« アンパンマン文鎮 | トップページ | 雨宿り雨蛙コンビ »

2007年7月 9日 (月)

平成元年頃の世界地図

学習机の卓上マットの下に挟んでいた世界地図。
平成元年頃のものだけあって、
今改めて見てみると、結構変わってしまった
国名、地名等が見受けられます。

一番目立つのがソビエト連邦です。
ユーゴスラビア連邦やチェコスロバキアなども健在で、
ドイツも東西に分かれています。
また、スリジャヤワルダナプラコッテという
世界一長い都市名として有名なスリランカの首都も、
この当時はコロンボに置かれています。
ミャンマーもまだビルマですし、
東ティモールも独立していません。

日本に居るとあまり感じませんが、
世界中では今尚民族紛争や独立運動などが起こっており、
こうした表面的な地名の変化は、
そうした世界情勢の氷山の一角が
現れているだけに過ぎないんだなと感じました。
現在の地図でさえ、3年、5年、10年先
(ケーズデンキの長期無料保証じゃないですよ)
には今と変わって行っているんだろうなと思います。
世界地図は常に流動的ですね。


さて、部屋の片付けについてですが、
ようやく冬服と夏服を入れ替えました。
これにより、全体の7割程度が終わりました。
最後の1割が本当の仕上げ(最終段階)で、
それこそレイアウトやインテリなどの
話にもなってくるので、
ここまでは行けなくても良いかなと思っています。

そして、その前段階の1、2割は、
とりあえず作業の都合で仮に詰め込んだ物を、
例えばタオルを複数箇所に仕舞った場合に
一箇所にまとめるというような作業や、
写真の整理、書類のファイリングなどといった
第2段階へ踏み込んだより具体的な整頓なので、
これも見た目としては後から考えれば良い話なので、
当初の仮の目標として捉えていた
第1段階の終点には大体漕ぎ着けました。
あとちょこっとやれば、
第1段階(基礎的整頓)は終わるので、
ようやく一息吐けそうでだいぶホッとしています。

ま、ここからは更に時間の掛かる
細かな整頓ばかりなので、
実際にはまだまだ先は長いのですが、
ここまで来れば見栄えとしてはそこそこなので。
床面積も以前は布団を敷くスペースしかなかったのが、
今は広くなったのでゆったりしていますし。
でもなるべくこの第2段階までは終わらせたいです。

また、今日は学生時代に使っていた白衣を
捨てることにしました。
本当は卒業と同時に捨てても良かったのですが、
白衣を着るという機会は誰にでもある訳ではないので、
とりあえず記念として取っておくことにしたのです。
でも、やっぱり汗だの泥だの薬品などが
染み着いていて汚いので捨てることにしました。
汗と涙の白衣の最後の勇姿をご覧頂きながら、
今晩はこの辺でお別れとさせて頂きます。
それではまた明晩お目に掛かりましょう。
070709

|

« アンパンマン文鎮 | トップページ | 雨宿り雨蛙コンビ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

モノより、思い出

この言葉を合言葉にして、私も現在掃除中。。
ばっさばっさと捨ててます。
すっきり!

投稿: 酔倒 | 2007年7月 9日 (月) 22時57分

自分の中である程度ハードルが高い(愛着があって捨てづらい)物を捨て始めると、そのハードル以下の物は躊躇わなくなりますね。

あ、ポイポイポイの、ポイポイポイってな感じで、ちょっと非情な人間になってますが、こうでもしないと物が多い以上、綺麗にはなりませんからね。

だいぶ部屋が広くなってこっちもすっきりです!

投稿: メークイン男爵 | 2007年7月 9日 (月) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成元年頃の世界地図:

« アンパンマン文鎮 | トップページ | 雨宿り雨蛙コンビ »