« アスファルト・ザリガニ | トップページ | 九州北部ドライブ日誌(1日目) »

2007年8月27日 (月)

HHアウェイ観戦記2007-鳥栖戦-

PCを開くのもネットを閲覧するのも3日振りです。
丸3日間これらとは無縁の生活をしていました。
というのも、九州へ旅行に行っていたからです。
詳しい旅行記については一回では書き切れないので、
何回かに分けて書こうと思いますが、
取り敢えずホーリーホックのアウェイ戦観戦について
記しておこうと思います。

一昨日25日(土)に鳥栖スタジアムで行われた
サガン鳥栖対水戸ホーリーホックの試合を観るため、
今回の旅行が計画される運びとなりました。
遠くのアウェイにも毎度熱心に応援に行かれる
アウェイ常連のサポーターの方たちは、
なるべく交通費を抑えて何度も応援に行かれるという
大変な努力をなさっていて頭が上がりませんが、
ホーム戦に行くのが精一杯の私からすれば、
偶(たま)に行くアウェイ戦というのは、
普段なかなか訪れることの出来ない所の観光も兼ねた
旅行を楽しんでくるといった感じです。
ちょっと経費が掛かるので、
年に何度も行くのは厳しいものがありますが、
これもアウェイ戦観戦の醍醐味かなと思います。

そんな訳で、前回の福岡観光の時も、
「次は行けても来年だろう」と思っていたのですが、
まさかこんなに早く再び九州に行くことになろうとは。
ただ、本当はまだ行ったことのない四国勢との
対戦を観に行こうと思っていたのですが、
日程が折り合わず断念したという経緯もあります。
しかし、九州もまだ鹿児島、宮崎、福岡しか
行ったことがないということで未踏の地が多く、
「行ける時に行く」が最近のモットーでもあるので、
ここは思い切った決断をしました。

鳥栖スタジアムは鳥栖駅のすぐ傍にあり、
交通の便の良さは羨ましいものがありました。
そして観客は水戸サポーターが数十人なのに対し、
鳥栖サポーターは16600人と圧倒的多さでした。
水戸もこんな風に市民の多くが少しでも興味を持ち、
試合を観に来てくれるようなチームに
育っていって欲しいなと思いました。
070827161




これだけサポーターの数に差があると、
どう頑張っても声援で勝てる訳がないのですが、
そんなアウェイで戦う水戸の選手達の背中を
少しでも後押ししなければ、という親心が出て、
少数精鋭隊の一員として少しでも
大きな声援を送ろうと思いました。
それに「わざわざこんな遠くまで応援に来たのに、
負け試合を見せられて堪るか」とも思いました。

私は最初から出せるだけの声を全力で出しました。
ペース配分など一切考えず、
兎に角その時出せる精一杯の声援を送りました。
あまりに全力を出し過ぎて熱くなりすぎ、
頭がふらーっとしてよろめきそうにもなりました。
また、普段は手拍子くらいしかやりませんが、
今回は跳ねたりするリアクション付きの応援をしたので、
あちこちの筋肉を使ったため体がふらふらしていました。

しかも、腹筋を使って腹の底から声を出すことと、
応援歌を歌うことに意識を置きすぎた反動で、
ちゃんと試合を観ているようで
実はあまり目に入っていなかったりして、
優雅な観戦とは程遠いものでした。
でも相手の声援に負けないためにも、
一人一人が声を最大限に出さなくてはいけない、
という思いに駆られて、
試合中は自分たちの応援しか聞こえない程
最後まで全力を出し尽くしました。

試合は互角の戦いとなり、
疲れが出てきて足が止まり始めた終盤に
鳥栖の猛攻に遭って押されたものの、
懸命の守備で鳥栖にゴールを許さず、
逆に水戸も最後まで守りに入ることなく攻め続け、
結果的に0-0で引き分けました。
足が止まって戻れなかったという方が近いと思いますが、
終盤に2回もゴールネットを揺らされながら、
運良くオフサイドで2度もノーゴールとなったのは
救われましたが、
それでも選手はよく頑張ったと思います。

スコアレスドローという結果になり、
物足りなさも感じますが、
今日のは本当に内容としては
納得のいく動きをしてくれていました。
今節での最下位脱出はなりませんでしたが、
次節のホーム戦で今度こそ勝って、
ついでに最下位の座も明け渡して欲しいと思います。

あれから2日経ちましたが、まだ喉は潰れたままで、
腹筋やふくらはぎも軽く筋肉痛になっています。
全力で応援したので気持ち良かったですけどね。

|

« アスファルト・ザリガニ | トップページ | 九州北部ドライブ日誌(1日目) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

選手と一緒に闘ったという感じがして気持ちがいいですね。
男爵くんは何しろコアサポの最前列真ん中という、普通だったらタスキをかついでいる最前線に位置していましたからね、みんなのまとめ役としても、よく頑張ってくれました。
はじめはヒヤヒヤとして見ていましたが、やがてその姿にほれぼれとしてしまいました。
全力投球はいいことです。

選手達も、これがホーリーホック?というようないい動きをしていましたね。
ビジュが自分の頭より高く足をあげたシュートをしたので、まあそろそろ和解してやってもいいかと…(爆)
選手の足が止まってからはDFが必死でゴール前を守るシーンにも感激しました。
あとから投入された鈴木孝明、いいところまで蹴りこむので、もう少しで開眼しますね。
真行寺もよかったです。
試合終了後、選手達の顔が明るかったので、自分たちにとっても満足行く試合が出来たのかなと思いました。

まあ、負けなくて良かった…
そういえば、このところ負けナシですよね。

投稿: 笑 | 2007年8月28日 (火) 06時18分

ホームじゃここまでは出来ませんね。
この試合は皆が試合に集中していたので、各選手が良いプレーをしてくれましたね。
勝てなかった申し訳なさも表情には出ていましたが、次のホーム戦でご破算といきたいですね。
20敗目を喫してから堪えてくれていますね。
それにしても、鳥栖はスタジアムが大きくて羨ましいです。水戸市陸は改修しても座席の数は1万ですからね。芝生まで入れればもっと入れるとは言っても…。

投稿: メークイン男爵 | 2007年8月28日 (火) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HHアウェイ観戦記2007-鳥栖戦-:

« アスファルト・ザリガニ | トップページ | 九州北部ドライブ日誌(1日目) »