試合無得点の水戸にとっては、
かなり先が思い遣られる展開になりました。

前半最後の頃に高い位置でパスを繋ぎながら
何とかして相手のゴールを奪おうとするなど、
惜しいシーンも時々見られましたが、
そのまま0-1で折り返しました。

後半に入って、立ち上がり3分くらいに、
GKの裏を突かれるヒヤッとする場面がありましたが、
何とかDFが紙一重の所でCKに逃れました。
ところが「よく取られなかったな」と思ったのも束の間、
その後のCKから恐れていた失点を喫し、
後半早々に0-2とされてしまいました。
まぁ今回のはいつものように相手に完全にフリーで
打たせてしまう集中力のない動きだったというよりは、
相手を褒めるしかないでしょう。

それにしても、1点のビハインドですらきついのに、
更なる失点は今の得点力不足のチームには、
かなり重くのし掛かりました。
このままずるずると負けてしまうのか、
といつもの嫌な流れが脳裏を過(よぎ)りそうでしたが、
徐々にサイドからのクロスから
しぶとくボールをキープし続けたり、
良い形でシュートに持って行けたりと、
チャンスを何度も演出するようになり、
少しずつ良い雰囲気になり始めました。

それでもなかなかゴールを奪えませんでしたが、
後半11分、相手の守備をかいくぐって
何とか右サイドへ繰り出したパスに、
MF小椋選手が倒れ込みながらも
辛うじて足の先でボールを蹴り出し、
ボールは倒れ込むGKの横を抜けて
一直線に転がっていき、
しぶとくゴールマウスをこじ開けました。
久し振りに得点シーンを見た瞬間でした。

それは、FIFAワールドカップのベルギー戦で、
鈴木隆行選手がゴールを決めた時の、
倒れ込みながらも爪先(つまさき)だけで辛うじて触って
執念で押し込んだシーンと酷似していました。
こういう泥臭いゴールを狙わないと、
相手が強ければ強い程
絶好のチャンスはなかなか訪れないと思うので、
J2の高いレベルで闘っていこうとするなら、
あるいはJ1で闘うことを目指すなら、
こういうちょっとの隙も強引にチャンスに換える
執念深いプレーは大事だなと思いました。

その後も互角か
もしかするとそれ以上に闘っていましたが、
最後のシュートシーンでなかなか呼吸が合わず、
果敢に攻めながらもゴールをこじ開けることは
遂に出来ませんでした。
あの余計な先制点がなければと思うと、
本当に無念です。

これで6連敗となりました。
後半戦、未だ勝ちなし。
今季、笠松で未だ勝ちなし。
サンクスマッチで勝てないジンクス、未だ破れず。
苦難の道のりは当分続きそうな気配です。

|

« ブログ書籍化実現 | トップページ | 頻繁すぎる失言の数々 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

今日もお疲れ様でした。
勝てないと思っていても、負けるとやっぱりがっかりしますね。
それでも前回に比べると面白い試合でした。
毎回面白ければいいのですが、全くダメなときもあるHH…
ああ、いつになったらJ1を狙えるチームになるんでしょ?

投稿: 笑 | 2007年7月21日 (土) 23時47分

いつも思うんですが、格上とか強豪っていうのは一般的なイメージで、HHは結構怖いもの知らずで挑めばそこそこ行けると思うんですよ。ここを乗り越えなきゃ上には行けませんし。
だからどうしても勝てそうな気がして期待して観ちゃいます。どこが相手だろうと。

投稿: メークイン男爵 | 2007年7月22日 (日) 00時24分

晴れ女&晴れ男の威力はすばらしいです(笑)
試合終了30分後くらいに雨が降り始めましたもんね。

昨日はこうじがスタメンだったし、1点とれたし。
満足してます^^♪

投稿: nami | 2007年7月22日 (日) 19時35分

本当、いつも天候には助けられていますね。試合終了を待っていたかのようなタイミングでしたし。天候には恵まれ、勝ち星には恵まれず…。
幸司はやはりチームの顔ですね。この所、ただ成り行きを見守るしか出来ない状況だったので、久し振りのプレーでハツラツとしていましたね。
終了後に頭を抱えていましたが。
あの先制機に誰か押し込む人が居たら全然違っていたでしょうね。

投稿: メークイン男爵 | 2007年7月23日 (月) 02時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HH観戦記2007 vol.14:

« ブログ書籍化実現 | トップページ | 頻繁すぎる失言の数々 »