« まだ自分色に染まっていない3代目PC | トップページ | ガーっ! »

2007年8月22日 (水)

8回裏

第89回全国高校野球選手権大会決勝戦が
今日行われましたね。
強豪校でありながら未だ夏での優勝経験がない
という広島代表の広陵高校と、
同じく初優勝を目指す
佐賀代表の県立佐賀北高校の対戦でした。

佐賀北の方は1回戦でエースの久保投手を見た時に、
失礼ながら勝手に「はなわ」というあだ名を付けて以来、
密かに応援していました。
(あだ名の由来はご想像にお任せします)。
先発で馬場投手が投げ、
リリーフでエースの久保投手が投げるというパターンで、
引き分け再試合や延長戦を含む6試合を
接戦でものにしての決勝進出を果たました。

一方の広陵高校も初戦で駒大苫小牧を破り、
エースの野村投手を中心とした堅い守りで快進撃を続け、
準決勝でも選抜優勝校の常葉学園菊川を下し、
40年振りの決勝進出を果たしました。

どちらが勝つのか予想も出来ませんでしたが、
個人的には「はなわ」投手が気になっていたので、
佐賀北の方に分があるのかな、
などと何の根拠もない予測を立てていました。

2回表から中継を見始めたのですが、
佐賀北の先発馬場投手が、
会心の当たりではないながらもヒットや
死球などで走者を溜められ、
ゲッツー崩れとタイムリーで
2点の先制を許してしまいました。
投球自体は決して悪くはなかったと思いますが、
広陵打線には鋭さや威圧感があり、
一気に畳み掛けられそうな雰囲気がありました。

ここで、まだ2回途中ながら早めの継投策に出ました。
エースの久保投手がリリーフで投げるというのは
いつもの決まったパターンとは言え、
予定以上に早い交代となったことでしょう。
とは言え、もし交代が遅れれば、
広陵打線に火が点いていたかもしれません。
何とかここは久保投手が踏ん張って凌ぎました。

しかし、今日は打線がなかなか点を取れず、
逆に久保投手は広陵打線の猛攻に遭い、
辛うじて失点を食い止めている状況でした。
無死2塁とか、一死2,3塁とか、
それこそスクイズや犠牲フライで
簡単に失点してしまう絶体絶命のピンチを
毎回迎え続けていました。
それでも、甲子園で無失点投球を続けているだけあって、
あと一本を許さず堪えていました。

流石決勝戦ともなると違うなと思いましたが、
防戦一方の佐賀北は攻撃でも糸口が掴めず、
4回から7回までは4者連続三振を喫するなど、
あっさりと三者凡退を繰り返していました。
広陵のエース野村投手の低めの変化球に
ろくにバットにボールを当てることも
させて貰えていませんでした。

そして6回まで粘りの投球と堅実な守備で
再三のピンチを切り抜けていた久保投手が、
7回表に遂に相手エースの野村選手に
痛恨の2点適時二塁打を浴びてしまい、
終盤に入って4-0とリードを広げられてしまいました。

打線好調な広陵とは対照的に
7回裏が終わった時点で僅かヒット1本に抑えられ、
失点こそ許していませんでしたが、
スコア以上に広陵が圧倒的に押していました。
佐賀北の、投手が最小限に失点を食い止め、
味方の反撃を待つというこれまでの闘い方が、
流石に今日は出来ないまま終わってしまいそうな、
そんな厳しい試合展開となっていました。

いつ流れが変わるか分からないとは言え、
素早いテンポで淡々と投げ込む野村投手は、
付け入る隙を与えない完璧な投球をしていました。
「このまま残り2回も抑えられてゲームセットか」
と思わせるには十分過ぎる程でした。

しかし、8回裏に奇跡が起きました。
それまで低めの変化球に手を出し、
良いように料理されていた佐賀北打線が、
きちっと球を見切るようになりました。
そして一死からエースの久保投手が自ら
この日チーム2本目のヒットで出塁すると、
続く代打の選手も連続ヒットで繋ぎ、
さらに続く打者もボール球を見極めて
四球を選んで満塁としました。

佐賀北が低めの球を振ってくれなくなり、
生命線の低めの厳しいコースへのコントロールが
僅かに外れるようになり、
俄かにリズムが崩れ始めた野村投手。
佐賀北とすればこの試合唯一にして
最大のチャンスを迎えましたが、
「ここで満塁本塁打でも出れば追い付くけど、
ここまでの内容を考えれば
そうそう佐賀北打線も繋がるものじゃないだろうし、
淡々と投げ込んできた野村投手だけに、
この試合初めてのピンチを迎えたと言っても
動揺して大きく崩れることはないだろうから、
1,2点取れても追いつくのは厳しいだろうな」
と正直なところ思いました。

いくら一死満塁と言っても、
まだ4-0で広陵が圧倒的にリードしている状況に
変わりはないのです。
それでも密かに「はなわチーム」を応援する私は、
一球一球注目して見ていました。
選手は低めを徹底して見逃すようになり、
何と際疾いコースが外れて押し出し四球に。
まず1点を返しました。
「ありゃ、さっきは一発出れば同点とは言ったけど、
こうなると今度は逆転満塁ホームランだな」
なんて呟いて、次の打者を見ました。

ここまで佐賀北はどの選手も押さえ込まれていただけに、
当然今日の内容を見るとノーヒットの選手ばかり。
ここでバッターボックスに入った副島選手も、
今大会2本塁打を放っていたようですが、
やはり今日は無安打に抑えられていました。
「本塁打を打つパワーはあるんだな。
まぁ可能性としては有り得るけど確率的には…」
なんて思いながら見ていると、
何と何と、振り抜いた打球がレフトスタンドへ。
信じられないような劇的な逆転満塁ホームランで、
完全な劣勢から一転、
一気に5点を奪ってリードを奪い返したのです。

本当にたったこの8回裏だけでした。
でも、堅い守備と粘り強い投球で、
広陵の攻撃を必死で凌いできたからこその
逆転劇だったことを忘れてはいけないと思います。
佐賀北の粘り勝ちということでしょう。

続く9回表のマウンドも勿論エースの久保投手。
毎回走者を背負い続けた久保投手は、
ここでも広陵に同点の走者を許しましたが、
送りバントの後、隙を見て3塁を狙った走者を刺し、
一気に二死走者なしとなって迎えるは、
広陵のエース野村選手でした。
これは、昨年のハンカチ王子こと早実の斎藤佑樹投手が、
対する駒大苫小牧と決勝戦で闘って優勝した時に、
駒大苫小牧のエース田中将大投手が
最後のバッターとなった場面と重なりました。

最後は空振り三振に仕留め、
5-4で劇的な逆転勝利で初優勝を決めました。
結果的に広陵は夏初優勝を逃しましたが、
投打ともバランスの取れた良いチームだったと思いますし、
この試合がエラーなしだったことに代表されるように、
締まっていて白熱した接戦の多い
見応えのある大会だったなと思いました。
やっぱり高校野球は面白いですし感動します。

因みに佐賀北は1回戦から7試合を戦い、
1大会で通算73イニングの最多記録となったようです。
あと、余談ですが、今週末佐賀に行きます。

|

« まだ自分色に染まっていない3代目PC | トップページ | ガーっ! »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

佐賀行きと佐賀の優勝が、何かの縁のように重なりましたね。
いや、こちらは佐賀に勝たれちゃ困るんですけど…苦笑

今日の決勝戦はビックリでした。
仕事をして、終わったら、何故か佐賀北が勝っていたという…
あれれ?

高校野球っていいですね。
次は母校が甲子園に!と望んでしまう私です。

投稿: 笑 | 2007年8月22日 (水) 19時46分

ここまで粘り強く勝ち上がってきているチーム同士ですから、試合が終わるまでどっちが勝つかなんて分からないってことですよ。
どんなに押されていても劣勢でも、決める時に決めた方の勝ちって世界ですね。
笑さんにとって県立の佐賀北の優勝は励みになるんじゃないでしょうか?行けると良いですね。

投稿: メークイン男爵 | 2007年8月23日 (木) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8回裏:

» 佐賀北打線 [イオンショッピングセンター]
2007年8月23日(木)東奥日報それまで沈黙していた佐賀北打線が一気に火を噴いた。広陵打線の波状攻撃に耐えてきた粘り強い守りが呼んだ回生の流れ。右に掲げた阿久さんの詩句に重なる、時が止まるような場面だった。一戦ごとに... [続きを読む]

受信: 2007年8月23日 (木) 20時11分

« まだ自分色に染まっていない3代目PC | トップページ | ガーっ! »